GOPR4495.jpg

スタッフの皆さんがフレンドリーで、
めっちゃハッピーな毎日だった
Old Villageスパイスガーデンでの日々。

P1110491.jpg

スリランカカレーの作り方を教えてもらえて、
生状態のスパイスやハーブがこの目で見れて、
アーユルベーダについて学ばせてもらって、
占星術をやってもらい、
運転の荒いバスから振り落とされて怪我をして病院に運んでもらい、、
離婚して元奥さんのことはどうでもいいけど子供には会いたいという
マルズークさんの悩みを聞き・・・

P1120139.jpg

いやぁ、いろんなスリランカの側面を垣間見ることができまして。
お世話になりました。
ホント、面白かった。
あっという間の三泊四日だったよ。

P1120388.jpg

ちなみに、どんな側面が垣間見れたかというと・・・

マルズークさん宅に居候していた時は、
子供の声が聞きたくて元奥さんに電話をかけるも、
すぐに切られてしまうマルズークさんに同情していたのだが・・・
スパイスガーデンを離れ、
キャンディに滞在中のオイラに、
一日5回も6回も用もないのに電話してくるマルズークさんに、ちょいと辟易。
取り次いでくれる宿のおじさんも迷惑って言ってきた。
お世話になった人なんだけれども・・・
話している分にはめっちゃいい人なんだけれども・・・
電話をすぐに切ってしまう元奥さんの気持ちがわかってきたよ。

スリランカでは道を歩いていると、
トゥクトゥクの運転手たちが、
「乗らない」って言っているのに声をかけてくる。
何度も何度も、しつこいくらいに。
話せば、いい人達なんだけど、
ちょっと、人の気持ちや状況を考えないで、
自分の気持ちを押し付けてくる傾向がある人たちだなぁ・・・
なんて思ってみたりして。

いや、スリランカの人たち、ホントいい人達ばっかりなんすよ。
でも、そういった面もある。
そりゃ、人間ですからね。
いい面も苦手な面もあるのは当然。
で、この両面を知った上で、
それでも、愛せるのなら、本気ってこと。
第二の故郷のセネガル人も、メンドクサイ面が多多あるんだけど、
それをひっくるめて、オイラにとっては、愛すべき人たちになったからな。

ええ、オイラはそれでも大好きです、スリランカの人たちのこと。
本気です、ハイ。
第三の故郷は、ここ、スリランカかな。
うん、ここは住める。
つーか、住みたい。

なんて言っていたら、
スパイスガーデンのみんなが、
「ヨシはまだシングルだろ?スリランカの女の子、紹介するぞ。
結婚して住んじゃえばいいじゃないか。
都会の女はアレだけど、村の女の子はいいぞ。」
なんて言ってきてくれて。
う~ん、考えておきます。

2015.07.16 Thu l スリランカ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿