GOPR2639.jpg

ようやく空が快晴になり山がクッキリ。
ということで、アンナプルナを一望できるという
ポカラの北側にある丘サランコットに登ってまいりました。

いやぁ、絶景絶景。

え~、ところで、今更なんですが・・・
人はなぜ絶景を見に行くんでしょう?

以前は「感動したいから!」
ってのが絶景を見に行く第一のモチベーションだったんですが、
たいぶ旅慣れてしまい、
フツーの絶景ではあまり感動をしなくなってしまった今日この頃。
それでも、「絶景ですよ」と聞くと行きたくなっちゃう
その原動力って一体なんなのかなぁ、と、
ふと疑問をもっちゃったんですよ。

で、その答えのヒントが、
最近読んだヨガの本に書いてありまして。

ヨガにおいて、
心と体のエネルギーをコントロールするための要素として
<チャクラ>という概念がある。

骨盤底、下腹、腰、胸、喉、眉間、頭頂、
身体の7つの箇所に宿っているチャクラを
制御して活性化させることで、
体に流れるエネルギーをコントロールすることができるという。

で、このチャクラを活性化させるときに
頭の中にイメージするといいのが<自然の景観>だ、とのこと。

例えば第一のチャクラである骨盤底のチャクラを活性化させるときは、
広大な大地のイメージ、もしくは巨木をイメージするといいらしい。

ということは、これは、逆に言うと、
広大な大地や巨木を実際に目の前にしたら、
骨盤底のチャクラが勝手に活性化してしまうということではないのか、と思ったんですよ。

絶景を目の前にした時、
感動は少なくなったものの、
体がムズムズする感覚は毎回起こる。

感動ってのは脳内の反応で、
チャクラって体の反応。

つまり、感動はなくなっても、
チャクラは活性化して、体的にはエネルギーが湧いているってことなのですよ、たぶん。

そういえば、絶景スポットは、パワースポットと呼ばれることも多い。

そう、だから絶景に感動する心が薄れてきたって嘆くことはないんじゃん。
絶景スポットへは、体にパワーをみなぎらせるために訪れればいいんですわ。

2015.01.09 Fri l ネパール l コメント (4) l top

コメント

ポカラですかあ。のんびりしてそうですね。冬は寒いですが天気が良いからマチャプチャレも良く見えるし。ヨガもはじめたようでリラックスできているようで何よりです。オフシーズンで客が少なくいいですよね。俺はポカラから南にバスで4時間ほどのタンセンという町に1年半住んでいました。10数年前ですが。。。バイクを持っていたので何度かポカラにバイクで行きました。バイクだと3時間半ですかね。ポカラで行われたサッカーの大会にも出ました。余裕があればサイドアンナプルナトレッキング行ってみてください。
2015.01.10 Sat l ウガなか. URL l 編集
ウガなかさん、いいですねぇ、ポカラ。
ノンビリ時間が流れてて、ついつい長居しちゃってます。
冬でもエベレストの極寒を体感した後なので、僕的にはポカポカですよ。
それにしてもウガなかさん、この辺に1年半も住んでいたんですか。
確かに、ココなら全然住めますね。
停電が多いのだけは、不便ですケド。
さてさて、アンナプルナは・・・
サランコットから眺めて気持ちが盛り上がったらトレッキングしようって思ってたんですケド、
エベレストトレッキング燃え尽き症候群が思った以上に重傷で、
次なるトレッキングへの意欲がイマイチ湧いてこなかったので、
今回はパスすることにしました。
これからインドに行って、
ちょうど次のベストシーズンに、またこの辺に来るはずなので、
その時気持ちが盛り上がったらトレッキングしようと思ってま~す。
2015.01.10 Sat l チャリヨシ. URL l 編集
一旦ネパールを離れ、また戻ってくるって事ですね。違う季節を体験できるのは良いですね。お気をつけて。
2015.01.10 Sat l ウガなか. URL l 編集
ウガなかさん、いや、ネパールに戻ってくるかどうかは気分次第なんです・・・
7月か8月にラダックを走る予定なので、
秋シーズンに北インド&バングラデッュをウロウロしているはずなんです。
なので、ネパールは近いから、気分がのれば、もう一回ネパールに戻ってきて、
アンナプルナをトレッキングするのもアリかなってくらいの感じで考えているんですよ~
2015.01.10 Sat l チャリヨシ. URL l 編集

コメントの投稿