P1420687.jpg

野原夫婦に別れを告げ、走り始めたオイラ。
岐阜から41号線を南下して、名古屋を通過し、
国道一号線に出た瞬間、
突然、クラクラする感覚に襲われた。

あれっ、なんだこの見たことのある風景は・・・

ああ、確かにオイラはココに居たことがあるぞ、という
デジャヴを感じた。

日本に戻ってきて3週間くらい経ったが、
なんだかずっと異国にいる感覚がして、
ほとんど郷愁の想いに囚われることはなかったのに。

実は国道一号線は、
オイラが小さかった時、
買ってもらった自転車で品川まで走った時、とおった道。
なんだか、その時の感覚がかすかに戻ってきた気がした。
思えば、あれが、この旅に続いているのかもしれない、なんて思ったりもする。

当時、愛知県のこの道を走ったワケではないが、
国道一号線がもつ独特な雰囲気。
その雰囲気が、オイラの思い出の扉を開くキーとなり、
ちょっとだけ、扉を開いてくれたんだろうな、きっと。

P1420681.jpg

2016.08.30 Tue l 日本 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿