IMG_6145.jpg

トビリシから北に向かってロシアへ続く道がある。
グルジア軍道と言われている道だ。

元々軍事用に作られた道なので、
そんな仰々しい名前がついているが、
道としては、牛がいたるところに寝そべっている普通の道。

・・・って、いや、この道はやっぱり普通の道じゃなかったんです。

超絶景道だったんですよ。

GOPR4129.jpg

実は・・・
グルジアの後、ロシアに抜ける予定はないので、
この道を行くとしたら、
200km走ってロシアとの国境近くまで行った後、
また同じ道でトビリシに戻ってこなきゃいけない。
なので、メンドクサイから、バスでサクッと行って見るだけ見てきちゃおうか、
と、思ったりもしたのですが、
クタイシからトビリシまで乗ったバスで見事に車酔いしたオイラ。
クタイシからトビリシまでの道以上にグネグネの山道というグルジア軍道は、
バスじゃ無理だと判断し、
しょうがないので、チャリで走ってみたんですが・・・

この判断が大正解だった。

GOPR4131.jpg

途中にある2379mのジュヴァリ(十字架)峠から
カズベキというロシア国境に近い村までの
道沿いの風景が、ため息つくほど素晴らしかった。

IMG_6156.jpg

こんな風景がバスの車窓から見えたら、地団太踏んで悔しがったに違いない。
ふおお、この道は自転車で走ってよかったよぉ

・・・と言えるのは、ロシアとの国境近くの村カズベキに到着した今だから。
実は、久々の2000m級の峠越えだったので、
ジュヴァリ峠の途中では、くたびれ果てて、ダウン寸前。
なんで、自転車で来ちゃったんだろ、って
激しく後悔したりして、峠を越える前にトビリシに戻ろうか、なんて考えたりもしたりして。

まぁ、こんな感じでコロコロ変わるのが、チャリダーの心理状態(オイラだけか?)。
それでも、結局行っちゃうのは、
行けば何かがきっとある、という期待がそうさせるのか?
・・・いや、ただの意地なんだろうな、きっと。

GOPR4149.jpg

2014.07.18 Fri l グルジア l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿