「マズイラーメン食ったりしてみるのもさ、なんかオモロイじゃんよぉ」

これは、<だから言ったろ、タダ大きいからってそんな見たことないの食ってさ・・・いつもの麺作りのほうが安全だって>、と言うナオタ君に返したハルコさんの言葉。

アフリカのサバンナのド真ん中にはったテント内で、久しぶりに見返した大好きなアニメ<フリクリ>。いつもはスルーして見ていたラスト話での、ワンシーンにハッとさせられた。

ナオタくん=以前のオイラ、ハルコさん=今のオイラ。

スゴイことなんかない、当たり前のことしか起こらない、いつものように橋をわたり、その間に季節だけは変っていく、とつぶやくナオタくん。オイラも日本にいる時は、漠然とではあるが、こんなことを思いながら過ごしていた気がする。

が、それは違ってた。

世界はスゴイことだらけだ。

当たり前のことなんて起こらない。

毎日が驚きとモモの木の連続であり、それはフルーツがフツーが似ているケド違っているように、期待は裏切らずに、予想を裏切ってくれている。

見知らぬ食べ物がマズイこともあった。でも、「ペッ、ペッ、マズゥ~」と言いながらも、心はなんだか満足げ。そして、たまには、見知らぬ食べ物が、めちゃめちゃ美味かったってこともある。

未知の大陸だったアフリカに突入して早半年。最初は南米旅と様相があまりにも似ていたため、「タダの延長戦じゃん」と思っていたアフリカ旅も、レソトに突入したあたりから、すっかり様変わり。明らかに旅の新章というのにふさわしい、ザッツ・アフリカな旅に染まってきた。食べてよかった、アフリカという果実。なんかオイシイじゃんよぉ。

旅とは変化だ。
去年もそんなことを書いた気がするけど、
今年もやっぱりそう思う。
この変化が心をワクワクさせてくれるのだ。

一方で、ヤッパリ相変わらずのことも。

それは、旅途中に出会う人たちの優しさ。

北米・中米・南米を走っていた頃は、出会う人たちに頼りっぱなし。アフリカに入ったら、人に施す立場に立つぞ、と思っていたのに(今思えば、なんたる上目線)・・・アフリカに入っても相変わらずの人頼り。だって、アフリカの人々も、こんなにも、明るくて、フレンドリーで、親切なんですもん。

この年になってから甘え上手になっていくとは思わなかった(笑)

3年経過した今でも、旅を続けるモチベーションを保ち続けられているのは、こうして、出会った人たちから変らない優しさをもらい続けているから。

そして、忘れちゃならないのが、このHPを見てちょっとでもワクワクしてくれているであろう皆さんの存在。勝手に感じさせてもらっている皆さんの存在が、オイラの心の励みだったりします。そんな皆さんに、これからも、世界の元気と希望をガッツリお届けしていきやすんで、応援ヨロシクです。

まだまだ続きます、チャリヨシさんとファニーバニーの世界放浪旅。

最後に、相棒に・・・横浜のグリーンサイクルステーションの店頭に並べられていた時には、まさか、自分がアフリカを走ることになるなんて思いもしなかっただろう、ファニーバニー。毎日毎日、違う道を走れて、キミは世界一幸せな折りたたみチャリだぞ。4年目・・・そろそろ金属疲労がシンドクなってくるお歳にアフリカ道は酷だろうが、共にがんばろうな。

2011.9.24 ザンビア、ルサカにて

2011.09.24 Sat l ザンビア l コメント (8) l top
rikiya
4年目ですか。数字にすると結構な数字ですよね。

俺は結構前に日本に戻ってしまいましたが、定職につかない生活は、今年の6月で4年目になりました。
帰国した時は、この先どうなるのかな、と思ってました。まあ、今も思ってますが。。。

でも、変化の連続は楽しいし、基本的にしたいことしかしてないので、ストレスは全く感じず楽しい日々です。ストレスなさに比例して金もないですけど。

しかし、今年40とは驚きです。まだ、37,8かと思ってました。素敵な40歳だと思います!


kuro
4年目突入おめでとうございます!
40才はまだまだ若い!

パラレルワールドのレポート
これからも宜しくです!


チャリヨシ
rikiyaくん、
やっぱ、結構な数字ですよねぇ、4年目。
旅に出る前は、3年半で世界を周りきるつもりだったんだけどなぁ。
今思えば、なんと甘すぎる見積もりだったんだろうか、と。

rikiyaくんも、4年目を迎えてたとは。
ストレスない生活を送っているようで、なによりです。
したいことしかしないのが、一番ですよ。
・・・って、それを実行するのは結構難しいことだと思うんだけど。
特に、日本で。

それはそうと、
この年になると、37,8も40も同じようなものなんですが(笑)
とにかく、<素敵>というお褒めの言葉、ありがと~


チャリヨシ
kuroさん、
ええ、ええ、まだまだ若者デス。
オトナになりきれないコドモっす。

4年目に突入しますが、
レポート、引き続きガンガンお届けしますよぉ~
ちなみに、ボクのレポートは、
リアルワールドからのお届けものですよ。
決してパラレルな異世界からではなく、
kuroさんのすぐ隣から・・・(笑)


たか&みえ
ヨシさん!
お久しぶりです。清水夫婦です。
4年目突入ですか~
僕たちは先月ちょうど4年で旅行を終え帰国しました。今でもまだ放心状態でぽ~っと過ごしてます笑。旅は終えましたが無職・無収入状態は続行中!!
この調子だと10年くらいかかりますかね?笑うらやましいです。
いつまでもパワー、モチベーションが続くヨシさんはほんとに素晴らしい!
これからも安全でよい旅を!



チャリヨシ
清水夫婦のお二人、
どうも!お久しぶりです。

お二人の旅は
旅慣れている様子からみて、
なんかもっと長い気がしてたんですが・・・
4年だったんですよねぇ。
そんな4年目にボクも突入です。

さすがに、8年くらいで旅は終わらせたいって
思っているところなんですケド・・・
10年かかっちゃうかな、このペース(笑)

ま、これからも気長に見守っててくださいね~


バイアーノのタダシ
まだまだ何年も楽しめそうだね。南米の味は強烈だけどどこか想像の延長線上の味で、アフリカは食べる度に違う新しい味って所かな。アジアは懐かしい味になるのかな?


チャリヨシ
タダシさん、各地域の味、ナルホドって感じです。アフリカは、まだまだ違った味を楽しませてくれるのかぁ。どんな味だか、楽しみだ~



 
本日、ザンビアの首都ルサカに到着・・・って速すぎねェか?ええ、またもや必殺のバスワープを使っちゃいまして・・・リビングストンからあっという間の7時間。

最近、ワープ移動が続いているぞ・・・ま、広いアフリカ、こういうのもアリってことで。

だって、灼熱の太陽が猛烈に照りつけるんだもん。

だって、逆風となる西風が猛烈に吹いているんだもん。

さてさて、そんなルサカでチェックインしたのは、はったテントにウサギが寄ってくる、癒しの落ち着き宿。めっちゃ居心地いい~・・・リビングストンのジョリーボーイズといい、このカルルといい、ザンビア、宿の快適度、結構高いぞ・・・

2011.09.24 Sat l ザンビア l コメント (2) l top
kuro
快適宿いいな~
ウサギが最初ウナギに見えた。。(笑)

もうすぐタンザニアだねえ。

西アフリカには行くの?


チャリヨシ
いやいやkuroさん、
ウナギがテントに寄ってきたら
快適じゃないでしょ・・・(笑)

タンザニア、もうすぐなようで、まだまだな気もします、
このペース・・・

西アフリカはもちろん行きますよ。
太鼓修はやっぱり西アフリカッスから。



 
本日、40歳の誕生日、ビクトリアフォールズに祝っていただきまして。いやいや、40を、アフリカで迎えるなんてねぇ。しかも、自転車で激走中ってねぇ・・・いい人生デスよ、こういうのも。

それはそうと、ザンビア側のビクトリアフォールズもスゴカッタ。横から眺める滝は、ジンバブエ側の方が、全然迫力あったんだけど・・・ザンビア側は、滝の上に行ける。この滝の上からの、眺めが最高にドキドキものだった。水とともに、流され落ちてしまうんじゃないかと、何度錯覚したことか。

2011.09.21 Wed l ザンビア l コメント (6) l top
kuro
滝の手前にあるプールまで行けるって
テレビでやってたけど。

ビクトリアフォールズ行ってみたい。
実は行ったことない。


チャリヨシ
kuroさん、ビクトリアフォールズは、ぜひ。
ザンビア側では、滝の上、
滝に変る直前がプール状態になっていて、
ここで泳げますよ~


にしざわ
お~~~
そうだったぁ~お誕生日じゃねぇかっ!?
おめでとうございまぁ~~す♪
あれから2年ですかぁ、長いような?そうでないような?
これからも良い旅、続けてください、更新楽しみにしてますので~☆


チャリヨシ
にしざわさん、
ありがとうございます。
そうッスねぇ、38の誕生日を祝ってもらってから2年経っちゃいましたねぇ。
ああ、お世話になっていたリマでの日々が懐かしい・・・
アスカちゃん、ハルカちゃんにもヨロシク言っておいてくださいね~
うむむ、彼女たちに忘れられてないかが、心配だ。


あすかだよ~~
きゃ~~~、すっかり忘れてた!!リマに着いたには、2年前・・・
なのに、忘れてた!( ̄□ ̄;)ガーン
島田さん、40歳おめでとうございます!!
これからも、がんばってください!!


チャリヨシ
アスカちゃん・・・忘れてたなんて(ToT)ヒドイ
なんて、ね。
いやいや、いいんです、誕生日なんて忘れちゃっても。
リマで一緒に遊んだ日々のことさえ覚えててくれれば。
まさか・・・それまで忘れたわけじゃぁ・・・ない・・・よね・・・

メッセージありがと~
そして、これからもがんばるよぉ~



 
マウンを出発し、再びビクトリアフォールズへ戻ることにしたのですが・・・来た道と同じ道を戻るのは面白くない。で、地図を眺めていたら、オカバンゴデルタの西側を北上し、ナミビアの細長く突き出た<Capriviエリア>を通ってザンビア側のビクトリアフォールズへ行くというルートを思いつきまして。

・・・ここにきて、まさかのナミビア再入国。

いやぁ、またナミビアに来るとは思わなかった。つーか、半年経って、またナミビアってどういうこと?

アフリカ旅、ふりだしに戻るの巻か・・・

そんなナミビア再入国を経た戻りルート、ルート的には超遠回りのコースだったのですが、マウンを出発してなんと3日後の本日、ザンビア側のビクトリアフォールズの最寄の町であるリビングストンに到着。ふふふ、ラッキーなことに、途中、長距離トラックに乗せてもらっちゃいまして。急がば回れですな。

さてさて、再びビクトリアフォールズを堪能した後、これからは、素直に北上していきます・・・たぶん。

2011.09.20 Tue l ナミビア l コメント (0) l top
IMG_5614.jpg

猛獣に食われることなく、無事、野生の王国での一泊キャンプから戻ってまいりやした。いやはや、めっちゃよかった、オカバンゴ・デルタ!!!モコロという手漕ぎカヌーで水草の中をたゆたゆと移動するのもよかったのですが・・・なんといっても興奮したのは、やっぱり、期待していた通りのワイルドアニマル体験。動物、フツーにいまして。キャンプサイトの脇ではゾウがウロウロしているし、夜はヒョウの鳴き声も聞こえるし・・・そんなモノスゴイ野生の世界に生身一つでお邪魔させてもらったオイラたち。ココには、動物と隔てるものがなにもない。モコロに乗ってたらカバがをひっくり返すかもしれないし、泳いでいたらクロコダイルが腕に噛み付くかもしんないし、歩いていたらヒョウが襲ってくるかもしれないし、夜寝ていたらゾウがテントごと踏み潰すかもしれない・・・ふふふ、こんなワイルド体験は、オカバンゴでしかできませぬ。

最高にドキドキの夜をありがとう、オカバンゴ。

2011.09.15 Thu l ボツワナ l コメント (4) l top
kuro
マジでそんなのだったんだ~
すげー


チャリヨシ
kuroさん、
オカバンゴ、
マジでそんなのだったんですよ。
・・・って実際には
カバにモコロをひっくり返されてないし
クロコダイルに噛み付かれたりもしないし、
ヒョウにも襲われないし、
ゾウがテントを踏み潰すなんてこともなかった
んですけどね。
でもまぁ、そんな可能性がゼロではない、
最高にドキドキな場所でした。


kuro
動物超接近写真ないの?


チャリヨシ
kuroさん、
オカバンゴでは
あんまり動物に近づいちゃうと、
ガイドに怒られちゃうんですよ。
ま、動物を間近で見ることを
期待する場所じゃないですし。
あ、でも、そんなオカバンゴですが、
オカバンゴ2日目の日記の
最後から二枚目のゾウ写真は
相当接近して撮った写真っすよ~


IMG_5321.jpg

モレミ地区へ入ってテント泊する計画は・・・値段が高すぎて断念。代わりといってはなんですが、セスナに乗って、モレミ地区を上空から眺めてみました・・・が、意外と動物がいないのにガッカリ。広大なオカバンゴに動物たちが、ウヨウヨ動き回っているのを期待していたのに・・・

やっぱり、動物を見るのって、大変デス。

さて、明日から一泊二日で、マウン周辺のモコロトリップに行ってきます。一応、オカバンゴの中でテント泊。でも、今日の感じだと、動物たちに囲まれるドキドキ体験はできそうにないなぁ・・・

2011.09.13 Tue l ボツワナ l コメント (0) l top
IMG_5269.jpg

昨日、オカバンゴの入り口となる町、マウンに到着。乾ききったカラハリの大地に突如現れるデルタ地帯。いやぁ、癒されます、魅惑のオカバンゴ。で、昨日から、早速、この魅惑のオカバンゴをどう攻めようかと、いろいろ情報収集してまして。

基本的に湿地帯なオカバンゴ、モコロと呼ばれるカヌーに乗って、水がたゆたゆと流れるデルタを遊覧するのが一般的な楽しみ方らしいのですが・・・マウンの町周辺のモコロツアーだと、あんまり動物が見れないらしいのですよ。オイラ的には、柵のない動物の楽園にカヌーで入り込んで、猛獣に囲まれながらテントで夜を明かす、という最高のドキドキ体験を期待していたオカバンゴだったので、動物の見れないオカバンゴなんて

・・・と嘆いていたところ、オカバンゴの周辺ではなく、相当入り込んで、モレミ動物保護区なるところまで行けば、動物盛りだくさんのモコロツアーになる可能性が高いという情報をゲット。ふむむ、じゃぁ、モレミへって思ったのですが・・・モレミまでは自転車じゃぁ行けないって。4WDの車かモーターボートか、セスナじゃないと、行けないらしい。どの手段でも結構なお金がかかるんですけど・・・う~む・・・

2011.09.11 Sun l ボツワナ l コメント (0) l top

 
長かったジンバブエを後にして、ついにアフリカ7ヶ国目となるボツワナに入りまして。

で、ボツワナ、国境で入国手続きをすませ、さぁ、走り出そうとしたところ、なんと、目の前にゾウの群れが!!!普通に、道路をゾウが横切っている。で、10頭ほどのゾウが、道路を渡り終えるまで、車も自転車も、しばし、待ち状態・・・って、どんな国やねんって話ですよ。いやぁ、衝撃の体験でした。

その後も、普通に、道路わきに、キリンやらダチョウが居るんですけど・・・

という衝撃のボツワナを激走中のオイラは、今、グゥエタという町近くの、<プラネット・バオバブ>という、巨大なバオバブに囲まれた素敵な宿にテント泊中。実はこの周辺、巨大な塩湖になってまして。ウユニの感動再び、と、塩湖巡りをしようと、自転車で突入したんですが、あまりの砂道に途中で断念(涙)・・・ああ、バオバブと塩湖のコラボレーション風景をぜひとも拝みたかった・・・

さて、これから、憧れの<オカバンゴ>に向かいます。アフリカ旅でなにがなんでも行きたかった場所のひとつ、オカバンゴ。二日後には到着予定デス。ああ、楽しみだ。

2011.09.09 Fri l ボツワナ l コメント (2) l top
kuro
ボツワナすごいね~ 象に追いかけられないでよかったよかった。

ブラジルフェスティバルで太鼓叩きました。
2010のメンバーもいます。
http://www.youtube.com/watch?v=3geCIglOvSE



チャリヨシ
kuroさん、
いや、隣にいた車の人が止めなかったら、
僕はゾウに突っ込むところで。
そしたら、追いかけられてましたね、確実に(笑)

そして、いいな、ブラジル太鼓。
映像、すぐにでも見たいんですが・・・
アフリカ、YouTube見るのシンドイんですよ。
ネット環境がよくなくて。
落ち着いた場所に辿り着いたら、見てみますね、
ブラジルフェスティバルの太鼓映像。


IMG_4556.jpg

涼みに行くなんて、軽い気持ちで行ってゴメンナサイ、ビクトリアフォールズさん。アナタの凄さに、完全にノックアウトされてしまいました。

・・・なんて気持ちにさせられちゃった、ビクトリアフォールズ体験。あまりにも滝の勢いが激しすぎて、巻き上がる水しぶきのため、周囲がまったく見えない。噂には聞いていたケドこれほどとは・・・さすが三大瀑布の一つ、なめちゃいけませんな。ん~、なめていたワケじゃないんですけど・・・どうせ、イグアスと同じ感じでしょ、なんて思ってしまっていたのは確か。そんなオイラの浅はかな思いをぶち破って、心にズシンと来た、ビクトリアフォールズ。そう、自然の壮大さは、いつだって、人間の想像力を遥かに超えて迫ってくるもんなのです。

2011.09.03 Sat l ジンバブエ l コメント (2) l top
Yukinho
ムシくんとヒロキくん
ケニアにいた時、会いました@
少ない時間でしたが・・
まだアフリカで旅をしてたなんて
知れて嬉しいです!

体調には気をつけてくださいねー^^




チャリヨシ
Yukinhoくんが二人に出会っていたなんて。
三人とも旅が長いんで、
共通の知り合いいるでしょ、
って話をしてたんですが、
Yukinhoくんがそうだったとは。
しかも、ケニアで・・・?
僕が二人と出会ったのは、ジンバブエなんですけど。
さらに、二人はチャリ旅始めちゃいましたから。
まだまだアフリカって感じですよ。


IMG_4375.jpg

いやぁ、暑い・・・アフリカはもう夏です・・・あまりに暑くて、水をがぶ飲みしすぎて、途中水がなくなるというピンチに。が、ここは、優しい、アフリカのお土産屋のおじさんに助けてもらいまして。そんなこんなで、なんとか、本日、ビクトリアフォールズに到着。明日、滝で涼んできます。

2011.09.02 Fri l ジンバブエ l コメント (2) l top
HABOZOU
ついにビクトリアフォールですか?
豪快な滝を体験できるといいですね
私が行った時は、60年ぶりかの大雨で滝のそばに行くと台風のようでやうく流されそうなキケンが待っていました(笑)
アフリカ また行きたいなぁ とYouTube拝見しています。


チャリヨシ
HABOZOUさん
ようやくビクトリアフォールズです。
ここまで辿り着くのが長い道のりでした、ジンバブエ(笑)

ビクトリアフォールズは、5月頃が一番水量があるんじゃないですかね。今はそろそろ落ち着いてきたころなんだと思います。それでも、スゴかったですけどね。大迫力でしたよ~。かなり、豪快な滝を堪能できました!

いやぁ、でも、晴れの日に行ってもあまりの迫力にビビらされるのに、60年ぶりの大雨の日に見に行ったって・・・HABOZOUさん、危険すぎるでしょ。柵なんてないんだから。

そして、YouTube・・・ふふふ、まだまだアフリカに来たくなるような映像をお届けしますんで、誘惑されまくっちゃってください。