P1060317.jpg

シンガポールでバス停まで見送ってくれたホワンくんと別れ、

P1060210.jpg

一旦マレーシアへと戻って
クアラルンプールからAir Asiaで飛んできましたインドネシアのバリ島。

P1060234.jpg
往復チケットが安かったからクアラルンプール発にしたんだけど、これが結構面倒だった。シンガポールから直接飛んだ方がよかったなぁ・・・

さてさて、バリ島では、
デンパサールってところで
6月の中旬からアートフェスティバルが開かれ、
オイラがみたかったガムラン演奏やバリの舞踏が
これでもかっていうくらい見れるらしい。

で、そのアートフェスティバルってのが開催されるのは
1カ月もの長い間。
当然、それ目的なオイラとしては、長期滞在になるわけで。
しかも、そういう催しごと開催時には、
宿代が高くなるってのが世の中の常識。

旅資金が少なくなってきた今、
デカい出費は避けたいんだけどなぁ・・・と
思っていたところ、

これまた従妹の中に、
以前バリ島で働いていたトモちゃんがいまして。
その時の知り合いのワヤンさんを紹介してくれたんです。

バリ島に飛ぶ前に
ワヤンさんに連絡し、
長期で安く泊まれるところないですか?
って相談してたところ、
ホテルとかに泊まるよりは
1カ月部屋を借りたほうが安い、とのことで、
デンパサール郊外にあるワヤンさん宅の近くで
1カ月借りれる部屋を探しててくれまして。

P1060242.jpg
ザッツ・オセアニアな風貌のワヤンさん。人の感じがまた変わって、興味深い。

バリ島の空港に到着して、
車で迎えに来てくれていたワヤンさんに
連れられてやってきたその部屋。

なんと、ひと月500,000ルピア(日本円で5,000円)という
破格のお値段だった。

まぁ、そのお値段なので、
ベッドなし、キッチンなし、Wifiなしと、超シンプル。
見ようによっては、ちょっと不便ではある。

P1060251.jpg

「こんなところを紹介するなんて、ちょっと心苦しいんだけど、ホント大丈夫?」
と、ワヤンさん。

ええ、まぁ、普通の旅行者だったら、文句を言うかもね。

でも、ベッドもキッチンも、Wifiも、ないならないで、なんとかはなる。
というか、何もないからこそ、
日記書き作業とか太鼓練習とかやらねばならないことに集中しやすいから返って好都合。
オイラにとっては、快適物件ですわ。

とはいうものの、
部屋がシンプルなのはいいとしても、
周囲があまりに何もないところだと
正直、1カ月過ごすのは辛いかもって思っていたんですが・・・

一晩明けて、
周囲を歩いてみたら、
確かに、田園風景が広がるド田舎ではあるんだけど、

P1060287.jpg

P1060268.jpg

美味しい飯を出してくれる食堂はあるし、
めっちゃ遅いけれどもとりあえずWifiが使えるカフェもある。

P1060275.jpg
バリ島飯、めちゃ美味い。そして安い。これでなんと150円。

そして、なによりも、子供たちが元気で笑顔だ。

P1060259.jpg
朝起きたら、近所の子供に覗かれててビックリ(笑)

うん、これだけあれば充分。
さぁ、1カ月、バリを満喫するぞ~!

2015.06.08 Mon l インドネシア l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿