fc2ブログ
P1300060.jpg

今日は月曜日だというのに、町が静か。
ほとんどの店がシャッターを下ろしたままなのだ。

P1300076.jpg

開いているのは、爆竹屋さんくらい。

P1300053.jpg

そんな爆竹屋では、
500連発くらいの爆竹が山のように積まれていた。

P1300031.jpg

そして、いたるところで、500連発爆竹が盛大に鳴らされていた。

P1300035.jpg

あれ?
中国では爆竹を鳴らすのは旧正月って聞いてたのに、
旧正月ってもう終わりましたよね?

今日はなんの祝日ですか?

町の人たちに聞こうにも、
言葉が分からず聞けない。
聞けたとしても答えが分からない。

ということで、ネットで調べたら
本日4月4日は清明節という祖先を供養する伝統的な祭日とのこと。

む~ん、中国では先祖の供養を、こんなに激しくするものなのか。

いやぁ、お墓がすごいことになっていたよ。
爆竹の鳴らし過ぎで墓石が焦げちゃっているじゃんか・・・

P1300044.jpg

2016.04.04 Mon l 中国 l コメント (4) l top
tomomi
2年前にヨルダンイスラエル国境でご一緒させていただいたともみです。
忘れられているかも?ですが^-^;

昨年夏からバンコク滞在になっていまして、よしさんのブログはまたに拝見していたので、再バンコクされた際には一緒に食事でもと思いご連絡させていただこうかと思っていたのですが、数か月ぶりにブログを見たら既に2月に再バンコク滞在&通過されてたのですね。

再会できなかったのは残念ですが、ブルグ旅記これからも楽しみにしています!


チャリヨシ
ともみさん、お久しぶりです!いやぁ、僕だけ別室送りになった衝撃のイスラエル国境での出会い、忘れるわけないじゃないですか。もちろん、覚えてますよ~。

それはそうと、今、バンコクにお住まいとは!どうですか?バンコクライフは。あ~、バンコクに居た時に連絡くれれば、絶対会いにいったのに。ホント、残念です(涙)。

さてさて、僕の旅はいよいよ最終章って感じになりました。中国が広いのでちょいと長くなりそうですが・・・あとはもう、中国と韓国を走りきったら、ついに日本。お暇な時でいいんで、また、ブログを覗きにきてくださいな。あ、また数カ月とか空けちゃうと、次はもう日本に辿り着いているかもですよ(笑)



TOMO
お返事をありがとうございます!
バンコクは15年前にも旅行した事があり、その時は高いビル街やコンビ二などを見て、便利すぎる街なので旅行では面白みにかけるなというのが正直な印象でしたが、今回のように居住となると医療施設や生活環境も整っていて便利ですし、日本からも近いので緊急時でもすぐに往復できるとあって気分的にも安心ですね。
あとは国際都市とあって、世界中の国籍料理店があるのも私にとっては魅力的です。アラブ人街でよくフムスを食べたりしていますよ~。
夫の仕事での駐在であと2年程滞在予定です。

よしさんの美味しそうなお料理記事や、日々の思う事を綴られている文章を毎回楽しんで拝見しています!
旅の最後まで安全で過ごせるようにお祈りしています。
ではでは^-^


チャリヨシ
そうですよねぇ、バンコクは便利過ぎる街ですよねぇ。バンコクでは従妹の家に居候させてもらって、ほぼ、観光なんてせず、暮らすように過ごしてました。確かに、暮らすにはいい街。なんの不便も感じませんでした。インド人街もありますもんね。バンコクのインド人街では、インドで買い忘れた香辛料、バンコクで難なくゲットできちゃって、助かりましたよ。さてさて、あと2年ですか、いいな~。バンコクライフ、満喫してくださいね~。


P1300167.jpg

食堂には麺をすするご家族。

P1300187.jpg

太極拳を舞うおばさま方。

P1300177.jpg

ゲームに興じるおっちゃん達。

P1300184.jpg

なんだか、のどかでいいです、中国の朝。

P1300197.jpg

2016.04.06 Wed l 中国 l コメント (0) l top
P1300015.jpg

中国で一番楽しみにしているのは餃子食べ歩き。
もちろん、今回の中国再入国の初日の夜に
<餃子>と書かれた店を見つけ出し、食べたんですよ、水餃子を。

・・・が、全然美味しくなかったのだ。

P1290643.jpg

皮も具もダメ。
これならオイラの方が数倍美味しく作れる。

まぁ、たまたま美味しくない店だったんだろうと思い、
4日目に辿り着いた南寧の町でも<北方餃子>と書かれた店を見つけたので、
食べてみたところ・・・

P1290876.jpg

ここも、全然美味しくなかったのだ。

P1290878.jpg

なんてこったい、
この辺は、餃子が美味しくない地帯なのか、
とガッカリ。

やっぱり、餃子は北に行かないとダメだな。
餃子旅は、成都の四川餃子から期待することにしよう、
なんて思い始めた頃、
6日目に走っている時、とある食堂の看板に
<餃子王>なる文字を発見。

P1300024.jpg

この辺の餃子は美味しくないからな、と思い込み、
もう、この辺では餃子は食べないつもりだったのだが・・・
看板に書かれていた<餃子王>という
王の文字がどうしても気になってしまいまして。

マズい餃子を出すのに<王>なんて書いたりはしないだろう。
よし、ここは、どれだけ餃子王なのか、
確かめてみるべし、と店に入り、餃子王を頼んだところ・・・

これが、超絶美味かったんですわ。

P1300017.jpg

浮粉で作った皮、中の具、そしてタレ、
全てがパーフェクト。

さすが、餃子王。
その名に恥じぬ王の味。

これこれ、こういう餃子を求めていたんですよ!
この辺も、美味い餃子、ちゃんとあるんじゃんか!!

ちなみに、このあたりの餃子は蒸し餃子がメイン。
餃子メニューの一番上は決まって蒸餃(ジン・ジャオ)なのだ。

P1300246.jpg
餃子は中国語で、ジャオ・ズという。「ぎょうざ」と言っても通じない。キョトンとされるだけ。

中国は水餃子ばかりだよ、と聞いていたのだが、
どうやら、それは違うようだ。
水餃子がメインなのは北の方なのだろう。
南のこの辺では、みなさん、蒸し餃子ばかりを食べている。

P1300341.jpg

しかし、まぁ、よくよく考えてみれば
飲茶で出てくる餃子的なものは蒸し系のものばかりだ。
飲茶はそもそも広東料理。
広東に近いこの辺の人たちが蒸し餃子ばかり食べるってのは、
そんな不思議でもないことか。

さてさて、面白いことに、
この辺で蒸し餃子を頼むと、
タレが醤油ではなく、なんとピーナッツベースのものが出てくることがある。

P1300249_20160410235548bee.jpg
というか、この辺の蒸餃のタレは、ほぼほぼピーナッツソース。

どうやら、<福建餃子>と言われる、福建省の餃子が
このピーナッツベースのタレを使うみたいだ。

P1300418.jpg

最初は違和感しかなかった
ピーナッツソースでの餃子だったのだが・・・

P1300541.jpg

何回も食べているうちにだんだん慣れて、美味しく感じるようになってきた。
う~む、これはこれで、アリかも。

P1300544.jpg

それにしても、
南では蒸し餃子がメインとか、
ピーナッツソースをつけて食べる餃子があるとか、
ネットで調べてても分からなかった事実。

P1300458.jpg

やっぱり、知りたいことがあったら、
現場に実際に来てみるべし。
現場には溢れんばかりに、真実が転がっている。
めっちゃ面白い。

P1300416.jpg
ちなみに、この辺では、水餃子と頼むと、スープ餃子が出てくることがよくある。スープ餃子も、めちゃ美味い。

2016.04.07 Thu l 中国 l コメント (0) l top
GOPR5614.jpg

P1300357.jpg

P1300366.jpg

P1300370.jpg

P1300372.jpg

P1300380.jpg

P1300384.jpg

P1300388.jpg

P1300392.jpg

P1300394.jpg

P1300466.jpg

P1300481.jpg

P1300485.jpg

P1300494.jpg

P1300498.jpg

P1300501.jpg

P1300562.jpg

P1300574.jpg

P1300579.jpg

P1300586.jpg

P1300601.jpg

P1300729.jpg

P1300736.jpg

P1300734.jpg

P1300741.jpg

P1300739.jpg

P1300725.jpg

P1300617.jpg

2016.04.10 Sun l 中国 l コメント (0) l top
P1300653.jpg

食は広州にあり
という言葉があるように、
飯が美味い中国の中でも、
とりわけ<食>が注目される街、広州。

そんな広州に来たのは、
もちろん、食いもの目的。

さて、広州のある広東省は飲茶の発祥の地。
ということで、
到着早々、本日は、朝から、飲茶の点心が美味しいという
広州でも有名な高級広東料理店である<広州酒家>へ。

P1300659.jpg

あまりに立派過ぎる店内に
少々ビビりながらオーダーしたのは、

金鼎鮮味蝦餃皇

P1300675.jpg
海老餃子です

除年果香牛肉焼卖

P1300695.jpg
包み皮がほぼない焼売。焼売は広東が本場らしい。

黒松露翔汤小笼包

P1300681.jpg
小籠包。発祥は実は上海(南翔という上海西北部の郊外の町)らしい。鼎泰豐が有名だから台湾がオリジナルかと思ってた。

翡翠雪菜肉片肠

P1300705.jpg
隣の人が食べてて、めっちゃ美味そうだったので、頼んでみた。

の4点。

で、この4点が・・・どれも、激ウマ。

蝦餃子はプリっぷりのデッカイ海老がまるごと入っているし、
焼売は焼売と言うより、もはやハンバーグ。
小籠包は肉汁タップリのハフハフものだし、
白いやつは、オイラの大好物なベトナムのバイン・クオンそっくりの味。

外れなしの、最高の4点でしたわ。

しかし・・・会計を見てビックリ。
飲茶のお茶を入れて合計97元。
日本円にして約1700円。

さすが、高級店。
容赦ない値段だ(涙)

ま、超絶美味しかったから、納得の値段ではあるのだが・・・
う~む、朝食で1700円の出費とは。
いつも朝食は、6元(50円)の麺や蒸し餃子ですませているというのに(涙)。

2016.04.11 Mon l 中国 l コメント (4) l top
ウガなか
お久しぶりです。中国食のたびですかーーーいいですね。写真の飲茶すごくおいしんだろうけど、金額高で量も少となると全体の満足度は???中途半端になっちゃいますね。やはり庶民は安くてそこそこ十分うまく、量もそこそこ多いのが満足度 ↑ ↑ ってとこでしょうね。俺は庶民でよかった!!


チャリヨシ
ウガなかさん、中国は飯が美味くてテンション上がります!食べ馴染んだ味なんで、ホッともするし、しかも安い。ホント、町食堂ならば、200円も出せば、美味しくてしかもお腹が十分満足できるものが食えますからね。そんな中国でもわざわざ高級店に行くのは・・・高級店ならではの味も知りたいからなんすよねぇ。やっぱり高いのは高いなりの味がするんで。ここの海老餃子はやっぱり50円じゃ食えない味っす。「なるほど、これがお金のとれる味か。ここまでの味を出せれば、お金がとれるのか」と知るのも、餃子修行の一環、将来への投資だと思うようにして、割り切ってお金を使うようにしてま~す。ま、50円餃子は50円餃子で、「50円でこんな味が出せるのか!」と驚かされますし・・・中国は、とにかく勉強になることばかりですわ。


ごーー
よしさん中国満喫してますね♪うらやましいっ。 よしさん伝え忘れてましたけど、張家界って行きますか?奇岩だらけの場所なので、近くに行くことがあればぜひ。真偽がわかりませんが、アバターのモデルになった地でもあるらしいです!!


チャリヨシ
ごーーくん、中国はやっぱりいいっすねぇ。さてさて、深セン通って香港にやってきて、只今、中国ビザ申請中。これから、さらにガッツリ中国を満喫しまっせ~。ビザが取れたら、広州に戻って、その後、南昌に行ってから成都に向かう予定なんすよ。なので、張家界は、ちょうど通り道。情報ありがと。行ってみるよ~。奇岩を堪能してきますわ。