ナイジェリアからベルリンへ一気に飛んでくると、
カルチャーギャップを強烈に感じることができる。
何もかもが違うのだが、
一晩ベルリンで過ごしてみて、とにかく感激したのは、
ジェネレーターの音がしなくても電気が常にあるっていうことと、
蛇口をひねったら、ホットウォーターが出るということだった。

さて、昨日は、空港で出迎えてもらったカズくんと彼女に連れられ、
彼らが泊まっている宿に、オイラもチェックイン。

ちなみに、カズくんは、一人で走っているチャリダーでして。

ええ、今回、彼女は、休暇を使ってわざわざカズくんのところに会いにきてるんです。

普通、そんな貴重なお二人の時間に入り込むなんてことはしないよね、
ってお思いでしょう。
ええ、オイラもそう思ってはいたんですけど、
お二人の暖かいウェルカムな雰囲気に引き込まれ、
がっつり、貴重なお二人の時間に入り込んでしまいました。

bIMG_1238.jpg
ベルリンの壁を一緒に見に行ったし、

bIMG_1352.jpg
食事はいつも、ご一緒させてもらっちゃったし、

bIMG_1331.jpg
買い物も一緒に・・・

って、マジでお邪魔虫すぎでしょ。

そんなオイラに、
「ヨシさんに会いたかったんだから、気にしないで」
と彼女のシキホちゃんが言ってくれた一言に涙。
めっちゃ、ええ彼女じゃないですか、カズくん。

さて、金のかかるヨーロッパでは外食はキビシイ。
ということで、基本的に部屋食。
ガスコンロや電気ポットを持ってますからね、チャリダーは。
それらを駆使して、部屋で料理。
シキホちゃんが、大量の食材を持ってきてくれたおかげで、
毎回、めっちゃ豪華な日本食&中華。

bIMG_1298.jpg

しかも、毎回シキホちゃんが、見事な料理の腕をふるってくれまして。
これ以上ないってくらい、満足な食生活@ベルリン。
めっちゃ、ええ彼女じゃないですか、カズくん。

そんなシキホちゃんがポーランドに行っちゃうというので、お見送り。

bIMG_1360.jpg

その後、残されたカズくんとオイラで、ベルリン街観光。

bIMG_1408.jpg
ユダヤ人犠牲者記念館を訪れたり、

bIMG_1452.jpg
レゴランドのキリンと戯れたり、

bIMG_1460.jpg
ベルリンフィルに行ってみたり(改装工事中で中には入れなかった・・・涙)

bIMG_1406.jpg
本場のハーゲンダッツを食べたり。

そんなカズくんも、ベルリンで修理していたチャリが直ったというので、
早くも、北端の地、ノルウェーのノールカップに向かって出発。
本日、スタート地点である凱旋門まで、一緒に走って、お見送り。

bIMG_1557.jpg

え?お見送り?
オイラもノールカップに行くんじゃなかったのかって?
ええ、これから向かいますよ、ノールカップ。
じゃ、なんで一緒に出発しなかったの?チャリを修理しているの?
いや、確かに修理は必要だったんだけど、
サドル交換とかグリップ交換はあっという間に出来ちゃったんだよね。

bIMG_1312.jpg

ということで、走ろうと思えば、もう走れるんですけど、
ベルリンが思ったより、居心地よくって・・・

あ、いや、ほら、データのバックアップとかやんなきゃいけないし。
それを日本に送らなきゃいけないんで。
走り始める前にやっておかねばならないことが、もうちょっとあるんですよ、ハイ。

2013.07.18 Thu l ドイツ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿