P1180754.jpg

26日の昼間にジェイさんに北インド料理を習った後、
ウダイプルの町をブラブラしてたら、
またもや興味深い<Cooking Class>と書かれた看板を見つけまして。

この町は、ホント、料理を習うのが簡単だ・・・

さて、興味をひいた看板には<ラジャスタン料理>と書かれてたんですよ。
せっかくラジャスタンに居るんだから、
北インド料理ではなく、ラジャスタン料理も習っておきたいじゃないですか。
ということで、その日の夕刻にまた料理教室。
ラジャスタン料理を教えてくれるというグッディおばさんのお宅で、
<Daal Baati>という料理を習うことに。

ダル・バティ?
どこかで聞いたことがある料理名だと思った方は鋭い。
ネパールで食べていた定食がダル・バートっていうんですわ。
ダルとは豆料理を指し、バートはお米。
つまり、豆料理とご飯がメインの定食がダル・バートだったってワケで。
ではダル・バティの<バティ>とはなんなのか?
その謎は、料理教室が進むにつれ、明らかになっていきます、ハイ。

P1180505.jpg

グッディおばさんの料理教室は、
まず、マサラベースを作るところから始まった。
やはり北インドの料理はこれが基本のようだ。

P1180562.jpg

それにウラド豆とマスール豆(レンズ豆)を混合させた豆を煮立てて入れ、
ダル・カレーが出来上がる。

P1180509.jpg

で、それと並行して、バティ作りが始まった。
チャパティで使われるアタと呼ばれる全粒紛に
アニスとコリアンダーシードとクミンと塩を混ぜ、
ギーをかけて、練る。

P1180573.jpg

P1180598.jpg

それを饅頭大の大きさに丸め、火鉢のようなコンロで焼く。

P1180611.jpg

P1180631.jpg

P1180650.jpg

なるほど、味付けチャパティの饅頭焼きがバティなのか、
と思っていたら、
グッディおばさんは、
焼き上がったモノを手のひらでつぶして、ボロボロにしてしまった。

P1180666.jpg

なんと、塊そのままで出すのではなく、
ボロボロにして、破片を食べるのがバティらしい。

う~む、面白い。
そして、美味い。

P1180674.jpg

さて、この料理教室では、出来上がった食事にデザートがついてきた。
で、このデザートの作り方も教えてくれるという。
・キール
・グラブ・ジャムン
・チョルマ(ラドゥ)
・ハルワ
の4つのスイーツからチョイスできるのだが、
実は、この4つのスイーツ、どれも、オイラの大好物。
ハルワはもう教わったのでいいとして、
残りの3つは、全部教えてもらいたいということで、
おばさんにお願いして、次の日の昼間と2回に分けて
デザート料理教室も開いてもらったんですわ。

まず、26日の夜に教わったのがキール。
カルナータカ州で食べて以来、作り方がめっちゃ気になっていたデザートだったのだが、
習ってみたらこの作り方は簡単だった。
要はライスプディング。

P1180497.jpg

牛乳に米を入れ煮立てて、砂糖とナッツを入れて完成。

P1180539.jpg

カルナータカで食べたのはこれにカルダモンが入っていた。
オイラ的にはカルダモン入りの方が好き。

P1180639.jpg

で、翌27日の昼には
グラブ・ジャムンとラドゥの作り方を習うことに。

グラブ・ジャムンは
簡単に言えば、ドーナツのシロップ漬け。
グラブ・ジャムンの元が売っていて、
これは、ドーナツの元とほぼ同じ粉。

P1180679.jpg

P1180747.jpg

これをギーと合わせて捏ね混ぜ、

P1180752.jpg

小さなボールを作り、これをギーで揚げる。

P1180757.jpg

P1180785.jpg

揚がったものに、砂糖水を煮詰めてつくったシロップをかける。

P1180794.jpg

ただし、これだけだと、普通にドーナツ。
正しいグラブ・ジャムンにするには、
冷蔵庫で1週間ほどそのままシロップに漬け続けねばならないらしい。
そうすることで、独特の柔らか食感のグラブ・ジャムンになるってワケだ。

P1180815.jpg
作りたてのグラブ・ジャムン

P1180658.jpg
作ってから一週間経ったグラブ・ジャムン

さて、お次は、スリランカにもあったラドゥ。
お祝いの時によく作られるというおめでたいスイーツらしい。
これは、独特の味と食感なので、他に例えようがない。
作り方は・・・まず、アタとセモリナ粉を混ぜ、水を加えて捏ねる。

P1180732.jpg

P1180740.jpg

それを一旦変なカタチにして、ギーで揚げる。

P1180745.jpg

P1180796.jpg

揚げあがったものを擂棒で粉々にし、

P1180800.jpg

砂糖とナッツとギーを加え、再び丸め固めて作る。
思っていた以上に手間暇かかる行程に、ビックリ。

P1180806.jpg

P1180812.jpg

いやぁ、作り方を習いたいと思っていたスイーツ全てを習うことが出来ちゃうとは。
ウダイプルでの料理教室、めっちゃ実り多いです、ハイ。

2015.09.27 Sun l インド l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿