P1040825.jpg

20日も長居してしまったバンコクをようやく出発。
ジュンちゃんお世話になりました。
半年後にまたヨロシク。

ええ、来年の1月か2月に、またバンコクに戻ってくる予定なんです、ハイ。

いやぁ、再訪するインドでは、
ラダックを自転車で走りたいんだよなぁ、
なんて思いもあり、
相棒をどうしようか、最後の最後まで悩んだんですが・・・

マレーシアは行きたいのがペナン島だけだし、
バリ島では、ちょうど6月半ばから毎晩ガムラン演奏&舞踏が繰り広げられるという
バリ・アートフェスティバルが1か月間開催されるので、
フェスティバルを見るためにデンパサールにずっと滞在することになるし、
スリランカと南インドはひたすらカレー修行になるし、
残ったインド滞在期間は全てタブラー修行の続きに割り当てたいし、

なんて、今後の予定を熟考してみたら、
相棒を持って行ったとしても、走っている暇なんてないじゃん、
ってなことになりまして。

うん、そうなのだ。
今回の東南&南アジア周遊は、
オイラの旅の裏テーマの最重要地訪問なのだから、
<カレーと太鼓に集中>したほうがいい。

ということで、
相棒はバンコクに待機してもらって、
オイラだけの単身赴任旅が始まることに。

いやぁ、たまに相棒を置いてショートトリップをすることはあったけど、
こんなに長い間、離れ離れになるのはこの旅、初。

いつもとは全然違う少ない荷物で出発する段になって、
寂しさを実感・・・

P1040831.jpg
今回の全荷物。タブラーがなければもっと身軽

やっぱり相棒を持っていこうか、
なんてちょっぴり後ろ髪をひかれたりもしたんだけど、
駅に行って、電車に乗り込む時に、
相棒を置いてきて正解だったわ、と思いまして。
荷物が少ないとめっちゃ楽なんですわ。

P1040846.jpg

相棒を連れまわしてたら、
アジアでは、こんな気軽な気持ちでは電車に乗れないんだよねぇ・・・
インドの時、ホント大変だったもん(涙)

P1040851.jpg

さて、乗り込んだ電車は、
バンコクのフアラムボーンからマレーシアのバタワースに向かう寝台列車。

P1040864.jpg
寝る時には下の椅子もベッドに早変わりし、二段ベッド状態に

マレー半島を一気に南下する21時間の長旅。

P1040879.jpg
国境駅で出国入国手続き。10分で終わった。めっちゃ楽。

で、バタワースに到着してから、
フェリーに乗り換え、ペナン島へ。

P1040882.jpg

P1040885.jpg

タイで習ったパナムカレーの由来となったと噂されるペナン島。
食い倒れの島としても有名な場所で、
マレーシアではぜひとも訪れてみたかった場所。

P1040888.jpg

さて、ペナン島のフェリー乗り場から宿まで、
町の様子を探りながら、歩いていたら・・・

P1040899.jpg
マレー人、中華人、インド人などが混然と住む多民族国家マレーシア

P1040897.jpg
ペナン島は中華系が多いらしく、建物の看板は漢字が多い

P1040898.jpg
む、マレーシアにもセブンイレブンが・・・

荷物を持って宿探しするのが意外とシンドイことが判明。
バックパッカーの人たちって、結構大変な旅をしてるんだな。
こういう時はチャリ旅の方が楽。

あ~、そうそう、こういう時は、
いつもは相棒が運んでくれてましたから・・・

P1040890.jpg
疲れた・・・

なんだろう
置いてきた相棒のことばかりが頭をよぎる。

2015.05.28 Thu l マレーシア l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿