上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
IMG_6598.jpg

本日アルメニアの首都エレヴァンに到着。
グルジアのトビリシを出発してずっと野宿生活だったので、
ネットにもアクセスできず。
ということで、溜まりに溜まってしまった
この3日間のアルメニア走行をエピソード形式で一挙公開。

■プロローグ

エジプトからずっと異音を発していた相棒ファニーバニーの後輪。
グルジアのトビリシの自転車屋で
後輪ハブをメンテしてもらったおかげで異音が消えた。

IMG_6550.jpg

いやぁ、やっぱり、餅は餅屋。
エジプトからずっと気になっていたからなぁ・・・
早めに自転車屋に見てもらえばよかったよ。

オイラも相棒も健康であってこそ、
旅が存分に楽しめるのだから。

ということで、相棒が快調となっての走りとなったアルメニア。
楽しくないわけがない、っしょ。

■エピソード①

アルメニアに入って初日(7/23)、
道の雰囲気はグルジアとガラリと変わった。
険しい岩が聳え立つ絶景の渓谷道(Debed Canyon)となったのだ。

IMG_6699.jpg

と、景色は素晴らしいし、相棒も絶好調ではあるのだが、
照りがキツすぎる太陽と、アップダウンの激しい道にバテ気味のオイラ。
すると、ちょっと前の道脇で桃を売っているおばちゃんが、
桃を二つ手に持って、オイラのことを手招きしているじゃないですか。
近寄ると、
「ほら、これ、食べていきなさい」
と、にこやかな笑顔で、桃を手渡してくれた。

IMG_6655.jpg

早速かぶりつくオイラ。

IMG_6658.jpg

う、美味すぎる・・・

チャリ走りしている時に地元の人からいただく食べ物。
これは、空腹+愛情という最高のスパイスが降りかかってて
そりゃもう、この世のものとは思えないくらいの至福のお味。

IMG_6661.jpg

ただ、残念なのは、
空腹+愛情というスパイスの効力はその場限りのため、
この味は、この時、この瞬間しか味わえない。
二度と味わうことが出来ない幻の味なんです、ハイ。

■エピソード②

次の日(7/24)、朝テントをたたんで走り始めたところ、
今度は、道脇の畑で農作業中のおじちゃんに呼び止められた。
「こっちに来い」
というので、行ってみると、
「どっちがいい?」
とウォッカのボトルと、コカコーラのボトルを両手に持って聞いてきた。

IMG_6781.jpg

コカコーラのボトルに入っているのは、明らかにコーラではない。

IMG_6785.jpg

が、一応、コーラの方を指差し、
コップに液体を入れてもらい・・・

IMG_6788.jpg

乾杯して一気飲み。

IMG_6789.jpg

か~、キツっ!

「ん?これ?チャチャ(葡萄の蒸留酒)だよ」
と、おじさん。
やっぱり・・・

アルコール度数50度近いチャチャを朝からかっくらって走り始めた
アルメニア二日目。
ええ、完全に酔っ払い運転です、ハイ。

■エピソード③

山国のアルメニア。
二日目にひたすら続く上り坂をがんばって登ったのに、
三日目(7/25)の朝、一気に下って、目の前には再び上り坂。
もう、イヤになるくらいアップダウンの応酬なんですわ。

IMG_6889_20140726052021260.jpg

昨日は酔っ払いモードだったから、麻痺して登っちゃったけど、
シラフの今日は、登れる気分じゃない。
あ~、もう登りは勘弁、
って思っていたら、目の前にタクシーが・・・

誘惑に負けました。

タクシーのおじちゃんが1kmあたり100ドラム(25円)で乗せてってやるよ、
と言ってくれたので、峠の頂上までタクシーで行くことに。

IMG_6912.jpg

これもまた、出会いの一つ。
タクシーのおじちゃんから、アルメニア正教や、アルメニアにあるロシア人村についていろいろ話を聞けたのが興味深かった。

ちなみに、峠の上まで距離は20km。
タクシー代は、2000ドラム(500円)。
うむむ、意外と安くすんだ。
で、やってみて思ったんだけど・・・
こういうふうにやる短距離ワープってのもアリかも。

もともと、折りたたみチャリで旅を始めたのは、
あらかじめ今日はバスって決めてやるワープだけじゃなく、
こうやってその場の思いつきで、
気軽に乗り物に乗せてのワープってのも想定してたはずなのだ。

■エピソード④

タクシーから降りて走り始めたら、セヴァン湖が見えてきた。

IMG_6922.jpg

標高1900mという高地にあるコーカサス最大の湖だ。
で、湖自体にはあまり興味がなかったのだが・・・
湖沿いを走っていたら、オイラの興味を猛烈に引くモノを発見。
それは・・・

ザリガニ。

IMG_6944.jpg

アルメニアでは、ザリガニを食べると聞いていて、
どこかで食べようと思っていたのですが、
セヴァン湖沿いの食堂で、
生きたままのぴちぴちのザリガニを調理してくれると言ってくれたので、
ココで食べてみることに。

IMG_6952.jpg
茹で上げられ、コリアンダーで味付けされたザリガニ

で、食べてみたザリガニは・・・
ザリガニって、泥臭い味のイメージだったのですが、
全然そんなことはなく、海老の味だった。
普通に美味い。
というか、どちらかというと、めっちゃ美味い。

■エピソード⑤

美味いといえば、トルコ東部、グルジア、アルメニアの高地に流れている天然水が、
マジ美味い。
世界中でいろんな水を飲んできたけど、
ココの天然水が世界一美味いのでは?
と思えるくらい美味い。
町の水道水はイマイチなのだが、
とにかく、山に流れる天然水は、ホント美味しい。
トルコ人、グルジア人、アルメニア人も、
みんなわざわざ車で山に登ってきて、
ペットボトルいっぱいに水を詰め込んで帰っていく。

IMG_6451.jpg

■エピローグ

そんなこんなで、今日は、標高2114mの峠から900mのエレヴァンまで一気に降りてきた。

IMG_7016.jpg

いつも思うのだが、
下り道は爽快である反面、
せっかく苦労して溜めた位置エネルギーを
無駄遣いしているようで、なんだかむなしくなる。
起伏のある大地を、登っては降り、登っては降り・・・
この一見無駄に見える努力の繰り返しが自転車旅。

ま、<一見>無駄に<見える>のは、
あくまで、<一見>であり<見える>だけ。
その裏には、このブログで綴っているように、
素晴らしい世界旅体験が隠れているんです、ハイ。

スポンサーサイト
2014.07.25 Fri l アルメニア l コメント (3) l top
ウガなか
ああ、そういえばアルメニアではザリガニ料理有名だったなあなつかしい。あとアルメニアとグルジアあたりが世界の歴史上はじめてワインが作られた地域なんだって。すごく誇りにしてる、自家製ワイン作ってる家庭が多いし、安宿でもがんがん飲ませてもらえることもあった。滞在楽しんでください。


ウガなか
天然水がうまいといいワインができるんだろうね。


チャリヨシ
ウガなかさん、なるほど、ワインの発祥はこのあたりだったって説が有力なんですね。自家製ワインは、グルジアで死ぬほどたらふく飲ませてもらっちゃったんで・・・アルメニアでは、しばらくワインは見たくない気分(笑)それはそうと、天然水が美味しいから、ワインも美味しいってのは、納得ですわ。こういうモノは豊かな大地からのいただきものですからね。


IMG_4530.jpg

オイラの旅サイトを細かくチェックしてくださっている方は
すでにお気づきだと思いますが、
サイトに掲載している
トルコ後半からの走行ルートは、全部手書きになってまして。

実は、トルコの東部を走行中にガーミンのGPS<eTrex Vista HCx>が壊れちゃったんですよ。
一応電源は入るのですが、サテライトをまったく拾ってくれない状態に。

で、オイラ自身で、いろいろいじったのだが、まったく直らない。
ほぼ6年使いまくったからなぁ・・・寿命か・・・

しかし、まぁ、ショップの人なら直せるのではないかと、
グルジアのトビリシのガーミンショップ、
アルメニアのエレヴァンのガーミンショップに行って
相談してみたのですが、
どうやら、ハードウェアが壊れちゃっているらしく、
どちらの店でも、お手上げ状態。

このGPSは日本を発った時からずっと使っていた言わば<戦友>。
バスや飛行機に乗っている時にも使っていたから、
相棒のファニーバニーよりも使用頻度は上だった。

だから、
「もう、直らない」
と言われた時は、かなりショックで落ち込んだ。

モノは必ずいつか壊れるってことは、
長旅をしていると、痛いほど実感することだから、
覚悟はできているはずなのだが、
それでもやはり、実際に壊れてしまうと、気持ちがめいる。

特にそれが長い間頼りにしていた、愛着のあるパートナーグッズであればあるほど、ね。

トルコで壊れて以来、しばらくGPSなしで走行していて、
ないならないで、なんとか走ることはできた。
だから、彼に義理立てするため、
これ以降の旅は、GPSなしで行こうか、とも考えた

・・・のだが、
エレヴァンのガーミンショップのオネエサンからの
「新しいの買ったら?まだ旅は長いんでしょ」
という一言で、
思わず新しいGPS<etrex 20>を衝動買い。

IMG_7064.jpg
アルメニア・エレヴァンのガーミンショップ<ガーミン・アルメニア>のお二人。美女と野獣・・・

いや、アルメニアの女性は、噂どおり美人さんで・・・
美人の誘惑には弱いんです、オイラ。
ハニートラップには絶対引っかかるタイプです、ハイ。

まぁ、とにかく、ということで、
新しいパートナーとなったオレンジのGPS<eTrex 20>。
安い分、今までのeTrex Vista HCxより機能が落ちている箇所もあるけど、
操作性はアップしているし、
なんたって、アルメニア&イランの詳細マップを入れてもらったんで、超便利。
町の細かい通りまでバッチリ表示されちゃって、
どこを歩いているか、一目瞭然。

IMG_7071.jpg

つーか、いや、やっぱり詳細マップは、便利すぎてダメだ。
迷わなくなるから、旅の面白みが半減しちゃうよ・・・

と、いいつつ、やっぱり使っちゃう、オイラ。

なくてもなんとかなる、とは思いつつ、
こういう便利グッズは、あったらあったで、依存しちゃう。

ただ、この新しいパートナーは、便利すぎるがゆえに、
マジで、使いどころのバランスをちゃんと考えなきゃイカンです、ハイ。

2014.07.26 Sat l アルメニア l コメント (2) l top
ウガなか
Garminよ安らかに眠れ。。。。俺もVISTA持ってる。カラーになる前のやつ。あまり使ってないからまだ現役。


チャリヨシ
ウガなかさん、VISTAって、かなりバランスのとれた名機だったと思うんですよ。小さい割には、ちゃんと必要なセンサが組み込まれてて。失ってから気づきました。まだ現役だというウガなかさんのVISTA、大事に使ってあげてくださいね~


IMG_7030.jpg

エレヴァンで滞在しているカスカド・ホステル。
朝食つきのこの宿で、
今朝、宿泊客の旅人の皆さんと一緒に朝飯を食べながら、
よくある「どこから来たの?」話になった時、
一人の女性が「ハンガリー」と答えた。

「ふおお、ハンガリーですか!?実は僕ハンガリーで・・・」
と話そうとした時、
「あぁぁ!!!あなたはひょっとして!!!」
と、とびきりビックリした顔をして叫んだその女性、サラさん。

「そう、僕があの自転車の人です」

次の瞬間、親友だという自転車好きのスザンヌさんにメールを打ち始めた彼女。

IMG_7028.jpg

「スザンヌに知らせたら、きっと私以上にビックリするはず!っと・・・待って。そうだ、いいコト考えたわ」
と言って、メールを打つのを中断したサラさん。

iPhoneのカメラをオイラに向け
「実は、今日、スザンヌの誕生日なのよ。あなた名前はなんていうんだっけ?ヨシ?じゃぁ、ワタシがビデオを撮るから、ヨシが、スザンヌに誕生日メッセージを言って。ああ、我ながらいい思い付き。絶対彼女喜ぶわ」
と無茶振り。

Happy birthday Suzanne. I am Yoshi, Japanese cyclist. I don't know you but I believe you know me because my bicycle was stolen and found in Budapest that was big news so I was famous peroson in Hungary. I continue to travel with my lucky bicycle and meet Sara in Armenia now!

・・・とりあえず、やりきりましたよ、ふ~・・・

2014.07.26 Sat l アルメニア l コメント (0) l top
IMG_7198.jpg

昨日、エレヴァンの街を歩いていたら、ラフマジュンを出す店を発見。
トルコで初めて食べて以来、大好きになった
トルコ風ピザと言われるラフマジュンを久々に食おうと
店に入ってラフマジュンをオーダー。

この店には、店内に釜があり、
その場でおじさんが小麦粉をこね、
ノシ棒で生地をのばし、
生地の上に味付けをした挽肉を敷き詰めて作り上げたモノを、
釜に入れて焼いてくれた。

釜の前の席に座って、
その様子を見ていたオイラ。

ノシ棒で生地をのばし・・・
味付けした挽肉を・・・

ん?

オイラにとって、めっちゃ見慣れた光景が展開されていたのだ。
そう、この手順は、餃子の作り方にそっくりジャナイカ。

そうか!!!
ラフマジュンって、包んでいない焼き餃子だったんだ!
と、ここで、驚きの新発見。

なるほど・・・モグモグ・・・
どうりで・・・モグモグ・・・
そりゃ、ラフマジュンがオイラのお気に入りになるのも、もっともですわ、
と納得しながら、出来立てのラフマジュンをほおばるオイラなのであった。

2014.07.27 Sun l アルメニア l コメント (2) l top
ウガなか
ほーラフマジュンって言うんですか。見たことはありますが知らなかった。知らないでたぶん食べてたと思います。勉強になりました。ありがとう。


チャリヨシ
ウガなかさん、そうです、トルコではラフマジュンって言って、アルメニアではラマジョっていう食べ物なんですよ、これ。トルコ、アルメニアなら割とどこでもあるし、安くて美味しいB級グルメの王様みたいな食べ物だから、たぶん、食べたことがあると思います。


IMG_7205.jpg

ドシャー!

オイラの目の前を歩いていた少年がいきなりびしょぬれになった。

IMG_7207.jpg

超局所的雨か!?
と思って上を見上げると、
建物の上階から、別の少年がバケツで水をぶっかけてくるじゃないですか!
そして、なんと、次はオイラをターゲットにしているじゃないですか!

慌ててその場を離れ、難を逃れたと思った瞬間・・・
通りのわき道から現われた少年に
バケツで思いっきり水をぶっかけられた。

armenia02.jpg

armenia01.jpg

ああ、なるほどコノコトだったのか・・・

と、ハタと気付いた。

実は、朝、宿の朝食を食べていたら
「ヨシ、今日出かけるんでしょ?」
と、サラが聞いてきたんですよ。
「うん、アルメニア虐殺記念館と、ゲガルド修道院に行こうと思ってて」
と答えると
「気をつけてね。今日はアルメニアの特別な日だから」
と、意味ありげにウインクしたサラは、ちょっぴりいたずらっ子の微笑を浮かべていたのだ。

この時は、アルメニアの特別な日だから気をつけて、という言葉の意味と
微笑の意味を分かりかねていたのだが・・・
サラは、このことを忠告してくれていたのだ、と今気付いた。

アルメニアは本日、ヴァルタヴァルという水かけ祭で、オトナもコドモも、男も女も、地元民も観光客も、関係なく、容赦なく水をぶっかけ、ぶっかけられまくる日とのこと。

ということで、
バケツ少年の次は、水鉄砲少年達に襲撃され、

armenia03.jpg

それから逃れたと思ったら、
今度は青年に、バケツで水をぶっかけられた。

IMG_7215.jpg

この日、エレヴァンの街には、逃げ場なんてなかった。

問答無用に唐突に容赦なく無遠慮に水をかけられるってのは、
正直、あまり気持ちがいいものではない。

GOPR4200.jpg

こういうのは、仕掛けられる側より、仕掛ける側のほうが楽しい。
かけられるより、かけるほうが、絶対楽しいはず。

と思いつつも、観光客という立場の遠慮から、
結局、最後まで、かける側には、まわれなかったオイラ・・・

今日の勝利者は、
この奇妙なイベントを底抜けに楽しそうにやっていた
少年少女たち、キミたちだよ。
人をずぶ濡れにしておいて、その屈託のない笑顔はなんだ、まったく(笑)。

GOPR4217.jpg

・・・それにしても、今日はチャリで走らない日でよかったよ。
こんな日にアルメニアを走っていたら、
目立つがゆえ、絶対あらゆる人たちからターゲットにされて、
ずぶ濡れどころじゃすまなかったかもしれない・・・

2014.07.27 Sun l アルメニア l コメント (2) l top
ウガなか
アルメニアっすか。夏はいいでしょうね。俺コーカサス3国とてもいい勉強になり、行ってよかったとすごく思う国です。冬前の10月で結構寒く山岳地帯では雪も降って。コーカサス楽しんでくださいね。


チャリヨシ
ウガなかさん、夏のアルメニアいいですよ~。自然が素晴らしいのはもちろん、美しいオネエサンたちが薄着なのも夏ならではの高ポイント(笑)でも、ここは雪の景色もみたいなぁって思わされるところですね。雪化粧した山々は、それはまた綺麗なんだろうなぁ、って思います。それにしても、僕もコーカサスは来てよかったって実感しているところですよ。来る前は、全然興味がなかった地域だったんですが、来たらめっちゃ好きになりました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。