上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
GOPR4076.jpg

興奮冷めやらず!!!
今日はインドの色祭り<ホーリー>当日。
めっちゃ楽しかった。

昨日のブログで書いたように、
ホーリーは旅前から夢みていたので、
相当ハードルが上がってたのだが・・・
そんなハードルを軽々と超えるくらい
素晴らしく気分を高揚させてくれるお祭りだった。

今朝の8時過ぎくらいから盛り上がり始め
12時には終了したホーリー。
え?4時間くらいしかやらないの?
と、お思いになるかもしれませんが、
こんな濃い祭りは4時間で十分。
4時間でも、盛り上がりすぎてくたびれ果てた。
これ以上続いたら体がもたない。

さて、そこまで絶賛するホーリーとは一体どんなお祭りなのか?
写真で見るのが一目瞭然なので、
以下、写真で解説いたします。

GOPR3151.jpg
朝8時、宿の屋上へ。

GOPR3190.jpg
外のストリートは危険ということで、閉ざされた屋上という空間で、宿泊者たちでホーリーを楽しむことに。

GOPR3302.jpg
ちなみに、朝屋上にあがったばかりの状態はコレ。この後どんどん変化していきます。

GOPR3348.jpg
屋上で色掛け合戦開始。

GOPR3306.jpg
いつも屋上でタブラー練習している時に、隣でスモーキングしているスイス人のクリスチャンとスリランカ人のジャッキー。みんなみるみるうちに色に染まっていく

GOPR3334.jpg
この人は最初からこんな色で顔を塗ってました。銀色塗りが流行っているようです。

GOPR3350.jpg
オイラも、すぐにこんなんなりました。

GOPR3820.jpg
さて、

GOPR3848.jpg
こんなんなって、

GOPR3866.jpg
こんなんなって、

GOPR3838.jpg
どんどんエスカレートしていく、屋上での色掛け合戦。

まぁ、これはこれで楽しいのだが、
楽しくなればなるほど、ストリートの盛り上がりが気になる。

楽しみにしていたホーリーなのに、
しかもバラナシまで来ているのに、
ストリートで繰り広げられている本場のホーリーをこの目でみないでどうする。
まぁ、ここまで楽しければ、なにかされても本望だ。
と、祭りの高揚気分に乗せられて、
外へ飛び出すことに。

GOPR3962.jpg
と、いきなり上からの水鉄砲攻撃

GOPR3978.jpg
さらに、色まみれの少年が抱きついてきた。

が、外は意外と大丈夫だった。
もっともみくちゃにされるのかと思っていたのに、
意外とみなさん紳士的。

「ハッピー、ホーリー」と言ってにこやかにほほ笑んでくれる。

GOPR3505.jpg

GOPR3522.jpg

GOPR3540.jpg

GOPR3616.jpg

GOPR3654.jpg

GOPR3662.jpg

GOPR3544.jpg
もちろん、顔に色を塗りたくられるのは、お約束。

GOPR3601.jpg
色水をひっかけられたりもするんだけど・・・

GOPR3640.jpg

GOPR3629.jpg

GOPR3585.jpg
それが、ホーリーですから。

これくらいなら、全然危険じゃないじゃん。
なんだって、みんなバラナシのホーリーは危険だって脅すんだろ・・・
って疑問に思いながら、歩いていたら、
太鼓の音が聞こえてきた。

もちろん、近づいてみる。

GOPR3695.jpg

と、太鼓の演者の周りには、踊り狂う人たちで溢れていた。
ココは、完全にカオスだった。
一緒に行った大学生のケンタロウくんの服がビリビリに裂かれた。
なるほど、ココは危険かも、
と思いつつも、面白いから、なかなか離れられない。

GOPR3686.jpg

GOPR3714.jpg

GOPR3693.jpg

GOPR3739.jpg

GOPR3752.jpg

GOPR3757.jpg

結局演奏が終わるまで、紛れてしまい、
その後、ようやくガンジス川へ

こちらは、再びノンビリムード。

GOPR3768.jpg

GOPR3771.jpg

GOPR3780.jpg

GOPR3787.jpg

GOPR3999.jpg

GOPR4006.jpg

GOPR4037.jpg
ただ、もう、この頃には、こんな姿に。

GOPR4053.jpg

GOPR4049.jpg
そして、この黄色と緑の人たちの写真を撮ってたら・・・

GOPR4057.jpg
オイラも黄色と緑にされ、

GOPR4134.jpg
こんな姿に。

いやぁ、しかし、色が塗られるたびに、テンションが変わる。
暗い色を塗られたらダークな気持ちに、
明るい色を塗られたらライトな気持ちに。
色が変わるたびに、変身しているような気分がして、気分がどんどん軽くなる。
なるほど、これが、色による癒しの効果なのか・・・

GOPR4127.jpg

GOPR4090.jpg

GOPR4116.jpg
その後、ガンジス川沿いの盛り上がっている集団の中に入ったら、

GOPR4183.jpg
こんな姿に。

さてさて、そろそろホーリーも終わりの時間。
皆さん、ガンジス川に入って、色を落とし始めた

GOPR4154.jpg

じゃぁ、オイラたちも、宿に戻るか、と、戻ったら、

GOPR4215.jpg
屋上が、シャワータイムになっていた。

GOPR4236.jpg
ゴミ拾いが始まり、

GOPR4282.jpg
完全にホーリー終了モード。

オイラも屋上シャワーを浴びて、とりあえず、サッパリ。
体についた色は、全然落ちなかったのだが、まぁ、これはしょうがない。
二、三日したら落ちるだろう。
さて、ホーリーが終わった途端に、腹が減ったことに気づいたので、
昼飯を食いに行こうとしたら・・・

GOPR4330.jpg
外へ出た途端、赤い粉を塗りたくられた。

まだ終わってなかったのかい・・・

しかし、ここで腹が立たないのがホーリー。
むしろ、また変身させてくれてありがとうって感じ。
しかも、テンション上がる赤。

ひゅー!!!(と、変なテンションに)

とにかく、こんな感じで、とんでもなく楽しかった、ホーリー!!!
病みつきになる面白さですわ。

写真だけでは伝わり切れないかもと思って、動画もアップしてみました。
世界ふれあい街歩き的に撮影したホーリーの様子の動画です。



これは、また来年も参加したくなっちゃうでしょ・・・

2015.03.06 Fri l インド l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。