上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
P1310478.jpg

さて、やっと香港を出発。
旅行代理店の皆さんに頂いた寄せ書きTシャツを着て準備完了。

P1310472.jpg

ちなみにTシャツの表に中国語で書かれている「壊人」とは
日本語訳で<悪人>という意味。
つまり「俺って悪い人でっせ~」とアピールするシャツなワケですよ。
日本語の意味が分からない外人が「おたく」と書かれている
Tシャツを平気な顔して着ているのと同じ感覚

・・・ではないのですよ。
そんなTシャツを贈られるわけないじゃないですか。
このTシャツ、
よくよく近寄ってみると「我不是」と書いてある。
「我不是壊人」
つまり<私は悪い人じゃありません>とアピールするシャツなんです、実は。

P1310493.jpg

このシャツをチョイスしてくれたのは、IACEトラベルの久原さん。
さすが、シャレがきいてます
・・・って、いや、遠目では絶対「我不是」は読めないから、
10人すれ違ったら9人は、
オイラのことを「悪い人だって、ぷぷぷ」って思うと思います、久原さん(笑)。

さて、そんなTシャツを着て、気合十分。
いざ出発しようとしたら・・・

雨が降り始めた。
しかも土砂降り。

P1310496.jpg

う~む。
まぁ、雨季の香港&広東はもう慣れました。
土砂降りの雨も1時間くらい待てば、止む。

ということで、雨が小降りになったところで出発。

GOPR5625.jpg
寄せ書きTシャツは濡らしたくないので、結局、脱いで走り始めた

案の定、しばらく走ってたら、雨は止み、太陽まで出てきた。

P1310512.jpg

が、その後、再び空が真っ暗になり、また土砂降り。

P1310535.jpg

あ~、このコロコロ天気、慣れてきた、と書きましたが・・・
今日に限って、こんなに気分屋天気なのは、ちと困る。

実は、今日は中国の深圳で人と待ち合わせをしているのだ。
しかも、その人は、明日、日本に戻っちゃうというので、
なんとしても、今日中に香港を脱出し、深圳にいかねばならない。
雨宿りなんてしている時間が、もどかしくてしょうがない。

そして、そんな時に限って、雨だけでなく、
最近にしては珍しいパンクが起こったりして、
なかなか前へ進めなかったりする(涙)

旅の女神は意地悪だ。

P1310531.jpg

さて、香港に入って九龍に向かった時は、
入国時にバスに乗らねばならなかったり、
トンネルにチャリで入れずタクシーに乗らねばならなかったりと、
悩まされまくったので、
今回は、ルートを考え、
トンネルがなく、なるべく高速道路ではない道を選んで走り、
出国イミグレも、入国時とは違う場所を選んだのだが・・・
今回あてにしていたイミグレも、自転車進入禁止のマークが書かれていて、チャリでは入れず。

P1310538.jpg

結局、入国時と同じく、香港の上水からバスに乗り、
中国の文錦渡口岸へ抜けるパターンで、出国するハメに。

P1310542.jpg

ふ~・・・

P1310548.jpg

香港入国時のデータと、このパスポートのデータが違っている、ということで揉め、
バスに置いていかれてしまったりしたのだが、
なんとか、まぁ、無事、中国再入国できた。
が、さてさて、この時点ですでに18時過ぎ。
もう日暮れが迫っている。

とりあえず、今日会う約束をしている人が泊まっている宿情報を
iPhoneのマップにインプットしたら、
なんと、現在地から25kmの表示が。

「・・・」

東京駅に到着してチェックしたら、
実は、宿は横浜駅か千葉駅近くだった、ってのとほぼ同じ距離。
深圳は広い。広すぎる。
すごく急いで2時間はかかるじゃん。
しかも直線距離で25kmだから、実質30km以上はあるはず。
3時間はかかるかも・・・
そしたら、到着は21時じゃん。

暗くなって走るのは、事故につながりやすいから
めったなことでは日没後には走らないことにしているオイラ。
「今回は間に合いませんでした・・・すいません」
と連絡入れてしまおうかとも思ったのだが・・・

いや、でも・・・
がんばれない事情で会えないのならしょうがないが、
今回は、がんばれば会えるのだ。

そういう時は、がんばったほうがいい。
と考え直し、夜の深圳の街を走り始めた。

P1310549.jpg

大都会深圳は、こうこうと街灯が点いているため、
まぁ夜でもそれなりに走りやすい。
が、やはり昼間のようなスピードは出せず、
結局、4時間かかってしまい、宿に到着したのは、22時近く。

宿の入り口で荷物を取り外そうとしていたら・・・
「お~、ヨシさん!!!」
と声をかけてきた一人の日本人男性。
リキヤくんだ。

P1310552.jpg

2010年、ブラジルのサルバドールにて、
苦楽を共にした<なお宿>での合宿生活を経てカーニバルに参加し、
この旅での最大級の思い出を共にした<ナタカトシア2010>のメンバーであるリキヤくん。

2010-0215_4.jpg
6年前の<ナタカトシア2010>のメンバー集合写真。懐かしい~

そんな彼と、6年ぶりに再会。
いやぁ、懐かしい!
あの楽しかった日々が走馬灯のように思い出されるよ。
それにしても、6年経ったとは思えない親近感。
さすが、ナタカメンバーだ。

さてさて、世界旅はすでに終え、日本での新しい生活を送っているリキヤくんだが、
旅で学んだという中国語はペラペラだし、
今回中国へ来たのは、新商売のための布の買い付けとのこと。

早速一緒に夕飯を食べにでかけた飯屋では、
何の違和感もなく店員さんと中国語でやり取りが出来てて
羨ましいっていうか、プチ尊敬。

旅で得た出会いや知識、そして経験を存分に生かしているその生き方は、
旅を終えた後、どうやって生きていくべしか、
そろそろなんとなく考え始めていたオイラには、
めっちゃ刺激になりまして。

もうすぐオイラも日本に戻るから、
ここで会えずとも、
すぐに日本で会えたんだけど・・・
やっぱり中国で会えてよかった。

いやぁ、今日一日、夜までチャリを漕ぎ続け、なんとか宿に辿り着いた甲斐があったよ~

2016.04.22 Fri l 中国 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。