上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
新聞にオイラの旅話が載った当日、
宿に遊びに来た一人のおじさんが「お、キミは新聞の!」
と、声をかけてくれまして。

IMG_5570.jpg

そのおじさんの名はチェルさん。
なんだかオイラのことを気に入ってくれ、
今日、氷河を見に行かないか?と、誘ってくれた。

珍しく晴天が続いているのに、
チャリで走れないもどかしさでウズウズしていたところだったので、
そりゃもう、嬉しくって、
ぜひぜひ、連れて行ってください、と即返事。

ということで、チェルおじさんの友人が出してくれた車に便乗。
ノルウェーで二番目にデカイ氷河だという
スヴァルティセン氷河へ。

ちなみに、ノルウェーで一番デカイ氷河はヨステダール氷河(ヨーロッパ最大らしい)。
ブログには書いてませんでしたケド、オイラは、その支流であるブリクスダル氷河には、近くまで行ってきたんですよ。
が、あいにく、その時の天候が最悪で。
土砂降りの中での氷河鑑賞だったんで、まったく楽しめず・・・

IMG_2088.jpg

今回はそのリベンジも兼ねての氷河攻め。

さてさて、車を降りた後、船で湖を渡り・・・

IMG_5627.jpg

降りたところから、トレッキング開始。
大昔にはココまで氷河が流れていたという大地は、
氷河跡特有の、えぐられ感満載の大地だった。

IMG_5703.jpg

奇岩フェチのオイラは、
まず、この氷河跡大地に大興奮。

IMG_5825.jpg

そして、目の前に、ドドーンと現れた氷河。

IMG_5759.jpg

太陽光に照らされた氷河の内側は、
<氷河ブルー>という独特の蒼色に染まる。
この蒼色はホント神秘的で、
見ていると心が吸い込まれそうな感覚に陥ってしまう。

IMG_5792.jpg

GOPR1221.jpg

氷河はパタゴニアで堪能しつくしたって思っていたんだけど、
久々の氷河はやっぱり、心をワクワクさせてくれた。

そんな氷河の前で記念撮影。

IMG_5789.jpg

ノルウェーの素晴らしい景色は、チャリで堪能してばかりだったけど、
歩いて見るノルウェーネイチャーも、また格別だよ。
チェルおじさんたち、ホント、誘ってくれてありがと~。
いやぁ、それにしても、新聞に載ったことから、
こんなに楽しいコトに展開するなんて・・・
新聞効果、恐るべし。

さて、その帰り道、
「たくさん歩いたからお腹空いたな」
という話になり、レストランに入ることに。
が、物価が鬼高いノルウェーのレストランで食事なんて、
とてもじゃないが、出来るもんじゃない。
どうしよう、オイラだけ食べないです、なんてのも、雰囲気崩すし・・・
なんて勝手に心配してたら、
チェルおじさんが、払ってくれちゃった。

IMG_5845.jpg

ちなみに、これが、今日の昼飯のハンバーグプレート。
日本のファミレスのハンバーグ定食の方がはるかに美味い味なのに、
一皿日本円にして2,500円・・・って、高過ぎだよ・・・

2013.08.25 Sun l ノルウェー l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。