IMG_5716.jpg

ドイツにも温泉がありまして。
ただいま、温泉町バーデンバーデンで温泉三昧中。

ドイツの温泉って混浴温泉が多い。

・・・で、
当然、混浴のカラカラ浴場っていうところに入ったんですけどね。
温泉プールゾーンは水着着用で、ちょっとガッカリしていたら・・・

上階のサウナはなんと水着不可。
みんな入り口で水着を脱いで、全裸でウロウロ。
裸が当然な場所なんで、もはやなんにも隠さない。
おじさんおばさんが多かったけど、
若い娘さんたちも居て・・・

こら、あ、ソコ、反応してはいけません。
こっちも隠していないのだから!

う~ん、ある意味天国、バーデンバーデン。

追記)この日の夜に行ったもう一つの浴場
フリードリヒス浴場はもっと天国でした・・・

2012.10.30 Tue l ドイツ l コメント (2) l top
シカタ
初コメです。
パリのドリトミーでよしさんの上にいたシカタです。

いつも読ませていただいます!
ドイツも楽しそうですね(^-^)



チャリヨシ
おお、シカタくん、コメントありがと~
相変わらず、パリ生活満喫してますか?
ドイツも、楽しいよ~
つーか、ヨーロッパはどこも、楽しいね。


IMG_5081.jpg

2010年12月4日の日記を読み返してくだせい。そこにドイツ人チャリダー、クリスチャンとジェニファーとの出会い話が書いてあるんですが・・・そのクリスチャンとジェニファーと再会。ハイデルベルグという町にあるお二人の家を訪問し、本日居候。

手作り夕飯をごちそうになって、ドイツビールを飲みながら、夜遅くまで語っちゃった。

そんな楽しいドイツ居候生活は、今日だけ・・・ええ、なんだか忙しいタイミングに来ちゃったみたいで。それにしても、この忙しい感じとか、もてなしの気の使い方とか・・・ドイツ人って、日本人と似てるなぁって改めて思っちゃいました、ハイ。

2012.10.27 Sat l ドイツ l コメント (0) l top
IMG_4869.jpg

本日ドイツへ入国。
ドイツといえば・・・
オイラの相棒のファニーバニーは
メイド・イン・ジャーマニー。
そう、相棒の生まれ故郷のある国なのですよ。

IMG_4875.jpg

そんな国に入ったら、
一番初めに生まれ故郷を訪れるのが礼儀でしょ、
ということで、
ドイツ初日に、
ダルムシュタットにある
ファニーバニーを作った会社
<ライズ・アンド・ミューラー>の本社訪問。
(ちなみに12月に別な場所に本社移転をするらしい)

メールでコンタクトをとっていた
スピンドラーさんに「はじめまして」とお会いして、
まずは、社内見学。
皆さん、趣味でやっているでしょ、
って思っちゃうほど楽しげな職場を見せてもらったら、
オイラもここで働きたくなっちゃった。

っていうか、
日本に帰ったら、
オイラの理想とする
新しいチャリを作るメーカーを立ち上げるっていうのが面白そうだぞ、
なんて夢想が広がっちゃったのですが・・・

それはさておき、
長旅疲れの相棒の状態をちゃんと見てもらうことになりまして。

なんてったって、4年走りっぱなしですから。
ひょっとしたら、
「もう寿命だから・・・買い換えないといけないよ」
なんて言われるかも、なんて心配もしていたのですが・・・
「いくつかのパーツを替えればまだ大丈夫」
とのこと。
うんうん、相棒のことを一番よく分かっている人たちに、
そう太鼓判を押してもらえて、ホッとした。

IMG_4931.jpg

で、BD-1マスターのコヒナさんに相棒を預けたんですが・・・
思っていた以上の大分解作業が始まった。

IMG_4934.jpg

交換しなきゃいけないパーツ以上に、
サービスで、新しいパーツを付け替えてくれちゃいまして。

IMG_4992.jpg
前輪後輪リム&タイヤ交換

IMG_4994.jpg
ブレーキ部分全交換&シフトワイヤーとチェーンリング交換

IMG_4991.jpg
チェーン交換&前ギア交換

IMG_4990.jpg
前サスペンションバネ交換

IMG_4987.jpg
前フレームヘッドパーツ部交換

IMG_4989.jpg

こんだけ替えてもらったら、
なんだか、相棒が生まれ変わったみたいになっちゃったよ。

2012.10.25 Thu l ドイツ l コメント (6) l top
ウガなか
お元気そうで何よりです!!!
職人・マイスターの国ですね。すごく丁寧にメンテしてくれて、自分の作品に愛をこめているんでしょう。これからも長く乗ってくださいBD-1!!!


チャリヨシ
ウガなかさん、どうも!元気ですよ~
自転車工場見学、すげぇ楽しかったです。
職人の国ドイツを堪能させてもらいました。
モノを作るってやっぱり、素晴らしいことですねぇ。
相棒もしっかりメンテしてもらえて、すこぶる快調です。


rikiya
いつの間にかEUですか。4ヶ月くらいネット断ちしてたので、全然知らんかったです。というか、チャリメーカー立ち上げいいですね。ワクワクしますね。ちなみに、断っている間は釧路でカヌーガイドしてました。なんか、季節労働者の道をしばらく進みそうな気配がしてる今日この頃です。


チャリヨシ
rikiyaくん、
そうそう、EUもあっという間に二ヶ月経っちゃったんですよ。
世界を巡っていると、思いつきでやりたいことが浮かぶんだけど・・・実現はどうなるやらって感じです。
カヌーガイド、いいっすね。アウトドア仕事だと、自分も楽しみながら働けそう。いや、やっぱり仕事だから、大変か。


jumbo
おー いつのまにドイツに。一度は本社に行ってみたいです
後、マスターにみてもらえたなんていいですね 調子も良さそうだし!
わたしも自転車部品の販売をしているので、ちゃりよしさんの
チャリメーカーワクワクしますよ。


チャリヨシ
Jumboさん、
ええ、駆け足でしたが、堪能してきました、ドイツ。
やりたかったこと全てやれて、大満足のドイツでした。
R&Mの本社、ぜひいつの日か行ってください。
活気溢れる素敵な会社でしたよ。
業績がいいみたいで、今の場所が手狭になってきて、
近々、もっと大きな場所に引っ越すそうです。

チャリメーカー話・・・どうなることか分かりませんが、
もし、立ち上げた際には、ぜひごひいきに!


IMG_4567.jpg

凱旋門が、予想以上にかっこよく、
シャンゼリゼ通りで、行きかう人たちを見ながら、フランスって多民族国家だなぁって思って、
セーヌ川沿いが、なんだか雰囲気よくて、
ル・コルビジェの建物が、やっぱり素敵で、
エッフェル塔は、まぁ予想通りで、
ヴェルサイユ宮殿が、想像以上にばかばかしいくらい豪華で、
アラブ世界研究所というお勧めの穴場スポットを発見し、
フランスの地下鉄車内にカラオケセットを持ち込んでシャンソンを歌っている夫婦に大笑いし、
映画<アメリ>のロケ地巡りをしてたら、映画テンションが上がってきたので、
映画の殿堂シネマテーク・フランセーズに行ったら定休日で閉まってて、
日本人街といわれている地区にあるジュンク堂で、
伊坂幸太郎の<ゴールデンスランバー>の文庫本を発見したのだが、高くて買わず、
フランス料理はソースが決め手だということを今更ながら発見し、
フランスのお菓子は日本で食べれるものばかりだなぁ、と思いながら、クイニーアマンやエクレアをほおばり、
モロッコで出会っていたチーズ屋のユキさんと宿で偶然再会し、フランスチーズについて、いろいろ教えていただき、
泊まっている宿の朝食に納豆が出てきて感動

というパリ生活を送っております。

2012.10.24 Wed l フランス l コメント (0) l top
IMG_4022.jpg

猛烈に来てみたかったけど、
特にこれといってやりたいことがあるわけではない、
そんなパリに本日到着。

さて・・・と、どうしよっかな。

2012.10.20 Sat l フランス l コメント (0) l top
IMG_3702.jpg

行って来ましたモン・サン・ミッシェル。

ノルマンディーとブルターニュの境の海岸に浮かぶ一つの島。
島全体が、修道院の建物で覆われ、
まるで神の地であるかのような、
独特の神秘的な雰囲気で存在するこの島。

フランスで一番行きたかった場所だったんですよ。

しかし、しかしですね、とはいっても、
濃ゆいボルドーでの居候滞在の後だったんで、
正直あんまり観光って気分にもなれず・・・
まぁ、一番行きたかった場所だし、行かなきゃ、
くらいのモチベーションで向かったんです。

が、やっぱり<来たい>と思わせた魅力は只者ではなかった。

チャリで向かっている途中、
ぼんやりと遠くに見えてきた瞬間から
テンション上がりまくり。

かっこよすぎます、このフォルム。
実物は、そりゃもう、半端ない神々しさを放出しまくり。

2012.10.18 Thu l フランス l コメント (0) l top
IMG_3600.jpg

あの盗難は、
荷物を軽くせい、という
ファニーバニーの叫びから起こったものだと
思うことにしたオイラ、

高い授業料を払っちゃったからね、
あれで学んだことから、何かを変えなきゃ
ただの盗られ損。

ということで、
これまでの<荷物が重くてもがんばっている>スタイルを脱ぎ捨て、
これからは<軽量荷物で軽やかに>スタイルに路線変更する決心をしまして。

大事なジャンベも、
西アフリカ好きで、音楽好きのステファンにだったら託せる、と
ステファン宅に寄贈したりして、
フル装備のファニーバニーを担ぎ上げられるくらいに
荷物を減らしたんです。

そんな新生ファニーバニーで、
結局1週間もお世話になっちゃった
ステファン&キャロリン宅を出発。

IMG_2941-2.jpg

ステファン&キャロリン、
ホントにいろいろありがと~
二人が温かく迎えてくれ、
友達交えて飲みに連れまわしてくれたり、
一緒にロックセッションをしたり、
ビールとソシスンをおつまみに西アフリカについて熱く語ったり、
ワインを飲みながら映画<プロメテウス>を一緒に見たり、
猫のボビーに邪魔されながら、卓球熱戦を繰り広げたり、
ホント、毎日が楽しかった。
おかげで、あの事件の後に心に刺さっていた嫌な想いが、
どこかに、ふっとんじゃった。

さて、ということで、
二人のおかげで印象度急上昇中のフランス旅移動を再開。
荷物が軽いと心も軽い。

電車に乗るのも、
宿にチェックインするのも
これまでとは比べ物にならないくらい楽々。

う~ん、なんだか、違うチャリ旅が始まったみたい。
チャリヨシさん旅、新章の始まりってことかな。
これからのオイラの旅は、一味変わりまっせ~

2012.10.17 Wed l フランス l コメント (0) l top
IMG_3291.jpg

今日は夜、ステファンの友人が
ステファン宅にやってくるというので・・・
ここは、お世話になっているお礼のしどころだと思い、
みなさんに餃子を振舞うことにしたのですよ。

なんたって、フランスは日本食ブームっすから。

で、久々に作って振舞った
この餃子が大好評で。

IMG_3296.jpg

ふふふ、ボルドーでギョーザ・バーを開いたら
絶対成功するよって言われたりして。

今、寿司がブームですが、
次は、きっと餃子ブームが来ますよ、フランス。
ようし、火付け役になってみるとするか!?

2012.10.14 Sun l フランス l コメント (4) l top
たえか
よしさん料理上手だからな〜!料理って、旅してて役立つ特技トップクラスですよね!
今日トミーと鎌倉のお祭りで太鼓叩きました^^楽しかったですよ〜〜!!!


Rスズキ
いま、東南アジア中心に活動してます。

トルコ、カタールはギリギリ、エリア飛び出てるんですよね。。。今回はタマタマです。
欧州は別の担当がいるんです。
今はどこも安値のバナナのたたき売り状態。血の海レッドオーシャンです。(悲)
ただ、チャンスがあればまず行って話を聞いてこないと、
何も分かっていないのは相変わらずですから。

もう少し東よりにくるまで待つしかないのかしら。。。(× ×)
トルコは今週いっぱいで、帰国します。
そうですね、ぜひどっかで会いたいです。。。もう4年くらい経つんですよね。

ちなみに餃子って、日本食?
南町田の牛角でマーケティング談議したのが懐かしい。


チャリヨシ
たえかさん、
そうそう、特に「これは自信をもって食べてもらえる」っていう料理を一つ二つもっていると最強ですよ。食べるって万国共通ですからね。喜んでもらう方法として、一番てっとりばやい。

で、トミーと太鼓たたき。うらやましいぃ。
なにげに、鎌倉ってところが、またさらにうらやまし感を煽ります。
僕が帰る頃に、またやってくれると嬉しいなっ


チャリヨシ
Rスズキさん、
そうかぁ、東南アジア中心なのか。
東南アジアならたぶん二年後くらいですよ。
もうちょいお待ちを。

営業やマーケティングって
やっぱり現地のことを知らないと始まらないですからね。
世界を旅してホントそれは実感します。
しかも、ある程度長期間中に入らないと見えてこない面が多々あるし。
いやぁ、あの頃はまだ青かった。
今、僕にマーケッターをやらせると、きっといい結果だしまっせ(笑)

ちなみに餃子は、もちろん日本流の焼き餃子です。
「日本のブランドだと聞いてユニクロで服を買ったのに(フランスにはユニクロ店あり)、なんで、メイドイン・チャイナなんだよ!」っていう愚痴を聞かされるお国柄ですから、フランス。
水餃子ではなく、ちゃんと焼き餃子で。
あ、でも白菜とかニラが手に入らなかったから、
正確に言えば、なんちゃって日本流餃子ではあるんですけど。


IMG_3180.jpg

あ~、すっかり酔っぱらってます。
ステファンとキャロラインに誘われて
「金曜日の夜は毎週ここで友達と飲むから」
って場所に連れられていったんですけど・・・

いやぁ、濃い夜でした。

IMG_3176.jpg

ちょうど今日、日本対フランスのサッカーの試合があって、
飲んでたバーで見ていた大スクリーンで、
香川がゴールを決めちゃって、
完全アウィエな中、オイラだけがはしゃいじゃって。
どうなることかと思いきや、
意外と、皆さん、日本が勝ったことを喜んでくれたりして。

さて、日本ではクラブでVJとかやった経験もあるオイラですが、
イマイチ、踊る楽しさって分からなかったんですよ。
旅の途中でも、何度も踊る機会はあったんですが、
<踊る楽しさ>は分からないまま流れで踊らされてるばかりで・・・

そんなオイラが、
今晩は二次会で寄った音楽がガンガンに流れる店で、
めっちゃ踊るのを楽しく感じて踊り狂っちゃいまして。

IMG_3190.jpg

セネガルでのダンス修行が実を結んだのか、
落ち込んだ心を癒すためだったのか、
素敵な人たちとの出会いがそうさせたのか、
店の音楽のチョイスがよかったのか、
お酒の勢いがあったのか、
オイラを挑発してくれた女の子がかわいかったからなのか、
理由はよくわかりませんが、
とにかく楽しく踊っちゃったんですよ。

まさかフランスで、
しかもこの歳になって、
クラブバーで踊るのを楽しく感じる体験をすることになるとは・・・

2012.10.13 Sat l フランス l コメント (2) l top
Rスズキ
いつも、お久しぶりの書き込みで恐縮です。
Rスズキです。

ヨーロッパに突入して、なんだか楽しくやってるなぁーと思っておりました。今はフランスとのこと。ちょっと合わせて、先日のIBC@オランダに来てくれればよかったのにぃ~。。。

さて、今、私は仕事でトルコに来てます。
先週はカタールのドーハにいました。中々世知辛い営業生活を続けていて、新規開拓に走ってますが、出張はまだ行かせてくれている状況であります。

ちょっと、ヨーロッパの端っこに来たので、カキコしてみました。全然、場所違うですけどぉー。
どっかでニヤミスしないかなぁと思ってるのですが。。。

とにかく、元気そうでなによりです!




チャリヨシ
R.スズキさん、
お久しぶり~

そうか、IBCが近かったか・・・
でも、IBC絡みでアムステルダムは何度か行かせてもらったから
今回の旅ではオランダは行かないつもりだったんですよ。
そして、今トルコとは・・・
トルコ、脈ありそうなんですか?
新規開拓営業は大変そうですね、このご時世。

トルコに半年くらい居てくれたら、
ひょっとしたら、行けるかも?
それより、ドイツ、イタリアには営業活動しないんですか?
ドイツ、イタリアならすぐに行きますよ~
ニアミスっていうか、ぜひ会いましょうよ。


IMG_2937.jpg

2009年10月29日の日記を読み返してみてくだせい。そこにフランス人チャリダー、ステファンとの出会いが書かれているんですが・・・そのステファンと昨日再会。ボルドーにあるステファン宅を訪問して、しばしお世話になることに。

stephan.jpg
↑3年前のステファン

いやぁ、クスコ周辺の道で偶然出会って、昼飯を一緒に食べただけの出会いだったんですけどねぇ・・・しかも、3年前に。ま、例え短い時間でも、気が合う人とは、繋がるものなのですな。

バイヨンヌでの盗難事件は、あまりステファンに気を使わせたくなかったから、一応カバンが盗られたことは話したんだけど、ま、中身は大したものは入ってなかったからさ、と、軽めな話題でトーク。

それなのに、「じゃぁ、カバンがなくて困っているだろ。オルトリーブのバック、使ってないのがあるからあげるよ」と、ステファン。

結局気を使わせちゃってるじゃん。
それにしても、このさりげない優しさ・・・

そして、ステファンの奥さんのキャロラインお手製の
チーズを上手に使ったザッツ・フレンチな料理も美味しくいただきまして。
もちろん、ボルドーワインと一緒にね。

ああ、落ち込んでいた心が癒されるよ。

ということで、
今度はフランスで、しばしの間、居候生活に突入。

2012.10.11 Thu l フランス l コメント (6) l top
さとし☆あさみ
えぇ!!盗難ですか!!
ヨーロッパはスリや盗難が多いのですが「チャリダーの人の物は取らないで欲しい!!」と切に願っていたのですが・・・
しかしその後同じ国で優しい人に再会できたようでよかったです。
今後、必要なものを買い揃える必要あると思いますが、ドイツのGlobetrotterのアウトレットの店(フランクフルトにはありました)などは格安で好いものが手に入る上、クロアチアなどシェンゲン国以外に出ればTaxリファウンドで15%ほど変換があるので購入した際、リファウンド申請用紙(レシート?)をもらうようにしてください。

北欧は流石にやめたのですね、僕らも最近2000m程の高度を走っていて今後の寒さをかなり考えさせられています・・・

お互い気をつけて楽しい旅をしましょう。



チャリヨシ
さとし☆あさみのお二人さん、
ええ、まさかのマジ盗難に・・・
ヨーロッパの洗礼を受けちゃいましたよぉ(涙)
フランスちくしょーって、その時には思ったんですけど、
直後にステファン宅にお邪魔させてもらって
いいフランスを見せてもらえているので、
フランス嫌いにはならずにすみそうです。

で、実はお金と薬以外は<あったほうがいいもの>
ばかりを盗られたんで、とりあえず、旅はなんとななってます。
あ~、そういえば、お二人にもらったジャンパージャケットが
入っていたんですよ、あのバックには・・・申し訳ない・・・

ドイツではたぶん、フランクフルトには寄ると思うので
(僕の相棒の本社がフランクフルト近くにあるみたいなので)
Globetrotterのアウトレットの店、覗いてみます。
レシート?も失くさないようにします。

2000m登ると、もう、朝とか凍えるっしょ。
走って汗かいてもすぐ冷えちゃったりするから、
体調管理にも気をつけて~


さとし☆あさみ
ジャンバー大丈夫ですよ!!っていうかまだ持っていてくれたんですか(笑)
そこまで運んでもらえただけでジャンバーも本望だったと思います。逆にありがとうございました。
旅が続けれるようで何よりです。

ハンガリーで自転車取られた人もいるようなのでヨーロッパはまだ注意が必要そうですね。僕ら現在トルコで完全に警戒心0になっているので、気持ちを引き締めるようにします。
トルコはヨシさんの大好物の奇岩がいっぱいでお勧めです。カッパドキアはもちろんですが、北東部も鼻血物の岩壁です。ぜひトルコに訪れた際には・・・って、言っても来シーズンに来てるかも怪しいですね(笑)
お互い風邪ひかないように気をつけましょ~!!


チャリヨシ
さとし☆あさみのお二人さん、
ジャンパーは、きっと見知らぬフランス人が着て
この冬を過ごしてくれることでしょう(涙)

警戒心0はヤバイですよ。
経験上、やっぱり街が危ないですね。
田舎はそれなりに心を緩めていても大丈夫な気がします。
ずっと警戒心を上げているのも疲れるだけですから、
街に入ったら警戒心レベルを上げる、
これがコツっすかね。

ハンガリーでチャリを盗られた人もいるんすか・・・
チャリを盗られちゃったら、
リョウさんみたいに、見つかるまで粘るんですけど。
今回のように誰もが持っているオルトリーブのバックだと
探しようがなくて。
防犯カメラもない場所だったし。

トルコは楽しみにしてる国です。
ヨダレと鼻血で大変なことになりそうだ。
来シーズンには行きますよ~、トルコ。
北欧を夏の早い時期に攻め終えて、そのまま東欧を通って一気にトルコ。
って、冬が来る前にイランも越えるようルートを練っているのですが、
その先も越冬は厳しそうな地域が続くみたいで・・・
この辺のルートなかなか難しいですな。


ウガなか
盗難にあったんですか。。。

それはがっくり来てしまいますよね。長期旅行中だと基本無駄なものとか持ってないですからね。気持ち引きずると次の不幸がやってくることもあるので(俺経験あります)。
気持ちを入れ替えて、前を向いて旅をがんばって下さい。それでは。



チャリヨシ
ウガなかさん、
いやぁ、長期旅行者なんですが・・・意外となくてもいいものを持っていたりしたんですよ。
お金と薬と知り合った人からもらったものを失ったのはショックなんですが・・・
まぁ、なくなってもなんとかなっているというこの現実。
なんていうか、まぁ、ショックな出来事の後ではあるんですが、
これをいい機会にして、
身軽な旅に切り替えようという前向きな気持ちが沸いているところです。
ウガなかさんのいうように、
気持ちを引きすぎると旅が楽しくなくなっちゃったりしますからね。
まぁ、ほどほどに気を引き締めて、
引き続き、思う存分旅を楽しみたいと思いま~す。


IMG_2904.jpg

お菓子も美味しいというバイヨンヌで
ガトーバスク(チョコ味)を食べ、
外へ出て、
停めておいたファニーバニーに乗ろうと思ったら、
いつもと違う違和感。

なんと、左のリアバックがない!!!

まさかの、盗難(涙)

一応、常にファニーバニーが目に入るところで
食べていたのに・・・
お金支払いの時、目を離した隙でやられちゃったか(涙)

よりによって、
取り外しがめんどくさいリアバックを盗っていくとは・・・
そして、4つのオルトリーブバックの中で、
一番盗られたくなかったバックを盗っていくとは・・・

う~ん、とりあえず、旅に支障がある
ホントに貴重なものは入ってなかったけど、
(ということで、旅は続けれます)
いろいろ入ってて・・・(涙)
電話は使ってなかったし、
服やマットは買い換えればいいし、
思い出データの詰まったハードディスクはバックアップとっていたからいいとして、
隠し金を入れといた財布が痛かった。

IMG_2877.jpg

ああ、高くついたなぁ、ガトーバスク(涙)。

警察にも届けたけど、戻ってこないだろうなぁ。
今回ばかりは旅のラッキーは期待できそうもない予感・・・

いい人ばかりに出会っていたので、
心が緩んでいたので、油断していたのもあった。
やっぱり、そうではないんだと・・・

先進国、特に街はやっぱり危険なんだ、と。

ああ、重量が減って軽くなったペダルがモノガナシイ。

まぁ、これは、
ファニーバニーが、
増えすぎた荷物がしんどくて、なんとかして欲しいけど、
でも、このままだと絶対手放したりしないだろ、
だったら、誰かに盗ってもらうしかないな、
と、思って差し向けた刺客によるものと考えることにするか
・・・そう思うと、ちょっと前向き(涙)。

2012.10.09 Tue l フランス l コメント (6) l top
レイコ
災難でしたね・・・
私もあれからアテネでスリにあい、やっぱりヨーロッパも都会は治安が悪いんだなぁと再確認させられました。
お互い気を付けましょ~。

ドイツはやっぱりビールとウインナーが美味しいですよ☆


あんどう
うわあ、ショック。。。
この前渡したベンザは??
まあ確かに荷物多すぎだからねぇ・・・
厄落としと思って先に進もう!
イタリアいいな。行きたい。



チャリヨシ
おお、レイコさんもヨーロッパ盗難被害者の会の会員?!
僕の場合、災難っていうか、
まぁ、自分の油断が招いちゃった事件でした。
いやぁ、やっぱりヨーロッパ、都会は気をつけないといけないですね。
バイヨンヌはまだ田舎町だと思っていて・・・
それが油断でした。
お互い気を引き締めて、旅を楽しみましょうね~

フランスの後は、ドイツ。ウィンナーが超楽しみです。


チャリヨシ
あんどうさん、
実は・・・言いにくいんですが・・・
せっかく持ってきてもらったベンザも
被害にあってしまったのです。
薬類を入れていたバックだったので。
かっぱえびせんは全部食べちゃってたし、
タオルは無事だったのですが、
重要アイテムのベンザが(涙)
フランスの後、ドイツ~イタリアと進むんで、
また、持ってきてください。
イタリアで待ってます(笑)

ま、いい機会なんで、スリムアップさせます。
チャリダイエット大作戦決行です。


あんどう
ベンザ盗られちゃったんだ~
なんでかそんな気がしたんだよね。
イタリア行けたら持ってってあげるんだけどね~
誰か代わりに行ってくれるかも(?)
でも、すぐいい再会があってよかったよね。
いやな思い出だけじゃ寂しいモンね。


チャリヨシ
あんどうさん、
虫の知らせってやつですかね・・・
そんな気がしてましたか。

とりあえず、緊急用に
4ユーロの高級のど飴を買いました。
ベンザほどの効き目は期待できないですけど。

ホント、いい再会が出来てよかったですよぉ。
お世話になっているステファンに、
昨日は町のバーに連れて行ってもらっちゃって、
フランス庶民の日常を垣間見せてもらいました。
バーで、合唱の練習が行われていたりと、
なかなか興味深いフランス生活。
今はフランスの印象、急上昇中です。


IMG_2789.jpg

ピレネー走りを終え、
お得意のハイブリッドチャリ旅で
電車にファニーバニーを乗せ
やってきましたバイヨンヌ。
フランス側バスクの町です。

お目当てのボルドーに直接行っちゃっても
よかったんだけど、
時間調整とかいろいろありまして。

ま、なによりも、
大西洋側の
フランスとスペインの
バスクと呼ばれるこの地方は
ぜひとも訪れてみたかったのですよ。

なぜかって?
ここは、美食の場所と聞いたから。
食のスペイン、食のフランスの中でも、
特に美味しい飯を出す店が多い場所らしい。
食いしん坊チャリダーとしては気になるところ。
さらに、バイヨンヌは、
フランス・ショコラの発祥の地。
チョコレート好きとしては外せないっしょ。

宿を探して
入ったホステルの受付のオネエチャンが
かわいかったから、泊まることにしたこの宿で、
格安でフルコースのバスク飯が食えるということで、
堪能しました、バスク風チキン料理。
うん?バスクは海の素材の料理が得意らしいのですが・・・
まぁ、いいか
山バスクってことで。

ちなみに、スペイン側の
サン・セバスチャンっていう町が、
バスクの中でもピカイチで飯が美味いらしい。
カルロスもカルメンおばちゃんもお勧めしてたのだが・・・
美食食べ歩きってお金がかかる。
サン・セバスチャン訪問は
金を持ってスペインを再訪した時の楽しみにとっておこっと。

2012.10.08 Mon l フランス l コメント (2) l top
さとし☆あさみ
おぉ!!着々と進んでいますね。
バスク地方、スペイン側のサンセバスチャンとビルバオ(こっちのほうがコストパフォーマンスGood!!)は本当に美食でした、是非次回は楽しんでください。

トルコ北部もだいぶ寒くなってきましたが、北欧行けそうですか??(季節、シェンゲン的に)
ではでは、素敵な旅を続けてください。


チャリヨシ
さとし☆あさみのお二人さん、
うむむ、やっぱりスペイン側が本当に美食か・・・
ビルバオの方がコストパフォーマンスがいいとは、
次回のための有効な情報をどうも。
ん・・・でもそんな話を聞くと、
やっぱり今回・・・行きたくなってきちゃったなぁ・・・

北欧、たぶん、来期にします。
海岸部を走っていた時は、寒さを意識しなかったんで、
行く気満々だったんですけど、
ピレネーの山の中で、寒さを意識し始めたら、
これから北欧の寒さを体験するのはドMでしかないだろう、と。

シェンゲン的にもちょっと気持ちが焦ってきましたし。
フランスの後は、ドイツ行って、イタリア方面に南下します。
お二人が走ったルートを辿る感じかな。


IMG_2384.jpg

昨日フランスに入国しまして。
いやぁ、相変わらずピレネー山脈を彷徨っているんですが、
フランス側のピレネー道は厳しい。
スペイン側は、道の勾配が緩やかになるように
坂道が設計されていたのに、
フランス側は平気で急勾配の坂道を作ったりしてる。

ツール・ド・フランスのためなのか?

GOPR0099.jpg

ちなみに、今走っている道、
ツール・ド・フランスのコースらしいっす。
絶景続きっす。

2012.10.06 Sat l フランス l コメント (2) l top
コレ
そうなんっすか。 フランス側とスペイン側どっちが良かったっすか(ヨシさんは好きでした)??
フランス側は行ってないんで、次回だなぁ。。。



チャリヨシ
コレさん、
フランス側、スペイン側どっちもよかったっすよ。
スペイン側、コレさんも走ったVielha前の峠からの風景が、
それまで柔らかい山々続きだったのに、
峠を越えた瞬間に玄武岩のカッコイイ山々が見えてくる
っていう劇的な変化を伴う絶景だったじゃないですか。
フランス側もあんな感じ。
峠を越えたら「おおぅ!」っていう。
ま、フランス側の方が峠越えが大変だったぶん、
その絶景に対する思い入れがちょっと強くなっちゃっているから、
どちらか、と言われると、
フランス側の方が、ちょっとだけ軍配があがるかも。
いやぁ、ホント大変だったんす、フランス側。
一番キツイ峠では、天候が悪化して雨中走行になっちゃったし(涙)


IMG_1955.jpg

コレさんと奇跡の再会・・・っていうか、
コレさんがバルセロナからわざわざ
アンドラ近くの町まで来てくれまして。

おととい、
La Seu d'Urgellって町で、無事再会。

いやぁ、バイクだと半日でここまでこれちゃうんですなぁ・・・

そんなコレさんとの再会は、
一日だけではモノ足りず、
次の日、次の町へ向かうオイラに
付き合ってもらって、ペアランすることに。

って、チャリとバイクは走る速さが全然違うんですけど・・・

ともかく、楽しかった再会劇も今日で終わり。
これからオイラはピレネーの山奥へ
コレさんはバルセロナへ。

IMG_2044.jpg

ま、コレさん、また世界のどこかで会いましょ~

2012.10.03 Wed l スペイン l コメント (4) l top
たえか
やった〜〜〜奇跡の再会^0^!!コレ君も動くときは動くんですね〜〜(失礼  メットで顔分かんないけど、コレ君も元気そうで♪


バイクとペアランするよしさん凄すぎます^^;!でも、、、それなのに、2人今同じ場所にいるってこれまたある意味奇跡!


チャリヨシ
たえかさん、喜んでもらえてなによりです。
そうそう、今回、あのコレさんが動いてくれたんですよ。
わざわざ会いに来てくれるなんてねぇ。
いや、ホント、嬉しかったです。
サルバドール以来ですもんねぇ・・・ええ、ある意味奇跡的。

バイクとペアランは・・・
コレさんが合わせてくれたんです。
先で待っててくれたり、
下り坂はエンジン切ってペース合わせてくれたり。
普段とは違う走りをさせちゃったけど、
コレさんはコレさんで、
「なるほど、これが自転車旅のペースか、見える景色が違いますな」って楽しんでました。

で、メットでコレさんの顔が分からないとのことなので、
リクエストに応えて、メットを脱いだ
コレさん写真も追加しておきま~す。


コレ
> タエカちゃん
でしょ? 結構フットワーク軽かったでしょ?? やれば出来る子でしょ??? ^_^

> ヨシさん
チャリのスピードだと、普段さらっと見過ごしてた景色もまた違って見えて新鮮でした-。
でも、フル装備見たの初めてだったっけな。。。 ヨシさん、荷物多過ぎ!!!! ^^
バイクの自分より多いんだもん。。ジャンベまで。。 あれで山道も上るんだから、凄すぎっす!!
今日のVielha方面は、15%の登りもあったんで、がんばってくださいーー!!


チャリヨシ
コレさ~ん、メッセージどうも。
そして、楽しい2日間をありがと~ございました。

ピレネーの峠越え、このフル装備ではキツイっす。
荷物の重さは山道を上っている時に実感しますなぁ・・・
軽くしなくちゃなぁって考えたり考えなかったり。

で、Vielha方面の峠越え、あの時は、ツラカッタけど、
今考えると、あんまり大したことなかったかも。
フランスに入ってからのピレネー道の方が、大変すぎて。