GOPR3133.jpg

ずっと前、映像の勉強をしていた頃、
読んでいた色彩学の本に、
<色祭り>という祭りが紹介されていた。

鮮やかな色の色粉や色粉を溶かした色水を
誰かれ構わず塗り合ったり、掛け合ったりする、
超無礼講な<色祭り>、インドのホーリー。

普段は地味な日常空間が
鮮やかな色に染まっていき、
みるみるうちに、ファンタジックなカラフルワールドに変わっていくという。

色が、人の心に直接的に影響するということを論じていたその本では、
<色祭り>のホーリーを、心の癒しの祭りだと解説していた。

GOPR3002.jpg

その頃、会社生活にそして人生に少々疲れていたオイラは
癒しというワードに反応。

それを読んで以来、
ホーリーのことが気になってしょうがなくなってしまった。

ということで、世界旅をするにあたって、
インドでホーリーに参加することは
なによりもやりたいことの一つだったんですわ。

そんなホーリーが明日開催される。

今日はホーリー前日。

ネパールのカトマンドゥで一旦別れた
チャリダーの秋月さんが、バラナシに到着したので、
一緒に歩いてたら、
水鉄砲を持った子供たちに襲われた。
もちろん、水鉄砲の中身は、色水。

GOPR2960.jpg

まだ前日なのに・・・

GOPR3086.jpg

と、水鉄砲に襲われていたオイラたちを見て、
インド人のお兄さんが、色水を詰めた袋を手渡してくれた。
「これで、お返ししな」

GOPR3053.jpg

やられても、やっても
無礼講。

GOPR3126.jpg

それがホーリー。

まぁ、今日はプレ・ホーリーだから、こんなもんですんだけど、
明日本番には、こんなもんですむはずがない。

GOPR3118.jpg

しかも、バラナシは、インドで一番ホーリーが激しくなる地らしい。
宿によっては、ホーリーの最中は外出禁止令が出るところも。
オイラが泊まっている宿はさすがに外出禁止令は出てないんだけど、
外出る時には財布やカメラは持つな、
メガネも外していけ、
服がビリビリに破かれるのは覚悟してね、
と言われまして。

いやぁ、どんだけ無礼講なんだ・・・
予想以上の無礼講な話に、ちょっとビビり気味・・

とにかく、明日は、待ちに待ったホーリー。
楽しみでありつつ、不安でもある。
お祭り前夜、久々だな、このワクワクでドキドキな感じ。

2015.03.05 Thu l インド l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿