上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
IMG_3345.jpg

一週間ほど前にポカラからカトマンドゥに戻ってきていたオイラ。
戻ってきたカトマンドゥでは、
今後の旅に向けて、必要物品を調達しているところでして。

さて、調達せねばならない必要物品の一つが、GPS。
買い替えたばかりのGPS eTrex20を、イランで盗まれて以来、
GPSなしで走ってきたので・・・

買わなきゃいけない・・・ん?

って、いや、実は、GPSは、なければないで、なんとかやってこれる、
むしろない方が旅が楽しくなるってことに気づいちゃったんですよ。

GPS、特に詳細地図を搭載したGPSを持っていたら、
道に迷わなくなる。

旅は道に迷ってこそ面白くなるのに。

人に道を訊いたり
想定してなかった素敵な場所に辿り着いたり

旅の醍醐味である
ローカルな人とのかかわりあいのキッカケとか、
自分の考えてもいなかったモノとの出会いのキッカケは、
道に迷うから生まれたりするものなのだ。

なので、
もうGPSはいらないかも、
なんて思ったりもしたのですが・・・

実は、GPSがないと困ることが一つだけありまして。

それは旅中の軌跡ログ。

GPSは軌跡ログを自動で取ってくれるので、
パソコンにログデータを読み込むだけで、
軌跡を地図に表記させることができるようになる。

一日移動した後、
自分がどこを通ってきたんだろうって、
地図にマッピングされた軌跡を見るのは、
旅してるなぁってことを実感する安らぎの時間だったんですわ。

が、GPSを無くしてからは、
その作業を手動でしなくちゃいけなくなった。
これ、手動でやると結構大変なんですよ。
手間暇かかるから、時間も結構とられちゃうし・・・
これをやり続けてたら、
安らぎの時間が、次第に苦痛の時間に変わってしまいまして。

いかん、この作業は楽しくないっ!
地図表記は出来なくてもいいので、
とりあえず、ログをしっかり取ってくれるGPS(ロガー)を買わなきゃっ!

ということで、
カトマンドゥに一軒だけあるというGPS取扱い店に行って
置いてあったGarminの一番安いeTrex10を購入。
このeTrex10は、前回購入したeTrex20の下位機種で、
今時9MB((9GBではなく、9MB!)しか内蔵メモリを搭載しておらず、
しかもSDメモリの拡張スロットもないという
詳細地図データなんて、とてもじゃないけど入れられないストイックなマシン。

実は最上位機種のGPSmap62scという
必要な機能は全部入っており、
カラー液晶で地図表示もばっちり、
メモリはふんだんに使え、
なんとカメラまで搭載されている
超便利機種も置いてあったんですが・・・
しかも、日本で買うより全然安く買えたんですが・・・

IMG_3328_201501190237263d6.jpg

これはチョイスせず、
あえて一番機能のないマシンをチョイス。

ええ、上に書いたとおり、
オイラに必要なのは、ログとどれくらい走ったかを教えてくれる機能だけ。
それ以上の便利さは、旅の楽しさを阻害しちゃうからいらない。

(ちなみに価格はeTrex10が13,000ルピー、GPSmap62scが37,000ルピー)

道具ってのは、必ずしも便利なものがいいとは限らない。
そのことに無自覚だったり、注意して選択する意識を持たなかったりすると、
便利さに人生の楽しさを奪われてしまうことになりかねないのだ。

逆にいうと、そのことを自覚している人が、
人生の楽しさを損なわないモノの買い方ができるようになる。
それが買い物上手ってことなのかも。

まぁ、以前のオイラだったら、間違いなく便利なGPSmap62scを選んでました。
どんだけ人生の楽しさに鈍感な買い物下手だったんだって話ですわ。

人と道具の関係。
たぶん、この話もうちょっと続きます。
次回はおそらくカメラにまつわるエトセトラ。

2015.01.18 Sun l ネパール l コメント (2) l top

コメント

ほう、一番下のモデルでも結構な値段しますね。迷ってローカルの人とかかわり合うきっかけとするって考えてみると今の時代すごく贅沢。それだけ時間と気持ちの余裕があるってことですから、いわゆるプライスレスな経験をされていること、すばらしいです。迷うことを時間の無駄って考えずポジティブな出来事だと思うのって旅行中なかなかできないですよね。今後もどんどん迷ってほしいと思います(笑
お気をつけて。
2015.01.19 Mon l ウガなか. URL l 編集
ウガなかさん、そう、一番下のモデルでも意外と値段がするんですよ。まぁ、メモリと液晶がちゃちなだけで、センサ自体はちゃんとしたのが搭載されてますから。街中でもガッツリ衛星拾えるし、使い勝手は普通にいいので、この値段でもしょうがないかな、と。

で、迷うのがアリっていうのは、確かに時間と気持ちに余裕があるからこそ思えることではあるんですよねぇ。かくいう僕も、旅に旅させられてて気持ちに全然余裕がなかった初めの頃は、いかに迷わずに進むかってことに全神経使ってましたから。迷ったら負けだみたいな、妙な切迫感がありました。迷うのがアリだという悟りに到達できたのは最近になってから。いやぁ、道に迷う旅こそが、最高の贅沢な旅なのではないかと思えるようになったんで・・・これからはどんどん迷っていきます~(笑)
2015.01.19 Mon l チャリヨシ. URL l 編集

コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。