上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
IMG_6205.jpg

ああ、一人飯が寂しい・・・

さて、フラメンコ、
最初に見たパトリシアの衝撃が強すぎて、
その後に見るフラメンコが全然響かない。
まぁ、今回はパトリシアに出会えただけで
よかったとするか、と
完全に流しモードで、
一応今日もビエナル(フェス)のプログラムを
見に行ったんですが・・・

フラメンコはそんな底が浅いもんじゃねぇと、
横っ面をひっぱたかれるような、
凄い舞台が待ってました。

IMG_6139.jpg

今日見に行ったのは、
マリア・パヘス舞踏団の<UTOPIA>。
フラメンコ・バイレとして、
日本でも知られているらしい、
マリア・パヘスって人が
全てをコントロールしている舞踏団。

舞台は、フラメンコというより、
フラメンコをベースにした舞台舞踊。

緩急織り交ぜ、
リズムが支配するその舞台は、
全てが綿密に計算しつくされ、
一秒たりとも飽きさせない。

90分があっという間だった。

IMG_6177.jpg

踊り、歌、演奏、流れ、舞台装置、
全てが素晴らしかった。

オイラ的には、
途中途中に挟み込まれる
センスの良いリズムの洪水に、ウハウハ。

IMG_6183.jpg

ちなみに、この
<UTOPIA>と名づけられた公演、
あのブラジルの建築家、
オスカー・ニーマイヤーとつながりがあるとか。
うむむ、
音楽にブラジルっぽさを感じたり、
舞台装置の曲線が、
超オイラ好みだったんだけど、
やっぱりか。
いやぁ、いろいろつながっていくねぇ。

それにしても、こんなの見ちゃったら、
またフラメンコ、期待しちゃうじゃないかぁ・・・
セビージャを去れないじゃないかぁ・・・

2012.09.07 Fri l スペイン l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。