上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
IMG_0293.jpg

よかったよぉ、ガーナをスルーしなくて!
西アフリカ音楽のファンなら絶対見逃せませんぜ、ガーナ音楽。

昨日、タマレのカルチャーセンターで、地元のグループがガーナの伝統音楽(太鼓&ダンス)を練習しているところを覗かせてもらいまして。

そこで繰り広げられていたのが、ドゥンドゥン(大太鼓)やトーキングドラムやジャンベやカウベルといった、これまでの西アフリカで見てきた楽器たちを使っての演奏と、それにシンクロした踊りだった。

正直、またいつもの感じでしょ、なんて思いながら、<音楽旅>の義務感から見始めたのだが・・・

太鼓の音が鳴り始めた瞬間、あっという間に、惹き込まれた。

リズムの感じ、そして踊りの動きが、これまで見てきたものとは違うものだった。

これが、ガーナのリズムか。

西アフリカのリズムは、セネガル、マリ、ブルキナで満喫したからもういいか、なんて想いがオイラの頭の中には、あったのだが、そんな想いをぶち破いてくれる光景だった。

西アフリカの音楽は深い。

そういえば、ボボでバラフォンを教えてくれたトゥグマニ師匠が言っていた。

「西アフリカのリズムを極めたい?無理無理。一生かかったって吸収しきれないくらい多様な音楽があるんだから」

2013.06.08 Sat l ガーナ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。