IMG_1790.jpg

本日、モルドバ入国。
ウクライナに引き続き、
っていうかウクライナ以上に、
モルドバってどこやねん
ってなくらい知名度がないであろう東欧の国、モルドバ。
どうやら、ヨーロッパ最貧国らしい。
しかし、国境のモニュメントは立派だし、
町のスーパーも、ウクライナよりちゃんとしていたりする。
ホントに最貧国なのかいな?

さてさて、モルドバに入ってアルファベット表記に戻ってちょっとホッとした。
ウクライナはキリル文字表記で、ホント全然読めなくて困ってたんですよ。
しゃべり言葉が通じないってのはしょうがないとして、
文字まで読めないってのはかなりシンドイ。
特に困ったのは飯の時。
選択肢がないアフリカなら、
言葉が通じなくても、あるものを出してもらうしかないんだけど、
選択肢があるヨーロッパでは、
何を食べたいか伝えなきゃいけない。
が、聞いても分かんないし、
メニューを見ても分かんない。
しょうがないから、適当に頼むしかなくて、
頼んだ結果、アイスクリームが出てきたりして。

IMG_1596.jpg

腹ペコなのに・・・(涙)

そんなウクライナでは、
とりあえず、頼み方を覚えたボルシチばかり食べてました。
ちなみに、ロシア料理として有名なボルシチ、
実はウクライナが発祥らしいです、ハイ。

IMG_1697_2013102103263023a.jpg

しかし、まぁ、言葉が通じないながらも、
いろいろ素敵な出会いはありまして。

「キャン・ユー・スピーク・イングリッシュ?」
って聞いてくれたのに、結局それしか英語で話してくれなかった
宿のお兄ちゃんや、

IMG_1684.jpg

走っていたら「ビール飲むか?」とおじさんに声かけられ、
「いや、走り中なんで」と断ったら、
「だったら、コーラを出してきてあげるわ」
と、コーラをおごってくれたおばちゃん。

IMG_1768-s.jpg

そうそう、リヴィフの宿では、
混乱のシリアから逃れてきたというヨセフさんとマリアさんに会ったっけ。

IMG_1501.jpg

結局その国が好きになるかどうかってのは、
こういう素敵な出会いがあったかどうかってことかどうかってことなんだよね。

残念ながら、ウクライナ美女と知り合いになることは出来なかった(涙)
それが心残り・・・
モルドバも美女だらけらしいから、今度こそ・・・

今日の宿に案内してくれた地元のお兄ちゃんが
「モルドバはなにもないけど、モルドバの女の子は素敵だぜ。
キミが素敵な女の子と出会って、モルドバのことを好きになってくれるのを願っているよ」
って言ってたからな。

2013.10.20 Sun l モルドバ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿