IMG_0671.jpg

本日、あのアウシュビッツを訪問。
第二次世界大戦中に、
ユダヤ人を大量虐殺したこの施設は、
もともとポーランド人を収容するために作られたものだったとか。

ポーランドの穏やかな田舎に、
今は静かに存在するココで、
凄惨なことが行われていたという事実が
最初はピンとこなかった。

が・・・

IMG_0730.jpg

収容者から没収したというおびただしい数の靴や、
山のように積まれた刈られた髪の毛(写真撮影禁止)、
などの<モノ>が、
あの事実は事実だったんだということを分からせてくれた。

IMG_0723.jpg

写真や情報ではなく、
<モノ>が語る事実。

リアルだ。

ココは、訪れてこそ、実感が沸く。
二十世紀最大の悲劇は、確かにこの地で行われていたのだ。

IMG_0881.jpg

2013.10.07 Mon l ポーランド l コメント (2) l top

コメント

20年くらい前になりますが、私もアウシュビッツ行きました。
冬の寒い日に、ほとんど誰もいなくて、一人で歩いて正直怖かったのを思い出します。モノが語る真実の重さ、ほんの少しわかる気がします。

クラクフですか?
2013.10.09 Wed l あべ@横須賀. URL l 編集
あべさんも、アウシュビッツ行きましたか!
しかも、20年前とは・・・
ま、ここは何も変わっていないと思います。
それにしても、あべさんの時には、誰も居なかったんですか?
僕が行った時は、人だらけでしたよ。
あまりにも人が多すぎて興ざめするくらい。
しかも、天気がよくてぽかぽか陽気だったから、
なんかほのぼのとしてて・・・
ここに展示してある<モノ>を見なかったら、
う~ん、これがアウシュビッツ???って思ってしまったかも。

クラクフは昨日の朝、出発しました。
今は、ウクライナに向かう道を走ってます。
2013.10.10 Thu l チャリヨシ. URL l 編集

コメントの投稿