P1420259.jpg

旅を始めた頃のオイラは、
お世話になった人たちに何も返せないでいた。

ただ優しさをいただくだけだった。

何を返せばいいのか分からなかったし、
なによりも、返すだけの何かを持っていなかった。

そんなオイラも、返せるものを身につけた。
それはカレーと餃子だ。

今回は、細見家でお礼カレー作り。

P1420245.jpg

お礼カレー
お礼餃子
時間がない時にはお礼チャイ

P1420253.jpg

これらはただ食べてもらうだけではなく、
インド流、スリランカ流、ネパール流、中国流・・・
と、オイラが学んできた各国のレシピも披露することで、
より喜ばれる。

P1420246.jpg

これが出来るようになって、
それまでちょっと心苦しさを感じていた
<人にお世話になる>ってことが、楽になった。

P1420261.jpg
今回は初めて手羽先カレーに挑戦。しかし、チキンカレーはやはり骨付きモモ肉がいいかも。手羽先だとチキン出汁があまりでなくて、アッサリ味のカレーになってしまう。まぁ、このアッサリ感、これはこれでアリなのだが。

旅人っていうベールに身を包むと、
誰しもが優しくしてくれる。
でも、その優しさに甘えているだけではダメなのだ。

ちゃんと受け取った優しさは返さないと。
いや、返すだけではなく、
そろそろ、こちらから積極的に与えられるようになるべきなのだ。

P1420266.jpg
南米のパタゴニアで出会っていたチャリダーの山口くんが、細見夫婦宅の近くに住んでいて、細見夫婦と山友達だということが判明。ということで、山口くんも招いてのお礼カレーパーティ。

そう、優しさを享受するだけの旅人はもう卒業。
だいぶ遅くなったが、
そろそろ誰かに何かを与えられる側の人間になる時がきている。

2016.08.24 Wed l 日本 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿