P1160479.jpg

マンガロールから
カルナータカ州を一気に北上して抜け、
やってきました元ヒッピーの楽園と言われたゴア。

P1160499.jpg

今回は<インド>をガッツリ探求するってのがテーマ。
なので、インドっぽくないという噂のゴアは、さわりだけいいかなと思ってたのだが、
やはり来たら来たで面白い。

P1160590.jpg

それにしても、確かに、インドっぽくはない。
ココはなんだかブラジルのカホリがする。

P1160474.jpg

そんなゴアに、気付いたらもう3泊目。
楽園な雰囲気に流され、ついつい延泊。

P1160500.jpg

さて、ブラブラ歩きしているだけでも楽しいのだが、
ゴアに来た主目的は、もちろん飯。
ゴアはゴアで、ゴア料理という
これまでの南インド料理とは違った料理があると聞きまして。

ポルトガルの支配下だったゴアでは、
ポルトガル料理と混ざった独特のカレー調理法が開発されたらしい。
その中で有名なのがビンダルー。

ビネガーをきかせた
ビンダルーソースなるものを使って作ったカレーでゴアでしか食べれないカレー。
ということで、早速食べてみました、
豚肉のビンダルーカレー、ポーク・ビンダルー。

P1160404.jpg
ポーク・ビンダルー。他にも、チキン・ビンダルーとかフィッシュ・ビンダルーとかある。

食べた店が
超高級店だったってのもあったのだが、
これが、ほっぺたが落ちるほど美味かった。

このポーク・ビンダルー、
カレーっぽくもあるのだが、
なんだかポークシチューのようでもある。

面白い味だ。

う~む、ゴア料理あなどれじ。

P1160421.jpg
ゴア・フィッシュ・カレー。ココナッツがたっぷり効いてて美味い。

P1160549.jpg
プラウン・サクサク(Xac Xac)。Xactiマサラというゴア特有のマサラを使った海老カレー。ココナッツを焦がして使っているのが特徴で、マイルドな甘さが控えめになり、代わりに渋みやエグミがでてくる。海老とこの渋みが絶妙にマッチしていて、美味い。

P1160534.jpg
ビーフ・チリ・フライ。牛が神の乗り物として神聖視されているインドでは、ビーフ料理なんて見かけることはほぼ皆無。が、神聖視しているのはヒンドゥー教徒。クリスチャンが多い西海岸では、ビーフ料理が食べられているとのこと。が、やはり、ヒンドゥー教徒の目を気にしてか、おおっぴらにビーフ料理を出している店なんて見かけない。観光客メインで料理を出す、ここゴアの店で、ようやく辿り着いた。。味はいたって普通なのだが・・・インドで牛肉を食べるってのが、なんとなく背徳な感じがして、ムズムズする食べ心地。

P1160576.jpg
道沿いにあったスパイス屋でゴア特有のマサラについていろいろ教えてもらった。インドはホント、あらゆる場所が、オイラにとっての学校だ。

2015.08.24 Mon l インド l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿