ヴィパサナ瞑想5日目。
昨日、集中力をコントロールできるようになり、俄然面白くなった。
一日中、体の中を集中力を動かし戯れる。
いや、戯れるんじゃない、体中に集中力を巡らせながら、
体内で発生しているセンセーションに気づき、それを観察する。
ひたすらこれをやり続けるのがヴィパサナ瞑想の実践法。

え?ただ観察するだけ?
それじゃ、今までの鼻の観察と同じじゃないの?
と思われるかもしれませんが、
いや、集中力を意識的にコントロールできるようになると、
同じ観察でも、見えてくるものが違ってくるんですよ。

ヴィパサナの実践法は、
例えて言うなら病院でCTスキャンをやるのを自分でやるのと同じようなこと。
体内を自分で見る?そんなことが可能なのか?なんて思うかもしれないが、
体の痛みやしびれを感じることは誰でもできるでしょ。
集中力をコントロールして体の各部を見ていくと、
そこで発生している痛みやしびれが、
まるで顕微鏡で拡大したかのように感じれるようになるんですわ。
こうして、より精度よく感じれるようになるので、
自分の体の詳細が自分で分かってくるようになるってワケ。

これが楽しい。

何も、瞑想だからって特別なことが感じ取れるようになるワケじゃない。
ヴィジョンが見れるとか、そういうことではないのだ。
ただ、顕微鏡でモノを拡大してみると、普段見えなかったモノが見えてきて、
ミクロの世界が小宇宙のように感じるように、
集中力をコントロールして自分の肉体で起こっていることを増幅して感じれるようにすると、
普段感じれなかったモノが感じれるようになるだけの話。

で、ミクロの世界が斬新なように、
集中力をコントロールして感じる増幅された体内のセンセーションが、
まるで新しいビジョンのように感じ取れるようになり、興味深いってことなのだ。

ただ、オイラの集中力はまだそこまで高めれないので、
微細な動きを自在に感じて楽しんでいるってワケじゃない。
1日中やり続けて、何回か、しかも一瞬肉体のセンセーションを感じれている気になるだけ。

さてさて、一方、肉体的なセンセーションではなく、
意識的なセンセーションはバンバン感じれるようになった。
意識的なセンセーションとは、心に発生する感情や、思考のことだ。

もともと、妄想は得意ですから。
集中力があがったら、妄想感度もさらに上がっちゃったんですわ。

ヴィパサナでは、
こういう妄想などの心に生じるものも、
観察すべきセンセーションの一つとして捉えている。
妄想が想起するってのも、
体に痒みが生じるのと同じレベルの
体内で起こるセンセーションの一つと捉えるのだ。

で、以前は妄想が発生したらひたすらその妄想にのめり込んでいったのだが、
集中力がコントロールできるようになったので、
その妄想に集中力全てがつぎ込まれるのを阻止し、
その発生した妄想を客観的に見ることが出来るようになった。

よくよく客観的に観察してみると、
妄想ってやつは
過去と未来のことばかりなのだ。
未来の希望を思い描きテンション上げたり
過去の執着を忘れられず、ノスタルジーに浸ったり。
妄想では、そんなことばかりしている。
今、がない。
つまり、妄想ばかりしているってのは、
今を生きていないってことなのだ。

だから、思考に溺れるとリアルを感じれなくなるのだ。
旅をしてリアルな世界に飛び出したかのように思えても、
やっていることが頭の中での思考ばかりだったり、
思考や妄想のるつぼであるインターネットを見てばかりでは、
リアルではないのだ。
今流れている風の爽やかさを肌で感じ、
川に飛び込んでそこに流れている水の流れを感じ、
ペダルを漕いで肉体の躍動を感じることでしか
リアルを実感することはできないのだ。

つまり、リアルを感じたいのであれば、
妄想は止めたほうがいいってこと。

では、どうやって妄想を止めたらいいのか。
この妄想ってやつは放っておくと、肥大に膨れ上がる。
が、この妄想のセンセーションにすぐに気づき、
膨れ上がる前に「これは妄想」とラベリングしてしまうことで、
その妄想は、不思議と消えるのだ。
これが、ヴィパサナテクニック。

ただ、これはある程度意識的に行わないと効かないので、
集中力をコントロールする技術がないと難しい。
だから、ヴィパサナでは、まず集中力をコントロールする術を体得せねばならないのだ。

で、こうして、
心で起こる妄想や感情や思考を消していくのが、心を綺麗にするということ。
心で発生し続けるこれらは意識して、ラベリングして消してやらないと、
肥大化しつづけ心が溢れてしまうのだ。
その結果、執着が発生し、行動が縛られたり、苦しみが生じたりする。
思考や妄想ばかりに時間を使うことになり、今を生きれなくて、リアリティが喪失していく。

思考や妄想は、事実ではない。
事実でないものに心がどんどん占められてしまう。
これが、<考える生物>となってしまった人間の抱える悲劇なのだ。

事実から発生する苦悩には直面しなければならないが、
事実でない思考や妄想が生むものに苦悩するのは馬鹿らしい。
別れた彼女のことをいつまでも思うのは、執着という名の妄想であって、事実ではない。
これに悩むのは、意味がないことなのだ。
思考や妄想を止めればいい。
思考や妄想を止めることで、事実でないものは消えていく。
いつまでも、思考や妄想を止めないから、執着はただ肥大化していくのだ。

そして、思考や妄想や湧き上がる感情を止めることに成功し、
心を綺麗にしきったら、事実=真実だけが浮かび上がってくるってことなのだ。

なるほど、心を綺麗にしなさいってのは、
こういうことで、そういう意味があったのか。

今まで、心を綺麗にしなさいってもの、
よく分からなかったんですよねぇ・・・
それが、ようやく分かってきた。

それにしても、妄想を妄想としてラベリングするだけで消えるだなんて・・・
コロンブスの卵っていうか、目から鱗の大発見。

が、ここでふと思った。

知っている人は知っているはずなのだが、
オイラは異様なメモ魔。
まぁ、毎日書き続けているホームページの日記を見れば
知らない人でも分かってくれるとは思うのだが。

で、メモ魔なオイラがやってきたことは、結局心の浄化だったんだと、気づいたんですわ。

ただ、これまでは、
このメモ行為は、忘れないようしていたんだと思っていた。
でも、そうじゃなかったんだ、と。
忘れないようにメモしていたワケじゃなく、
忘れるためにメモしていたんだ、と思って腑に落ちたんですよ。
メモとはラベリング。
メモをすることで、頭の中に占めていた妄想が一旦終わる。
そういえば、旅も、日記を書いてしまえば、スッキリして次に起こることを楽しめるのだが、
日記を書かないで貯めてしまうと、まだ書いていない過去の出来事ばかり頭を巡って、
今の状況を楽しむ余裕がなくなってきちゃったりしてた。

なるほど、妄想を消す大切さや心地よさには薄々気づいて
無意識ながら、実践はしていたんですよ。

ヴィパサナ瞑想は、異次元の特別な方法なワケじゃない。
普段何気なくやっている真実に近づくための方法を、
意識的にやれるようになる訓練をさせてくれるものなのだ。

2015.12.08 Tue l インド l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿