IMG_3677_20140929235044ec0.jpg

大変だ、過酷だと言いながらも、
なんだかんだいって、楽しんでいるタジキスタン道。

まぁ、楽しくなければやってられないっすよ。

だってね、
実は予想以上のトラブル続き。

相棒はリアキャリアのネジが折れただけではなく、
リアディレイラーが地面から飛び出ている岩にぶつかってしまい
そのせいで、ギアの調子がおかしくなってしまいまして。
今は、ギア変速が変えられない状態でなんとか走っている状況。

さらに、GoProカメラの留め具ネジを途中で落としちゃうし、
足が蒸れるんでサンダルに履き替えたら、後ろに積んだ靴を片方落としちゃうし、
と、いろんなことが起こってるんです。

まぁ、靴は最高に臭かったから、そろそろ替え時ってことで新しいのを買えばいいし、
GoProの留め具ネジは手元に持っていたチャリ用のネジで代用できたんで、いいとして・・・

相棒のギアの調子が悪いのは、かなりの不安材料。

パミール走り本番はこれからっていうのに、
ギアが変えられない状態では突入したくはない。
が、ホーログという町には、自転車屋がなく、
車の修理屋が、片手間で自転車も扱うくらいなものとのこと。

う~ん、
いやぁ、不安だが・・・

まぁ、なんとかなるでしょ。

ココには、人の優しさがあるからさ。

オイラ一人ではどうにもならないことも、
誰かに頼ることで、
必ず、なんらかの解決策にたどり着く。

人の優しさがある場所であれば、
どうにでもなるものなのさ。

というのが、最近オイラがつくづく感じている経験則。

心配性なオイラは
今までトラブルを恐れ、必要以上に備えを持っていたりしたんだけど、
そういうのは最低限あればいい。

旅に必要なものはそういうものではなかったのだ。

旅する上で必ず持っていなければならないのは、
甘え上手になる、ってことだけだった。

え~、43才にもなって甘え上手って・・・
って思われるかもしれませんが、
人は結局一人じゃ生きていけないんです。
誰かに頼らなきゃ生きていけないんです。

資本主義な社会では
<お金>という便利なものが仲介してくれて、
他人への頼りを、あたかも甘えじゃないようにしてくれているんですが・・・

結局誰かに甘えて生きているんですわ。

で、旅していると、
<お金>という経済尺度ではない頼り方をしなきゃいけない局面ばかり遭遇するんですよ。

その時に必要となってくるのが、
上手な甘え方。

上手な・・・?

ええ。ただ甘えればいいってもんじゃない。

<上手に>甘えるってのが、ポイントなんです、ハイ。

2014.09.29 Mon l タジキスタン l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿