上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
一個前の<孫悟空の気持ち>のブログに書いたことと、
ほぼ内容が被るのだが、
大事なことなので、
忘れてしまわないよう、
形をちょっと変えてもう一度。

オイラには高校生の頃からずっと、
モヤモヤとしたものが付きまとっていた。

そのモヤモヤをなんとか消したいから
人一倍頑張ってきた。

努力が足りないから、
頑張ってないから
モヤモヤとしたものが晴れないんだって思ってたから。

でも、どんなに頑張ってもモヤモヤは消えなかった。

旅に出ても、そのモヤモヤはそのままだった。

実は、頑張る方向を間違えちゃってたので、
頑張れば頑張るほど余計に歪みが生じ、
モヤモヤがさらに発生する
という負のサイクルに入っていたのだ、

と気づかせてくれたのが、
バラナシでの3か月間のタブラー修行だった。

タブラー修行以降、頑張り方を変えた。

その効果を最近、強く実感しつつある。
今までみたいに力いっぱい頑張ってないというのに、
長年オイラに付きまとっていたモヤモヤが消えてきたのだ。

今までの頑張り人生は、ホント無駄に力が入りすぎてた。
バカな努力ばっかりしてた。

あ~、もっと早くに正しい頑張り方を知りたかったよ・・・

実は、オイラのような間違え方は
一見、ちゃんとしているように見えるから、たちが悪い。

いろんなものを犠牲にした努力によって
ギリギリなんとかこなしていただけなのだが、
それなりに器用にこなしているように見える。
傍目には間違っているように見えないから、
誰も指摘してくれない。

では、どうすればよかったのか?

それなりに器用にはこなせないものに挑戦すればよかったのだ。

オイラの場合、それがタブラー修行だった。
世界一難しい打楽器とされているタブラーは、
それまでの間違った頑張りでは太刀打ちできないものだった。

だからこそ、
今までのやり方を捨て、
ケシャヴ師匠の示すやり方にすがるしかなかった。

「俺はテクニックを教えているんじゃない。
間違ったやり方でやっていたら、それは間違っているよと教えているだけだ」

あの時、
こんなことを言ってくれる師匠に巡り会えたのが、
オイラにとっては幸運だった。

それが正しい導きとなり、
ようやくモヤモヤとおさらばできたのだ。

P1090725.jpg

小さな頃から
難しいダンスやガムラン演奏に取り組んでいて、
ちゃんと分かっている大人から厳しくも正しい道を教わっているバリの子供たち。
キミたちは、きっとオイラのようなモヤモヤを抱えることはないんだろうな。

2015.06.29 Mon l インドネシア l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。