上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
IMG_9180.jpg

イランではサンドイッチしか食べれないって噂を聞いていた。
肉のパテとトマトとピクルスを挟んだシンプルなサンドイッチ。
まずくはないケド、これしか食えないから、食傷気味になると。

実際、イランは
サンドイッチ屋やハンバーガー屋で溢れていた。

IMG_8782.jpg

町のいたるところに、サンドイッチ屋やハンバーガー屋がある。
っていうか、確かに、パッと見、
イランの外食はサンドイッチ屋とハンバーガー屋しかないような
印象を持つくらい、とにかく、サンドイッチ屋とハンバーガー屋ばかり。
多くの人が、サンドイッチやハンバーガーばかり食べているのが目に付く。

IMG_8775.jpg

が、それ以外の食べ物が食べれないってほどじゃなかった。

前のブログに、生タマネギが出て驚いたと、書いた時に食べてたのは、
チェロケバブというイラン風ケバブ。
これも、結構いろんなところで食べることが出来る。

と、サンドイッチ以外のイラン料理をいろいろ食べてみて、
最近ハマッているイラン料理がありまして。
それは、アーブ・グーシュトという煮込み料理。

IMG_9354.jpg

トマトやジャガイモやマメや肉を煮込んだモノなんですが、
美味しいのはもちろん・・・食べ方が面白いんですよ。

まず、汁だけを別皿に移す。
で、具を、一緒に出てくる特殊な食器を使ってマッシュ。

IMG_9357.jpg

これを薄いパン(ラヴァーシュ)に包んで食べる。
まぁ、まずはふつうのサンドイッチ的な食感。

次に、別皿に移した汁に、
薄いパン(ラヴァーシュ)の一部をちぎって入れる。
すると、パンが汁を吸ってワンタンみたいな食感になるんですわ。

IMG_9363.jpg

一つの料理でいくつもの食感を味わえるという
ヒツマブシみたいな遊び気分満点の料理なのですよ。

ちなみに、オイラは具をあまりマッシュしすぎないのが好み。
それぞれの具材の味が、あまり混じり過ぎない方が美味しい気がします。
イラン人は、完全にマッシュしているけど。

さて、そんなアーブ・グーシュトを食べた後に、
町のあちこちにあるフルーツジューススタンドで、
その場でミキサーにかけてくれる生フルーツジュースを飲む。

IMG_8754.jpg

美味しい果物が安いイランならではの、嬉しいデザート。

IMG_9342.jpg

あ、そうそう、果物と言えば・・・
イランには、あの<ザクロ>を使ったザクロカレーなるカレーがあるという話を聞きまして。
カレー研究家としては気になってしょうがない。
が、なかなか実物にお目にかかれず、現在目下調査中。

まぁ、ザクロカレーはとりあえず置いといて・・・
最後に、一個45円のソフトクリームでしめる。
これが、真夏のイランでの最高の幸せフルコースです、ハイ。

IMG_8783.jpg

2014.08.14 Thu l イラン l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。