上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
IMG_6545_20141018235423efc.jpg

タジキスタンからキルギスに入国した後、
進むべき道は二つあった。
一つはそのままキルギスを走りキルギスの首都ビシュケクへ向かうルート。
そして、もう一つは一旦中国へ抜け、大きく迂回してカザフスタンを経由してキルギスの首都ビシュケクへ向かうルート。

山がすでに雪だらけになっているっぽいキルギスをこのまま走り続けるのはキツイ・・・

という想い以上に、
オイラの興味は中国に惹かれてまして。

それに、タジキスタンのハード山道を耐えてくれた相棒のファニーバニーも、
これ以上の山道は勘弁して~と悲鳴をあげ始めたのか、連続パンクし始めちゃったし・・・

ということで、
昨日、中国に入国。

ちなみに、今回の中国はノービザで入国。
日本人はノービザでも15日間だけ中国に滞在できるのだ。

IMG_6541.jpg
あ~、超久々の漢字標識の世界!

そして只今、新疆/ウイグル自治区のカシュガルという町に停滞中。

IMG_6573.jpg
泊まっている宿<老城青年旅館>は、パミールを走り終えたチャリダーでいっぱい

あ~、なんかワクワクする。
久々のこの旅特有の浮ついたワクワク感。

うひょー、しばらくぶりの街だぜ。
っていうのもあるのですが・・・

いやぁ、中国だからってことで、
なんだか知らないけど、妙にテンションがあがっちゃってまして。

中国は初上陸なんだけど(香港だけは行ったことがあった)、
なんか、昔から知っている感じの妙な懐かしさがあったり、
(ジャッキー映画のおかげか?)

高圧的と聞いていたイミグレの職員や公安の人たちも、
意外とサバサバしてて、
国境での荷物検査は全部一品一品チェックされて
面倒だったけど、
アサラトとかパンデイロとかダラブッカとか
楽器を出すたびに妙に盛り上がってしまい、
なんだ、中国人もちゃんと接すればフレンドリーで面白いじゃん、
と、ホッとしたり

IMG_6567.jpg
国境から140kmは自走できない地帯。そこからは走れるのだが・・・そのままタクシーでカシュガルへ

キルギスと中国との間のイルケシュタム国境が、
いろいろあって、今は自転車で自走させてくれない
ってことで乗せてもらったタクシーのおじさんが、
めっちゃいい人で、
お昼ご飯を奢ってもらったり、

MVI_6560.jpg
めちゃウマ・マントゥの店でマントゥを奢ってもらっちゃった。

っていうのが、テンションがあがってる要因かな、
なんて思ってみたりしたのですが、

いやいや、

やっぱり、テンションがあがる最大の要因は、
なんといっても、
飯が超絶美味いってことっすわ。

IMG_6550_201410182354501c5.jpg
中国のマントゥはやはり何かが違う。この美味しさの秘密を探りたい

これまでのチョイスが少なかった中央アジア料理とは違い、
中国に入った途端に、びっくりするくらい
食べ物のバリエーションが増えた。
町がいろんなものの匂いに溢れている感じが、
ホントに、もう、たまらない。

この匂いにひかれて、
昨日の晩、宿にチェックインして
荷物を置いたらすぐカシュガルの町へ飛び出した。

IMG_6622.jpg
チマキ!なんとこれ、蜜をかけて食べるデザートチマキ。

もちろん食べ歩きのため。

IMG_6579.jpg
ウイグル・ラグマンの麺はコシが違う

今日も朝から美食街(屋台が集まっているところ)へ。

IMG_6590.jpg
ここは天国か?

はぁぁ、美味い飯で、腹いっぱい。

IMG_6618.jpg
ずっと前から食べてみたかった刀削麺。麺はこのお兄ちゃんが刀で削ってくれた。

あ~、これぞ幸せ。
これを幸せと呼ばずして、なにを幸せと呼べばいいのだ?

2014.10.18 Sat l 中国(新疆ウイグル) l コメント (4) l top

コメント

懐かしいです。カシュガルのそのYH俺も泊まりました。当時は8月の夏休み時期で北京あたりから来た中国の大学生も結構泊まっていて話しができて面白かったです。サリタシュでも1泊しました、キルギスの果て感があってよく覚えています。イルケシュタム国境は自転車禁止だから困り者ですね。数年前は両国のイミグレは近くだったのですが、中国が自国イミグレを200kmほど中国側内部へへ移動してしまったため、現在両国のイミグレは数百キロ離れるという異常な状況です。私も苦労しました。キルギス側からはヒッチできますが、中国側からはヒッチ禁止で乗りあいタクシーに結構なお金を払わ無ければなりません。カシュガルの町も結構大都市ですよね。新彊-キルギス国境と、キルギス-タジク国境はホントよく覚えています。思い出の場所です。写真が見れて良かったです。
2014.10.19 Sun l ウガなか. URL l 編集
ウガなかさん、シルクロード旅は、かなり宿がかぶってましたね。といっても、旅人に評判の宿ばかり泊まっていたので、そりゃ、かぶるはずか(笑)イルケシュタム国境越え、僕のチャリは折りたたみで、車の乗り入れは慣れているので、全然大変じゃなかったんだけど、一緒になったチャリダーはホント大変そうでした。タクシーの後部ボンネットに、大切な自転車を無理やり詰め込まれそうになって、キレてましたから。結局そのチャリダーたちはタクシーにはのせず、次にやってきた小型のピックアップトラックみたいなのに、乗せて国境越えをしてました。
そして、やってきたカシュガルは・・・ホント都会ですね~。ずっと人がいないところを彷徨っていたんで、人の多さにクラクラしてます。しかしまぁ、都会ならではのいいところは、とにかく食であふれているってこと。カシュガルには、ホント<食>のためにやってきました。フレッシュな食べ物に苦労していたパミールの後なだけに、フレッシュフードのありがたみをかみしめながら食べてます。
それはそうと、僕の写真でウガなかさんの思い出が蘇ったようで、よかったです。アップした甲斐がありましたよ~。
2014.10.19 Sun l チャリヨシ. URL l 編集
初コメです。たまーに見てます。星空はきれいですか?
2014.10.19 Sun l ユルキノ. URL l 編集
ユルキノさん、どうも。たまーに見ていただき、そして、初コメありがとうございます!使っているカメラが暗所撮影苦手なので、星空写真はあまり撮らないのですが、タジキスタンではめっちゃ綺麗な星空を見てましたよ~。ただ、パミール高原を走っていた時は、月が出る時期だったので、月の明るさに負けて、星の輝きはイマイチだったのが残念でした・・・
2014.10.19 Sun l チャリヨシ. URL l 編集

コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。