上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
P1220803.jpg

今日からヴィパサナ瞑想開始。
朝4時、まだ暗い中、敷地内に鳴り響く鈴の音で起こされる。
4時半にホールに集合。
瞑想者は男性25人、女性20人。
インド人と外国人混合。
外国人の方がちょっと割合が多いかなって感じ。
日本人はオイラを入れて3人いた。
ただ、この10日間、瞑想者同士の会話は禁止されているので、
どこから来たのか、名前はなんていうのか全く分からない人達ばかり。

P1220811.jpg

さて、ホールでは決められた自分の位置に座って、瞑想開始。
瞑想方法を教える録音された声が流れる。
それによると、鼻の呼吸を観察し続けろとのこと。
座布団の上に胡坐を組んで座って、やることは、ただ、それだけ。

ちなみに、鼻の呼吸を観察するとは、
例えば鼻を通る空気の流れとかを知覚するってこと。
(ヴィパサナ的に正確に言うのならば、鼻付近にある知覚で生じる変化に気づけってことなのだが、それはそれでまた説明が必要となるので、ひとまず空気の流れを掴むことって、思ってくださいな)
鼻付近だけに意識を向け、ひたすら客観的にそこで起こっていることを感覚で観察する。
それをやり続けると、髭にあたる鼻息とか、吸う息の温度と吐く息の温度の違いとかまで感じれるようになるらしい。
それが、集中力が高まったってことのようだ。

なるほど、まずは鼻のセンセーションを見るということなのね。
実は、その辺の実践方法は、リシケシの日本食屋に置いてあった本で読んで勉強済。
その気づきにラベリングするんでしょ。
そして、体の観察中に思考や感情が湧き起こったら、
それにもラベリングして気持ちを抑えればいいんでしょ、と、
本を読んで勝手に解釈した自己流瞑想を始めた。
だって、言われたままだと、退屈なんだもん。
呼吸に集中するより、
自分の中に次から次へと浮かんでくるいろんな気持ちをラベリングして抑える方が面白い。

で、ビックリするくらい自分の中で気持ちが湧き起こっているのを実感した。
オイラ自身、よく考える人だとは自覚していたが、
それにしても、こんなにもいろんなことが頭に浮かび、しかも、それが脈絡もなく変化するとは。
なるほど、これが、心が濁っている状態なのか。
これを抑えることが心の浄化につながるのね、とこれまた勝手に解釈。

6時になり朝飯。
ポリッジにキチュリーにバナナ、という完全ベジ料理。
ここでの食事はあまり期待していなかったのだが、味は結構美味い。
特にキチュリーは絶品。
インド飯に慣れていれば、十分いける飯だ。

P1220814.jpg

食後は8時まで休み。
こういう休み時間があると聞いていたので、
その時間にタブラを練習しようと重いタブラを持ってきたのに・・・
音出しは禁止事項の一つ。
結局10日間タブラ練習は全然できず(涙)

8時からまたホールに集まり瞑想。
9時過ぎに終わり、5分くらいの休憩があった後、再び瞑想。
昼飯の11時までひたすら瞑想だ。
ただ、自分の頭の中に次々と浮かび上がってくる思考と戯れるのは楽しい。
一人妄想でいくらでも遊べる。
苦行って聞いてたケド、全然大したことないじゃないか。

生活パターンも、朝早い以外はタブラ修行の延長なので、違和感もない。
タブラを叩いているか瞑想しているかの違いだけだ。
師匠以外とは特に誰とも喋らず、それだけを1日中やっているという点では同じ。

さて、11時からの昼飯はカレー的なものだった。
ライスにジャガイモのサブジにチャパティ、そしてスイーツまでつく。
いやはや、飯のクオリティは90点。
この飯のクオリティがあったから、10日間耐えられた、と言っても過言ではない。
次第に過酷になっていった瞑想修行、
途中からは、飯の時間が唯一の救いとなったからだ。

飯の後の13時までの休憩時間は、昼寝。

P1220805.jpg

そして、13時からホールに集まり瞑想。
14時半過ぎまでやって、ちょっと休んだ後、15時半まで瞑想。
そこでまた一休みした後、17時まで瞑想。
オイラはひたすら妄想して、この時間を楽しむ。

17時からティータイム。
お茶だけかと思ったら、スナックとしてチウラという乾燥米が出てきた。
そのチウラを炒めてあるのだが・・・これまた結構美味い。

そして、18時からまた瞑想。

19時からは座学。
講話を聴くのだが・・・なんと日本語のテープがあるということで、日本語で聞けることに。
で、それを聞いたら・・・
オイラが、今日一日やっていたことは、まるで違っていたことが判明。
妄想や感情が浮かぶとは思うが、それに入り込んではダメ。
とにかく呼吸に集中することが大事だ、と。
頭に浮かぶことは、ほっとけ、と。
呼吸に集中すれば、それらは自然と浮かばなくなる、とのこと。
今はまだ瞑想うんぬんとう段階ではなく、
そういう集中力をつけるための時間なんだと。

やはり、自分勝手にやるのは止めよう。
それでろくなことにならないのは、打楽器修行で体験済じゃないか。
こういうのは、指導者の言う通りにやるのがベスト。
ということで、明日からは心を入れ替えて、言われる通り、呼吸に集中することにしよう。

講話の後、20時から1時間ほど、瞑想。
ここから、言われる通りに、ひたすら呼吸に集中。

で、21時過ぎに瞑想終了。
ひたすら瞑想して過ごした一日が終わった。
停電で電気がつかない部屋に戻る。
こんな時間に眠れるかいなと思っていたのだが、意外とすぐ寝付けた。
ただ座っているだけなのに、意外と疲れるようだ。

2015.12.04 Fri l インド l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。