例の事件の最中、応援や励ましをしてくれてたのは、ブダペストの人たちだけではなく・・・ハンガリー中の人たちからメッセージをいただいていた。

その中で、ケストヘイというバラトン湖沿いの町にお住まいのサライ美奈さんという方から、もしバラトン湖に来ることがあるのなら、ウチによってみてくださいな、というありがたいお誘いを受けていたオイラ。

せっかくつながったご縁ですから、ここは大事につなげとなきゃと、お言葉に甘えて、バラトン湖まで遊びにいくことに。

ちなみに、バラトン湖って、ブダペストからは結構近い。

自転車で行けるよ、と、トミが言うので、試運転がてら、相棒チャリをフル装備にして行くことにしたのだが・・・久々の自転車だし、さすがに、全行程はキツイと思い、ブダペストからバラトンフレッドという町まで、電車で行き、そこからバラトン湖沿いを自転車で走って、ケストヘイまで行くことに。

IMG_5277.jpg
↑ちょっとだけ雰囲気が変わった相棒

ワープまでしたんだから、楽勝でしょ、と思ってたのだが・・・久々の自転車走りってことで、勘がすっかり狂ってた。地図で見たら近そうに見えたので、余裕をかましていたのに、バラトンフレッドからケストヘイまでは、なんと70km近くもあったのだ。そのことに途中で気付いた時にはもう遅かった。午後から走り始めて、今の日の短いヨーロッパで、日があるうちに70km走りきるのは無理。美奈さん宅に到着する頃には、すっかり日が暮れてしまってた。

IMG_5378.jpg

久々の暗闇走りとなったのだが・・・ふ~、ブダペスト・バイク・マフィアの皆さんからプレゼントしてもらったライトを持ってきて助かった。早速役に立ったよ。

さて、到着した美奈さん宅では・・・美奈さんと、ハンガリー人の旦那さんであるチャバさん、息子のフウタくん、コウタくん、シュウタくんに暖かく迎えていただきまして。

IMG_0003_2014021700031259f.jpg

チャバさんも、子供たちも、日本語が通じるから、楽。
到着そうそう、すっかりくつろがせてもらってます。

そんな美奈さん宅で、オイラが音楽好きだという話をしたら・・・お隣の家のアンディさんがケストヘイの太鼓チームに参加してて、しかも明日練習があるから、連れて行ってもらったら、という話になりまして。

いやぁ、人と人とのつながりって、ホント、面白い。
これぞ、旅の醍醐味。

ということで、翌日、アンディさんに連れられて、飛び入り参加させてもらった、ハンガリーのブラジルサンバグループ<Boombatuncada>の演奏。

IMG_5418.jpg

IMG_5425.jpg

ヘピとアゴゴを叩かせてもらって・・・いやぁ、楽しかった。ブラジルのサルバドールでの熱き日々を思い出しちゃったよ。そして、音楽は言葉がいらずとも、心が通じる稀有なコミュニケーションツール。旅はやっぱり音楽ですわ。

IMG_5444.jpg

そして本日、チャバさんが、ケストヘイ近くにあるヘイビスという温泉に連れて行ってくれるというので、行ってみたところ・・・行ってビックリ、このヘイビス温泉、なんと、温泉湖だったんですわ。しかも、デカイ。世界第二位の大きさを誇る温泉湖ってことらしい(最大の温泉湖はニュージーランドにあるらしい。ただ、そこは入浴できないという噂)。うむむ、ここは、温泉に浸かるって雰囲気じゃないな。ただ湖で泳ぐって雰囲気。この寒空に湖って・・・寒いでしょ、と思って入ったら、案の定、水はぬるい。こりゃ耐えられんと最初は思っていたんだけど・・・チャバさんに付き合ってしばらく泳いでたら、カラダがポカポカしてきて、意外とちょうど良い感じになった。

IMG_5478.jpg

ふぃ~、やっぱり温泉はいいですわ。

そんなこんなで、楽しんでいるケストヘイ滞在。

いや・・・実は、ただ、楽しんでいるだけじゃないのですよ。
なんと、明日、美奈さんから紹介されて、ここの近くの小学校で、ハンガリーの小学生達相手に、授業中のひとコマをいただいて、オイラの旅の話をすることになっちゃいまして。

気楽にやってください、といわれているものの、なにげに、緊張しまくり・・・

ふおお、プレッシャーだ・・・
今晩、寝れるだろうか・・・

2014.02.16 Sun l ハンガリー l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿