P1300653.jpg

食は広州にあり
という言葉があるように、
飯が美味い中国の中でも、
とりわけ<食>が注目される街、広州。

そんな広州に来たのは、
もちろん、食いもの目的。

さて、広州のある広東省は飲茶の発祥の地。
ということで、
到着早々、本日は、朝から、飲茶の点心が美味しいという
広州でも有名な高級広東料理店である<広州酒家>へ。

P1300659.jpg

あまりに立派過ぎる店内に
少々ビビりながらオーダーしたのは、

金鼎鮮味蝦餃皇

P1300675.jpg
海老餃子です

除年果香牛肉焼卖

P1300695.jpg
包み皮がほぼない焼売。焼売は広東が本場らしい。

黒松露翔汤小笼包

P1300681.jpg
小籠包。発祥は実は上海(南翔という上海西北部の郊外の町)らしい。鼎泰豐が有名だから台湾がオリジナルかと思ってた。

翡翠雪菜肉片肠

P1300705.jpg
隣の人が食べてて、めっちゃ美味そうだったので、頼んでみた。

の4点。

で、この4点が・・・どれも、激ウマ。

蝦餃子はプリっぷりのデッカイ海老がまるごと入っているし、
焼売は焼売と言うより、もはやハンバーグ。
小籠包は肉汁タップリのハフハフものだし、
白いやつは、オイラの大好物なベトナムのバイン・クオンそっくりの味。

外れなしの、最高の4点でしたわ。

しかし・・・会計を見てビックリ。
飲茶のお茶を入れて合計97元。
日本円にして約1700円。

さすが、高級店。
容赦ない値段だ(涙)

ま、超絶美味しかったから、納得の値段ではあるのだが・・・
う~む、朝食で1700円の出費とは。
いつも朝食は、6元(50円)の麺や蒸し餃子ですませているというのに(涙)。

2016.04.11 Mon l 中国 l コメント (4) l top

コメント

お久しぶりです。中国食のたびですかーーーいいですね。写真の飲茶すごくおいしんだろうけど、金額高で量も少となると全体の満足度は???中途半端になっちゃいますね。やはり庶民は安くてそこそこ十分うまく、量もそこそこ多いのが満足度 ↑ ↑ ってとこでしょうね。俺は庶民でよかった!!
2016.04.12 Tue l ウガなか. URL l 編集
ウガなかさん、中国は飯が美味くてテンション上がります!食べ馴染んだ味なんで、ホッともするし、しかも安い。ホント、町食堂ならば、200円も出せば、美味しくてしかもお腹が十分満足できるものが食えますからね。そんな中国でもわざわざ高級店に行くのは・・・高級店ならではの味も知りたいからなんすよねぇ。やっぱり高いのは高いなりの味がするんで。ここの海老餃子はやっぱり50円じゃ食えない味っす。「なるほど、これがお金のとれる味か。ここまでの味を出せれば、お金がとれるのか」と知るのも、餃子修行の一環、将来への投資だと思うようにして、割り切ってお金を使うようにしてま~す。ま、50円餃子は50円餃子で、「50円でこんな味が出せるのか!」と驚かされますし・・・中国は、とにかく勉強になることばかりですわ。
2016.04.12 Tue l チャリヨシ. URL l 編集
よしさん中国満喫してますね♪うらやましいっ。 よしさん伝え忘れてましたけど、張家界って行きますか?奇岩だらけの場所なので、近くに行くことがあればぜひ。真偽がわかりませんが、アバターのモデルになった地でもあるらしいです!!
2016.04.14 Thu l ごーー. URL l 編集
ごーーくん、中国はやっぱりいいっすねぇ。さてさて、深セン通って香港にやってきて、只今、中国ビザ申請中。これから、さらにガッツリ中国を満喫しまっせ~。ビザが取れたら、広州に戻って、その後、南昌に行ってから成都に向かう予定なんすよ。なので、張家界は、ちょうど通り道。情報ありがと。行ってみるよ~。奇岩を堪能してきますわ。
2016.04.14 Thu l チャリヨシ. URL l 編集

コメントの投稿