上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
P1030814.jpg

この醤油味麺(クィティアオ・ルアー)を屋台で食べた時、
バンコクの街にあふれる日本語よりも、
50m歩くたびに遭遇するセブンイレブンよりも、
なぜか、これが一番、日本を感じた。
そう、この国の飯は、日本に通じるアジア味。
何食っても、めちゃ美味い郷愁の味がする。

P1030426.jpg
ガポプラー(魚の浮袋のスープ)。ジュンちゃんおススメということで食べてみた。あっさり味で美味し。

P1030428.jpg
カオパ・トムヤムクン(トムヤムクン風味の焼き飯)。そのまま食うと普通の海老チャーハンだが、小皿のタレをかけた途端、一気に味がタイ風味に。

P1030431.jpg
カオニャオ・マムアン(モチ米とマンゴーのデザート)。タイで超絶メジャーなデザート。マンゴーともち米、意外に合う組み合わせで食べてビックリ。

P1030542.jpg
タイスキ(タイ風鍋料理)。間違えようがない味。美味い。

P1030824.jpg
トムヤムクン。タイを代表するスープ料理。

P1030825.jpg
オースワン(牡蠣のオムレツ)。美味し。

P1030826.jpg
ヨートマラ(ニガウリの茎炒め)。空芯菜炒めにそっくり。美味し。

P1030839.jpg
グリーンカレー。本場のグリーンカレーはめっちゃ美味かった(これまで日本のレトルトのグリーンカレーしか食べたことがなかった)。

P1030847.jpg
マッサマンカレー。CNNGoというニュースサイトで2011年に書かれた「世界で最もおいしい50種類の食べ物」という企画の中で堂々の第1位に選ばれて有名になったタイ南部の食べ物。オイラが作るカレーの味にそっくりだったのに、ビックリ。ひょっとしてオイラのカレーは世界一の味に近づいているのか!?

P1030862.jpg
カオソーイ(牛肉カレーかけ揚げ麺)。カレーと揚げ麺、これ意外と合う。将来店を開くならぜひ組み込みたいメニューですわ。日本にはまだないでしょ、この組み合わせ。

P1040051.jpg
パッタイ(タイ風焼きそば)。どこでも食える庶民の味。安いケド美味い。

P1030894.jpg
プアローイ・カイワーン(タピオカと卵のお菓子)。デザートなのに、ココナッツミルクがなんと塩味で甘くない。が、中のタピオカと一緒に食べると、この塩味が実にいい働きをするんですわ。

P1030900.jpg
ガラメー(もち米とココナッツミルクで作ったタイ風ういろう)。黒いのがめちゃウマ。

P1040066.jpg
サイサイ(ココナッツミルクで作ったババロア風お菓子)。中に入っている甘く煮詰めたココナッツがキャラメルの味をするのが超絶美味い。だが、それは特別な店でしか作っていない。どこの店かって?それは秘密・・・っていうか知らない。ジュンちゃんが買ってきてくれた。

P1040078.jpg
カットフルーツマンゴー。マンゴー自体は特筆するほどではないのだが、ビックリしたのが、付け合わせでついてきたタレというかソース。ソース単体で食べると、とてもマンゴーに合わなそうな酷い味なのだが、マンゴーにつけて食べたら、あら不思議、病みつきになるほど美味しく変身。この組み合わせを最初に考えたタイ人は天才だ。

2015.05.12 Tue l タイ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。