上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
IMG_1906.jpg

イランの最後の記事から
しばらくブログ更新が途絶えていたのは、
ネット環境がなかった、
という理由もあったのですが、
実は一番大きな理由は、<パソコンがぶっ壊れたから>だったんです。

イラン中盤から絶不調になったとのことを
ブログに綴ってきましたが、
ウズベキスタンのブハラで、完全に壊れてしましまして。

一応立ち上がりはするのですが、
内蔵ファンが変になっているため、
空冷ができず、熱暴走して、すぐに落ちるようになっちゃったんです。

まぁ、この現象は暑さのせい。
暑いところで使いさえしなければ、
まだ使えないこともないので、
完全にぶっ壊れたというには語弊があるんですが・・・

これはいい機会なのかも、って思ったんです。

このパソコンはサポートが切れたXPだし、
ちょうど、ウィルスバスターの期限も先日切れたところだった。
そして、なによりも、そろそろ動画をハイビジョンで扱いたいって気持ちが大きくなっていたところだったんですよ。

旅で、6年間使ってきたこのパソコンは、
購入自体はほぼ10年前に買った、今や骨董品とも言えるモノ。

とはいえ、メールとかネットサーフィンとかサイト作成くらいなら
このパソコンのパワーでなんら問題はなかった。
だから、それくらいしかやらないんだったら、
がんばって騙し騙しコイツを使い続けるというのもアリだった。

が、不満点が一点だけあったのだ。
そして、それは今の、そしてこれからのオイラの旅にとって、致命的な不満点だった。

それは動画。
ハイビジョンが扱えないのだ。

当時、ハイビジョン動画再生や編集なんて、
特殊な人たちがやるものだったので、
当然、そんなCPUパワーなんてないし、アクセラレーターなどもついていない。

だから、VGAでの動画編集がやっとこさっとこだったですよ。

まぁ、今まではそれでもいいと思ってやっていた。
画質より中身だって思ってたから。
中身がペラペラなのに、画質だけ上げても恥ずかしいだけだって思ってた。
でも、ルーマニアでこもってひたすら映像編集をしていた時、
「うむむ、我ながらいいビデオ作れるようになってきたんじゃない?」
って、中身に関して、ちょっと自信が持てるようになったんです。

であれば、次のステップとして、いい画質でやりたいな、
って思いが次第に強くなってきまして。

そうするとパソコンを買い替えるしかない。
が、いつか、という想いはあるものの、
まだ使えるモノを捨ててまで、
新しいモノに乗り換えたくはなかった。

そんな想いを抱いていた中、
起こった今回の熱暴走。

う~む、これは、
「そろそろハイビジョン動画をやりなさいよ」
という、旅の女神の差し金なんじゃないかと思ったんですよ。

ということで、
到着したサマルカンドで、
早速パソコンショップへ。

ただ、物資があまりない中央アジアですから。
まぁ、買い替えてもいいと思えるようなパソコンはない可能性が高い。

よりによって中央アジアで壊れるなんてなぁ・・・
せめてヨーロッパで壊れてくれたら、欲しいパソコンが買えただろうに・・・

なんてボヤキながら、ようやく見つけた一軒のパソコンショップに入ったところ、

ACERのAspire/V5といシリーズのネットブックが一台だけポツンと置かれていた。
しかも、値段は300ドルとのことで、想定していたより相当格安だった。

IMG_1860.jpg

このマシンであれば、1080pはわからないが、720pの動画であれば、
問題なく動くはず。

ということで、選択の余地はなく、ぼほ一択だったのですが、
オイラの望むスペックのパソコンがありまして。

即決で購入を決断。

が、ここで一つ問題が。
ドル換算すると300ドルなのだが、
店は、ドルで受け取ってはくれないとのこと。
しかもマスターカードは使えない。
つまり、ウズベキスタン・スムの現金で払わなきゃいけないのだ。

ウズベキスタン・スムでいくらか計算してもらったら
まけてくれた価格で880,000スムとのこと。

IMG_1850.jpg

いいじゃん、スムに両替して払えばいいだけでしょ、
とお思いになると思いますが、
実は、ウズベキスタンでスム両替をすると、
ほぼ一番上の額が1,000スムの紙幣でお金が渡される。
(一応5,000スム紙幣とかあるらしいのだが、見たことがない)

つまり、880枚の紙幣が渡されることになるのだ。
880枚の紙幣ってどれくらいかというと、
これくらいなんです、ハイ。

IMG_1847.jpg

いや、なんだ、この札束の厚さ。
アホかと。
パソコン一台買うのに、こんな札束を持ち歩かなきゃならんのだ。

いったん店をでて、両替屋で、両替してもらったのはいいものの、
当然、財布になんか入るわけなく、
鞄にむき出しに詰め込むことに。

いやぁ、実際の金額的にはたかが3万円程度なのだが、
この札束の厚みのせいで、
なんかその100倍くらいのお金を持っているかのような錯覚に陥り、
めっちゃドキドキしながら、
両替した金を持って、再びパソコンショップへ向かう羽目に。

で、店には、金を数えるキャッシャーが複数台置いてあり、
オイラが渡した札束をちゃんと数える店員さん。

IMG_1864.jpg

ええ、こんなの自力じゃ数えきれないよ。
オイラ自身、両替してもらった後、200枚まで数えたけど、
あとはもう、めんどくさくなって、数えるのやめたもん。

そんなこんなで、ウズベキスタンにて、おニューのパソコンをゲットしました。

IMG_1862.jpg

ちなみに、このパソコンWindows8.1を入れてもらいまして。
ようやく、オイラもWindows8デビュー。
ただ、OSがロシア語仕様だったので、
購入後、日本語化を試みたのですが、完全日本語化には失敗。
読めない文字のメニューが・・・
まぁ、読めなくても、機能的にはわかっているから使う分には問題ない。
これも、旅っぽくていいか。

IMG_1921.jpg

いやぁ、でも、ついにパソコンを買い替えちゃったなぁ。
あのパソコンだけは交換不可能だって思っていたから、
すっごく大事に扱ってきたのに。

そう、あのパソコンだけは無くさないように、壊さないようにと、
とにかく、神経を使っていた。

そんなパソコンだったから、さぞかし、失うことに悲しみの気持ちが湧くだろうと思っていたのに、
実際に新しいパソコンを使い始めたら、
6年間連れ添ってきたパソコンを失う悲しみよりも、
なんか楽になった気持ちってのが、正直なところだった。

あのパソコンに神経を使っていたっていうのは、
逆に言うと、あのパソコンに縛られていたということだったのだ。

その縛りから解放された感からか、
ホント、気持ちが楽になった。

それしかない、というこだわりによる執着は、必要だし、立派なものだと思う。

本来、モノは、やりたいことを実現させるための機能を持った道具だから使うことになる。
やりたいことをやるにはこれしかないというこだわりで、使う道具を選出するのは、非常に正しいアプローチだ。

が、やりたいことが変わってきて、使っている道具では機能不足になってきた時、それでも使い続けるのは、もはやこだわりではない。
それは、愛着による執着と言われるものなのだ。

6年間一つのパソコンを使い続けてきました、
なんてのは、ある種、美談にも聞こえるかもしれないが、
実際は、そういうものではない。
やりたいことが出来ないパソコンを使い続けるのは、決してよい選択ではないのだ。

愛は生きていく上で大事なものではあるのだが、
愛とは束縛を伴うもの。
自由を求める旅と愛は、実はあまり相性がよくない。

新しいパソコンで、
ハイビジョン動画がサクサク動くのを確認した時、
めっちゃ感動したもん。
そして、これからこの画質で動画が撮れるってことに
めっちゃワクワクする気持ちが湧き起こってきちゃったもん。

いやぁ、アルゼンチンでお絵かきした時、
描いたおじいさんキャラに
あの当時は、思いつくままに何気なく、こんなセリフを言わせてたんだけど・・・

7.jpg

我ながら、今更ながら、この言葉の意味を理解しました、ハイ。


とは言うものの、
あのパソコンのことを、6年間の旅の中で、何よりも頼りにしてたし、
何よりもお世話になった存在だったのは事実。

お疲れ様、
そして、ホント、ありがとう。

2009-0430_1.jpg
2009年4月パナマで使っていた時の写真。まだ付属のキーボードがあったし、筐体が綺麗だった・・・

2014.09.11 Thu l ウズベキスタン l コメント (8) l top

コメント

ブログ復活おめでとうございます!
立て続けに更新されていましたね。
ちゃんと走って、相変わらず楽しそうだなと、安心しました。

そうですか、あのパソコンもとうとうダメになりましたか。
我が家には、パソコンを立てるための額縁立てが記念品として残っています(^^ 
いったいこれなんだろう?と首をかしげていた私に、二男と三男が「よしさんの!!忘れていっちゃった」と焦っていました。

世界のあちこちに、パラパラといろんなよしさんの落とし物?忘れ物?盗られちゃったもの?があるってことですね。

ブログ、引き続き楽しみにしています!




2014.09.15 Mon l Kurumi. URL l 編集
kurumiさん、
一瞬誰の書き込みだろうと思いましたが、
額縁立てを忘れていったのを・・・というくだりでわかりました。
アレを忘れちゃったのは一か所しかないですから。

しかし、他の落とし物や、忘れ物、盗られちゃったものは、
確かに世界中に散らばってますよ。
思い返せば、意外といっぱいあります(涙)

それらが、誰かの役立っているのであれば、
まぁ、なんかうれしくも思えないことはないです。
kurumiさん宅の額縁立てのように、ね。

まぁ、とにかく、おニューのパソコンは、めっちゃ快適。
これからも、更にガンガンブログ更新していきますんで、
今後とも楽しみにしていてください~
2014.09.15 Mon l チャリヨシ. URL l 編集
この前は返信ありがとうございます。

パソコン買い替えの話、同感です!
当たり前と思っていたのを手放すと、
必ず新しい「何か」が入ってきますよね!
しかもその「新しい何か」のほうが、得るものが遥かに大きい気がします。

ジンバブエの旅行記、ブログには途中まで上げてるのですが、
ブログの趣旨がわけわからんようになってきたので(笑)、
旅サイトに移行+加筆中です。

少しずつですが、毎日5分くらいずつ?は
更新していきますので、また見てやってください。

2014.09.15 Mon l ヤマト. URL l 編集
ヤマトさん、
そうそう、失うとか別れっていうのは、新しいコトの始まりでもあるんですよね。
失ったものや別れたものを惜しんで後ろ向きな気持ちでいるよりも、
新しいものに対してワクワクするという前向きな気持ちでいたほうが、
絶対楽しいですから。
最近、いろいろトラブルが続くんで、そう思うことにしました(涙)

ジンバブエの旅行記、前回ブログを覗いてみた時に発見できなかったんですが、
今日、ブログをよくよく見たら、その13までアップされてました~(笑)
確かに、旅行記は旅行記だけで統一してくれたほうが、読みやすい気がします。
リニューアルを待ちつつ、またちょくちょく覗かせてもらいますね!
2014.09.16 Tue l チャリヨシ. URL l 編集
自分の大切な所有物だけど、それにとらわれて自由を束縛されるって感じ、わかるような気がするなあ。
2014.09.16 Tue l うがなか. URL l 編集
うがなかさん、わかってもらえますか。いやぁ、最近つくづく、この感覚を実感するようになりまして。愛着ってやつが、いかに人の心を縛るものなのか。ブログにも書きましたけど、愛と旅は、相性悪いものっすよねぇ、ホント。
2014.09.18 Thu l チャリヨシ. URL l 編集
ホームページ見ていただいてありがとうございます!

普通の旅行記を書くつもりはないので、僕のサイトはかなりふざけた内容ですけど(笑)
旅だけに特化して書いてみますね!
2014.09.18 Thu l ヤマト. URL l 編集
ヤマトさん、ああ、なるほど、やっぱり普通の旅行記を書くつもりはなかったんですね(笑)とにかく、続きを楽しみにしてますよ~。とはいうものの、今いる中央アジアはネット環境がよくないので、なかなかアクセスできないんですけど・・・
2014.09.19 Fri l チャリヨシ. URL l 編集

コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。