GOPR3052.jpg

南米旅時代にコロンビア、エクアドル、ブラジルと3回も偶然に出会いが続き、不思議と縁があった旅人エリコちゃん。

その後、アフリカでニアミスがあったものの、会えないまま、エリコちゃんの世界旅が終了。
次に会うのは僕が日本に戻ってからかと思っていたのだが・・・

「ヨシさん、ひょっとしてイスタンブールなんですか?」
と、エリコちゃんから突然連絡が入った。

なんでも、ブルガリアのバラ祭りに行くため、
イスタンブールでトランジットするとのこと。

おお、じゃぁ、イスタンブールで会えるじゃん!!

ということで、エリコちゃんと4年ぶりの再会。
4年半の世界旅を終え、日本に戻って落着いているかと思いきや、
「まだまだ旅は辞められませんよ」
と、フットワーク軽く世界をまた駆け巡り始めた彼女。

IMG_0676.jpg

そんな彼女を見ていると、
旅って終わりがないんだなぁ、ってつくづく思わされる。

さてさて、そんなエリコちゃんから、嬉しいお土産が。

IMG_0705.jpg

その中身は・・・シュバルベのタイヤ。

IMG_0846.jpg

は?タイヤ?
女の子にタイヤなんて運んでもらうか?

・・・ええ、
いやぁ、オイラも頼もうか頼むのやめようか一応悩んだんですけどね。
18インチで普通のタイヤと比べれば小さいし、
って感じで、恐る恐る探りをいれたら、
喜んで持って行きますよ、なんて言ってくれたので、つい。

いやぁ、でも、受け取ったらやっぱりデカかった・・・
まぁ、エリコちゃんだから頼めたんです。

タイヤなんて買えばいいじゃん、
イスタンブールなら売ってるでしょ、って思うと思いますが、
実は、シュバルベのマラソンプラスの18インチタイヤ、
生産完了してしまったんですよ。
16インチ、20インチ、22インチ・・・と
他のラインナップはまだカタログに載っているのに、
18インチタイヤだけが、もはや普通のお店では入手不可能になってまして。

なので、18インチが生産完了と聞いた時点で、
すぐに、日本でお世話になっている自転車屋、
グリーンサイクルステーションの平田さんに連絡して、
日本に残っている在庫を買い占めてもらってたんです。

今回はその買占め分のうち3本を持ってきてもらうことにしまして。

いやぁ、エリコちゃん、ホント助かったよ。
これで、中央アジアまでガッツリ走れそうだ。

ちなみに、ついでに、どうしても読みたかった本、
石田ゆうすけさんの新刊
<大事なことは自転車が教えてくれた>も持ってきてもらいまして。

オイラの旅のことがバカ褒めされてて、めっちゃ感激。

さてさて、そんなエリコちゃんには、
まだまだイスタンブールに沈没していたチャリダーの伊藤くんや
ブルーモスクで偶然出会った旅人佐久間くんや、
オイラがお世話になっている料理人よしさんを交え、
イスタンブールを堪能してもらいまして。

IMG_0685.jpg

IMG_0783.jpg

・・・っていうか、ほとんどチャイ屋で、
お茶飲んで、ナルギーレ(水タバコ)を吸って
まったりおしゃべりしてただけだったんだけど(笑)

IMG_0860.jpg

IMG_0861.jpg

でも、まぁ、旅の醍醐味はやっぱり人との出会い。
今回、エリコちゃんがオイラを介して伊藤くんやよしさんとつながり、
偶然出会った佐久間くんと、意気投合して一緒に行動したり、
チャイ屋で隣に座ったおっちゃんたちに絡まれたり、
イスタンブールが嫌いなのにイスタンブールで働いているジョンくんに話しかけられたり。
うん、面白い。
一人旅とは言ってるものの、
一人で旅してるんじゃないんですわ。
そして、オイラの旅は、こういう人との出会いと助けに支えられているから続けられてる。

そんな楽しかった3日間はあっという間に過ぎ、
エリコちゃんは次の目的地、ソフィアへと飛び立っていった。

IMG_0872.jpg

さぁて、オイラも、そろそろイスタンブールを発って、
新たな出会いに向かって進むとするか!


4年半のエリコちゃんの世界旅を綴ったサイトはこちら
情熱紀行 by eriko
滞在型のディープな旅が彼女のスタイルです。

2014.06.03 Tue l トルコ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿