上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
IMG_9901.jpg

セルビアへ向かう責自さんとお別れし、
オイラはバスで一気に、バラの谷にある町、カザンラクへ。

バラの谷・・・
そう、ブルガリアって実はバラで有名らしいのですよ。
地球の歩き方によると、香水などに使われるバラの香料はブルガリア産のものが世界市場の7割を占めているとのこと。
そのブルガリア産のバラのほとんどをつくっているのが、ここバラの谷。

そして、来月初めにバラ祭りが行われるほど、ただ今ちょうどバラのシーズン。
(ちなみにそのバラ祭りは、ブルガリア最大のお祭りらしい)
ということで、さぞかしバラが咲き乱れているんだろうなぁ、と
期待して来てみたのだが・・・
かろうじて、カザンラクの駅の周囲に黄色のバラが咲いていたくらいで、
全然バラを見かけない。
どうやら、香水用のバラは近郊の畑で栽培されているから、
町一面にバラが、っていうものではないらしい。
だとしたら、チャリで走ったら咲き乱れるバラ風景を見かけることができるのかな?
う~ん、でも、同じ道を走ってきた責自さんは、バラなんて全然見かけなかったよ、と言ってたのだが。

まぁ、でも、オイラ自身、それほどバラに興味があるわけでもないんだよなぁ。
とりあえず、
町にあったHouse of Roseというバラ専門店で、
バラのリキュールとか飲ませてもらったり、
バラのゼリーを試食させてもらったりしたし、
ちょうど手持ちの石鹸が無くなりかけてたから
バラパフュームの石鹸を新たに買ったり出来たので、
バラ気分はなんとなく満たされたかな。

(追記)
IMG_9951.jpg
カザンラクから走っている途中、Tulovoという町の道脇でバラ農園を発見。
無事、咲いているバラに遭遇することができやした。

2014.05.20 Tue l ブルガリア l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。