上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
P1250820.jpg

さぁ、戻ってきましたバンコク。
今回もまたバンコクで働いている従妹のじゅんちゃん宅に居候。

前回、バンコクを発ったのが昨年の5/27。
「あれからもう1年経っちゃったのね」
とじゅんちゃんに言われ、しみじみ。
月日はあっという間に流れてしまうよ、まったく。

で・・・バンコクに戻ってきたのが1年ぶりってことは、
相棒のファニーバニーと会うのも1年ぶりってワケなのだ。

湿気が多いタイの地に
ほぼ1年も置き去りにして大丈夫か、と、
離れていながらも、常に気にし続けてきた相棒。

愛する家族を置いてきて、
遠くの地にて単身赴任で働く男の心境でしたわ。
・・・って、まぁ、単身赴任なんてやったことないんだけども。

そんなこんなで、
戻ってきたバンコクでは
まずは、じゅんちゃん宅に長らく置かせてもらっていた相棒の無事確認から。
おそるおそる輪行バックを開けてみると・・・

やはり、6年間過酷な世界を共にしてきただけのことはある。
変わらぬ元気な姿を見せてくれて、一安心。

それにしても、
6年間毎日顔を合わせてきて、見慣れた姿なはずなのに、
1年も会わないと、なんだか新鮮ですな。
早く乗ってやりたいと、ウズウズしますわ。
途中で、何度かレンタルチャリに乗ったケド、
コレジャナイ感ばかり感じてたもん。
やっぱりオイラにしっくりくるのは、相棒のファニーバニーだよ。

あれですな。
離れてみると、愛おしさや大事さが改めて分かるってもんなんですな。
遠距離恋愛には苦い思い出しかないんだけども(笑)
うまくやれれば、愛情はさらに深まったりするもんなんですなぁ。

さてさて、
もはや、オイラがチャリダーだってことを忘れていると思いますが(笑)
かろうじて覚えていてくれているかもしれない
全世界のチャリヨシさんのチャリ旅ファンの皆さま、お待たせしました。
ようやく、チャリ旅を再開します。
いよいよ、日本に向けてのラストランです。

・・・といっても、バンコクで狂犬病の注射を打たねば、
ってな状況なので、出発は、もうちと先になりますケドね。

それにしても、
バンコクはもう夏。
昼間は超絶暑い。
しかも、東南アジアでは、走り始めるこれからの3月4月が、1年で一番暑い時期。

相棒が元気なので安心したケド・・・
バテてしまいそうなオイラ自身が心配だ。
一年間のブランクは、
チャリダー特有の無謀さと、なんとかなるさの楽天感をちょっと薄めちゃったかも。
なんだかちょっと不安なココロが芽生えてる。

ま、そんなネガティブ要素は、実際走り出しちゃえば、すぐに消えちゃうんだけどね。
だって、チャリ旅ってやつは、世界で一番のエンターテイメント。
相棒にまたがって走り出したら、起こることは楽しいことばかり。
そのことは、オイラ自身が一番よく知っている。

2016.02.18 Thu l タイ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。