上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
やっぱり、ヨーロッパに入ると日記を書いている暇がない・・・
ということで、前回同様、ブログの方で、
ちょっと詳細に近況報告を書いていくことにしよう。

IMG_1845.jpg

7/20にベルリン出発。北欧へ向かうべく、ドイツ道を北上。

IMG_1904.jpg

グリップを新しくL字グリップに換え、
サドルも新しいものに換え、
走りが快調になるはずだったのだが・・・
ベルリンで古くなったモノを相当捨ててきたのに、
新たに購入したモノがそれを上回る量だったため、
チャリの荷物の重量が明らかに増えていて、
スポーク折れが連発。

IMG_2132.jpg

う~ん、やっぱり軽くしないと、いかんな・・・
しかし、これ以上捨てるものがないのが困ったもんだ。

さてさて、5時くらいから明るくなり始め、
21時でもまだ明るい夏のドイツ北部。
太陽が昇っている間は走らなきゃという習性があるチャリダーとしては、
とにかく、一日何時間走っているんだ?
っていうくらい走ることになるのですよ。

が、ドイツは郊外に出たらひたすら麦畑が広がる田舎道となりまして。
ただ走っているだけではつまらない。

IMG_1898.jpg

ということで、ちょくちょく寄り道。

IMG_1999.jpg
小さな村でバイキングをモチーフにした夏のフェスティバルがあるという看板を見つけて訪れてみたり、

IMG_2317.jpg
イチゴ畑のいい匂いに誘われてイチゴ狩りをしてみたり。

なるほど、日が長いと、心に余裕が生まれるもんなんだな。
ヨーロピアンたちの余裕ある生活の基がわかったような気がする。

そんなドイツでは、素敵な出会いが。
ラーゲという町の近くを走っていたら、
目の前の家の中庭から、ちょいちょいと、手招きする男性がいたんです。
なんでしょう?と近づいてみると、
「ちょうど子供たちとチェリーを取ってきたところでさ。食べる?」
というお誘い。
それはぜひ、と採れたてのチェリーをいただきながら、
旅話をしていたら、
「今日泊まるところは決まっているのか?なんならウチの庭にテントを張ってもいいぞ」
ってな話になりまして。
お言葉に甘えて、庭で一泊させてもらうことに。
このグンダーさん一家、とにかく子沢山。
5人の女の子と4人の男の子という大家族。

IMG_2184.jpg

一人増えても変わらないから、
というこれまた優しいお誘いで
夕飯もご一緒させてもらうことになったのですが、
クリスチャンなグンダーさん一家は、
食事の前に、神にお祈りをする。
で、この時、グンダーさんがピアノで伴奏しながら、
家族全員で賛美歌を歌ったりするんですよ。

IMG_2196.jpg

生活に普通に音楽があるっていうのがめっちゃ素敵で。

そんな、グンダーさんご一家では、
ただいま生後数ヶ月という赤ちゃんがいまして。
奥さんは、赤ちゃんの世話で手一杯。
ということで、残りの8人の子供たちの世話を
グンダーさんが一人でやっている状況。

そりゃ、グンダーさんも大変でしょ、
ここでのお礼は、子供たちの遊び相手をして、
グンダーさんが休めるひと時を提供しようと思いまして。

タャラララッタラ~♪と、
ドラえもんのポケットさながら、
取り出したるは、バラフォン。

IMG_2207.jpg

この珍しくも素敵な音色は、
子供たちの心をつかむのに最適なのですよ。
こうしてまんまと子供心を掴んだのはいいんですが・・・
その後、かまわれまくりの状況になり、ちとまいった。
生意気盛りで、元気すぎ・・・
お兄さんは一日チャリで走って疲れているんですケド。

IMG_2217.jpg

で、庭のシャワーを浴びる時間になり、
やっと子供たちから開放されると思って、
シャワーから見えないところへ退避。
屋外シャワー、テントからは、
浴びているところ丸見えなんで、
年頃の女の子達だしってことで、
気を利かせて隠れてたのに・・・

IMG_2221.jpg

シャワーの途中、オイラを探しにやって来たマリッサちゃんたち。
お~い、素っ裸だぞ、全部見えてるぞ、君達。

う~ん、バーデンバーデンでも開けっぴろげだったし、
ドイツっ子は裸を見られるってことに、抵抗がないのかい?

2013.07.24 Wed l ドイツ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。