P1220282.jpg

そもそも、オイラが太鼓を始めたのは・・・
ギターを弾きたかったのに指が動かず断念したので、
代わりに、叩くだけでそれっぽく演奏できる楽器だったから。
まぁ、最初からそれなりに叩けちゃったワケなんですよ。
これが、いけなかった。
それなりに叩けちゃったから、その後、そのまま自己流を押し通してしまった。
基礎をちゃんと固めずに。
だからある段階から上手くなれないという壁にぶつかって、
ずっとモンモンとする羽目に。

太鼓が上手くなるには・・・
結局、ギターやピアノと同じように、
指や手首をちゃんと動かせるようにしなくちゃいけないのだ。
実は、楽器は何をやっても指や手首が重要。
これが、基礎なんですわ。
イスタンブールでナイル師匠がこんなことを言っていた
「前にピアニストがダラブッカを習いに来たんだけど、
彼女は、あっという間にダラブッカをマスターしちゃったよ。
指の動きの基本が出来ていたからね」と。

オイラが今まで太鼓をちゃんと叩けなかったのは、
テクニックを知らなかったからとかそういうことじゃない。
太鼓を叩ける体、太鼓を叩ける手ではなかったからだ。

ケシャヴ師匠に
「その固すぎる体をなんとかしろ。太鼓叩きの体じゃないぞ」
と言われ、
ヨガを取り入れた手首や指の柔軟運動をやるようになって、
ようやく太鼓を叩ける体になってきた。
以前より、格段にスムーズに太鼓が叩けるようになった。
こういうことが、大事だったのだ。

そういえば、日本でドラムを自己練習していた頃、
トップドラマーである村上ポンタさんの教則ビデオを見たことがあった。
そのビデオの冒頭で、ポンタさんが
「最初、スティックを握らせてもらえなかった。だから、まず、スティックなしでできることから始めたんだ。それは、ドラムを叩く体を作るということ。手の動きを筋肉とか意識して動かすことから始めて、ドラムを叩く体を作っていったんだ。これが大事」
みたいなことを言っていた(確か)。
今は、ホント、これが大事って思えるのだが、
当時のオイラは、その言葉の重要度が全然分かっていなかった。

また、高校の時、ブラスバンド部の太鼓隊の人たちが、
毎日ずっとスティックコントロールの練習ばかりをしているのを見て
「そんなことに貴重な青春の時間を使っちゃって」
なんて思っていたのだが、
実は、大事な青春の時間を無駄に使っていたのはオイラの方。
ああいういうことをやって体をコントロールする術を掴むことが、
高校生としては、大事なことだったのだ。
彼らはあれで、体を作ることの意味、基礎の大事さを彼らは実感していたのだろう。
今オイラが感じているようなことを、高校の時にすでに分かっていたに違いない。

ヒントはいろいろ転がっていたんだよなぁ・・・

でもね、こういうのは、ホント自分じゃ気づけないんですよ。
ケシャヴ師匠に強制的にひっぱってもらって、
高みに上ってきて太鼓の世界を見渡せるようになったから、
今になってようやく、気づけたのだ。

それにしても、高みから見える太鼓の世界は素晴らしい。
あ~、もっと早くこの世界を見たかったな。

と、オイラのように後悔しないように、
楽器をやろうと思っている人は、
手の動きを筋肉とか意識して動かすことから始めて、
まずは、楽器を弾く体を作るべし。

・・・なんて書いても、
オイラがポンタさんのアドバイスをスルーしたように、
このアドバイスも、スルーされてしまうんだろうな。
って、いや、こんな大事なことをスルーするのは、オイラだけか。

2015.11.09 Mon l インド l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿