上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
P1220806.jpg

4時起床。
今日もヴィパサナ瞑想の一日が始まる。
ただ鼻の呼吸を観察し続けるだけの一日が始まる。
しかし、まだ2日しか終わっていないのか。
あと8日もこんな日が続くってのが、なんか途方もない絶望感を誘う。

いや、このヴィパサナセンターでの生活、決して苦しいワケではない。
一人で居ることも、
誰とも喋らないことも、
一日中座っていることも、
オイラにとってはそんなに苦ではない。
食事も美味しいし、
生活で困るようなことは何も起きない。

が、何も起きないことがずっと続くってのが、絶望感へといざなうのだ。

人間の心は常に刺激を求めているんだと思う。
退屈を一番に嫌う。
オイラなんて典型的なその手の人間だ。
日本では、退屈な時間をなくすために、一日中仕事をし、ワーカホリックになり、
それでも余る時間は、ひたすら趣味で穴埋めしてきた。
マンガ、音楽、映画・・・
これらは、退屈な時間をつぶすために没頭してきたと言ってもいいだろう。
旅もそうだ。
旅をしてても、常に時間を埋めることばかりをやっていた。

旅中、外からの刺激で退屈を埋めていくことはなにかとお金がかかるので、
妄想というお金のかからない自己発電によって退屈時間を埋める術を身につけた。
これだと、なんの気兼ねもなしに、延々に時間がつぶせるようになる。
インドでしばしば発生する待ち時間も気にならなくなった。
妄想という力で楽しむことによって、8時間くらい列車が遅延しても、全然平気になった。

で、ヴィパサナにおいて問題なのが、この妄想だ。
瞑想の時間の間、妄想にふけることで瞑想時間をも苦にしないことは可能だ。
実際初日にオイラはそうやって過ごした。
が、一応心に湧き起こることを無理に抑圧することはない、とは言われるものの、
あまり妄想で頭をいっぱいにしてしまうのは、なんだか違うと思いまして。
それだと、今までのオイラと一緒じゃないかと。
わざわざヴィパサナ瞑想をやる意味がないじゃないかと。
で、1日目夜の講話を聞いてから、
ヴィパサナの実践指導に従って、ただ呼吸に集中することにしたのですが・・・

これが、退屈なんですわ。

呼吸って基本的に規則正しいじゃないですか。
しかも、平常心でありなさいと言われているので、なおさら呼吸は乱れず、変化がない。
それをずっとただ観察し続けろってのは・・・ただただ退屈なんですわ。
退屈嫌いのオイラの心が、とにかくこの状況に対して拒否反応を示してくる。

ただし、実は、ヴィパサナ瞑想自体は退屈なものではない。
体に続々と起こっている変化に気づくのがヴィパサナ瞑想の本質なので、
本来は、退屈などしないものなのだ。
鼻を通る空気は、毎回違うものであり、それに気づくことがヴィパサナ。
が、その世界に入り込むためのテクニックである気の集中というものを身につけないと、
その変化に気づくことができず、楽しむことに至れない。
だから、その<集中力>というテクニックを身につける最中である今、
猛烈な退屈心と格闘しなくちゃならない、って状況なのだ。
今はまだ、鼻を通る空気が毎回違うものだなんて、感じ取れないよ。

・・・って、妄想は抑えるといいながらも、
しっかり、こんな思考に逃げながら、
ただただ、時間が早く過ぎることを願うヴィパサナ2日目、3日目なのであった。

2015.12.06 Sun l インド l コメント (2) l top

コメント

私もたまーにヨガで瞑想のレッスンしますが1分もつらい。
すごいな、瞑想!
2015.12.19 Sat l チーズゆき. URL l 編集
チーズゆきさん、集中力を身につけると1分は楽勝、いや1時間でも楽勝になりますよ。僕はヴィパサナ瞑想合宿後も、朝1時間の瞑想を習慣化してやるようにしてますが、1時間、あっという間に過ぎちゃいます。
2015.12.19 Sat l チャリヨシ. URL l 編集

コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。