セネガルの定番食チェブジェン。セネガル版ピラフという噂もあるが、どちらかというと、炊き込みご飯に近い。魚をメインに煮野菜がたっぷり乗っており、日本人の口に合う味。そんなチェブジェンの作り方を、マリに居るセネガル人のアワ姉さんに習いまして・・・ということで、レシピを大公開。

2013-0330_1.jpg
1.魚をぶつ切りにします

2013-0330_2.jpg
2.ナス、かぼちゃ、キャッサバ、ピーマン(いわゆる日本のピーマンではなく辛いヤツ)、キャベツ、ニンジン、ゴヨ(日本ではあまり見かけない小さなウリみたいなの)といったチェブジェン料理に使う野菜を水につけておきます

2013-0330_5.jpg
3.野菜を適当な大きさに切ります

2013-0330_6.jpg
4.火をかけておいた鍋に油(ピーナッツ油)を投入

2013-0330_8.jpg
5.油の温度が上がったら、魚を入れます

2013-0330_11.jpg
6.カラリと揚げあがったら、取り出します

2013-0330_12.jpg
7.魚を取り出した鍋に、トマトペーストを投入

2013-0330_13.jpg
8.水を加えて沸騰させます(油が飛び散るので注意)

2013-0330_14.jpg
9.<ADJA>というメーカーのトマト系粉末調味料を入れます

2013-0330_40.jpg
10.調味料の成分はこんな感じ

2013-0330_19.jpg
11.鍋に揚げた魚、野菜を投入

2013-0330_9.jpg
12.玉ねぎ、にんにくを細かくする

2013-0330_22.jpg
13.鍋にすった玉ねぎとにんにくと胡椒を投入(さらに塩で味調整)

2013-0330_23.jpg
14.ローレルを投入

2013-0330_24.jpg
15.しばらく煮込みます。朝飯でも食べながらしばし待ちましょう。基本的に煮込み中の鍋はいじりません。

2013-0330_25.jpg
16.野菜が十分煮えたら、取り出します

2013-0330_27.jpg
17.汁だけ残った鍋に、さらに<ADJA>を入れます

2013-0330_29.jpg
18.取り出した野菜に、鍋の汁をちょっとかけておきます

2013-0330_28.jpg
19.ここでトゥミという不思議な食材が登場。これにも鍋の汁をちょっとかけてふやかしておきます。

2013-0330_34.jpg
20.隣で炊いていたご飯が炊き上がったら・・・

2013-0330_35.jpg
21.ご飯を鍋に投入。

2013-0330_36.jpg
22.途中、水を加えたりしながら、しばし味付けご飯として炊き込みます

2013-0330_30.jpg
23.炊き込みを待っている間に、付け合せのピーマンソースをつくります。まず、木臼に唐辛子を入れ、さらに<ADJA>を入れます

2013-0330_31.jpg
24.ビニールに入れて、野菜と一緒に煮ていたピーマン(辛いヤツ)を木臼に入れます

2013-0330_32.jpg
25.木臼ですりつぶし、鍋の汁を少しいれます

2013-0330_33.jpg
26.激辛ピーマンソースのできあがり

2013-0330_37.jpg
27.ご飯を皿に敷き詰め、その上に、魚や野菜、トゥミ、そしてピーマンソースをのせます。

2013-0330_39.jpg
28.激ウマの、セネガルの炊き込みご飯・チェブジェンのできあがり。あとは美味しく召し上がれ。

2013.04.01 Mon l セネガル l コメント (2) l top

コメント

このチャブジェをマリ滞在で何回食べたことか!
忘れません!!手渡しでフーフーされたことを。
アワさん、なつかしーーー。
ブレスレットもらったのに無くしちゃったのが悔しい日々です。
2013.05.13 Mon l Yukon. URL l 編集
Yukonさん、
アワ姉さんのチェブジェン、旨かったっすよねぇ。
僕にとっても懐かしの味です。
ちなみに、僕には、フーフー手渡し、してくれませんでしたけど(笑)
で、ブレスレットなくしちゃったんですか・・・
そうそう、Yokonさんがアワ姉さんから
ブレスレットをもらった時に撮った写真、まだ渡してなかったっすね。
ネット環境がいい所に行ったら、送りま~す。
2013.05.14 Tue l チャリヨシ. URL l 編集

コメントの投稿