上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
P1130071.jpg

スリランカでカレーの作り方を習うにはどうしたらいいのか?
と、スリランカに入国する前、ネットで下調べしてた時、
よくひっかかったのが
ゴールにあるライトハウスという高級ホテルのレストランで
料理教室が開催されている、っていう情報。

なので、いざとなればライトハウスのレストランで
習おうと思っていたのだが、
実際にスリランカに来てみたら、
思っていたより簡単にいろんなところで習えてしまったため、
わざわざライトハウスのレストランで習う必要がなくなってしまった。

町の食堂とか宿で作り方を見せてもらえば、
料理代だけで習えるのに、
ライトハウスのレストランで習ったら、
受講料が10,000円くらいするっていうし。

それでも、
高級ホテルのレストランで食べる
スリランカカレーってどんなもんじゃ?
というのは気になることでして。

作り方を習う習わないはともかく、
高級レストランのスリランカカレーの味を確かめるべく、
ライトハウスに行って、
レストランでスリランカカレーを頼んでみたんですよ。

P1120868.jpg

で、どんな味だったかというと・・・

正直、オイラがこれまで食べてきた
美味いスリランカカレーたちと、
そんなに味は変わらなかった。

カシューナッツとグリーンピースのカレー
という組み合わせが斬新なものはあったけど、
それも含め、作り方はこれまで習ってきたものから想像できる範囲内。

雰囲気含めて楽しみたいのなら、
高級レストランでスリランカカレーを食べてもいいと思うけど、
単に味だけを追及したいのなら、
ムリに高級レストランに行く必要はない。

P1120876.jpg
普通のお店では出てこない凝ったカレー料理などがあるので、そういうのを食べに行くのであれば、高級レストランに行くのはアリだと思う。街角の食堂や民泊では出てこない豚肉のブラックスパイスカレーとかも食べてみたのだが、普通のスリランカカレーとは一味違った斬新さがあった。

マルズークさんが言ってたんだけど、
お店の料理より家庭の料理の方が美味しいとかいうのは、タダの噂。
お店の料理でも美味しいところは美味しいし、不味いところは不味い。
家庭料理は、外れは少ないケド、全部が美味しいワケじゃない。
高級レストランだろうと、町の食堂だろうと、家庭料理だろうと、
要は作る人の腕次第。

確かに、
マルズークさんの友人で
マータレーでフライドライス屋をやっている人の店で
食べさせてもらったお店のフライドライスは、超絶品でしたから。

ちなみに、
ブログには詳細に記述しなかったスリランカ料理教室・第六弾は、
そのフライドライス屋のおじさんに伝授してもらった
スリランカ風焼き飯と、特製サンボルでした、ハイ。

2015.07.26 Sun l スリランカ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。