上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
P1310567.jpg

只今泊まっている深圳の宿の近くで美味しい餃子屋を見つけてしまった。
<爽滑餃子王>の店だ。
また餃子王なんて名乗っているから、
どんだけのもんじゃいと思って入ったら、
これまた激ウマだった。
王と名の付く餃子の店は美味いの法則発動か?

さて、この店の餃子も
おそらく皮は、小麦粉ではなく浮粉で作ったもの。
このつるっと滑らかな食感は、なかなか小麦粉ではだせない。
(この食感を、小麦粉で実現していたのが北方餃子源なのだ)

P1310667.jpg

このように、広東省の餃子は、
浮粉で作られた半透明の餃子が主流。
広州の広州酒家で食べた点心の蝦餃子も、そうだった。
(同じような浮粉餃子が出てきて、
前回の広西チワン族自治区の餃子報告の時に絶賛した
<光斗老餃子>も、本店はこっちの方らしい)

ちなみに、浮粉の餃子、
揚げ餃子にしても、スープ餃子にしても美味い。

P1310671.jpg
揚げ餃子。皮がパリパリ。ちなみに、揚げ餃子はどこでも食えるが、焼き餃子はホント、見当たらない。たまに鍋貼(グオティエ)という名で見かけるが、かなり遭遇確率は低い。

スープ餃子はまるでワンタン麺を食べている感じ。

P1310699.jpg
広東省のスープ餃子の餃子は、北方系のような完全包みではない。なので、肉汁が盛れまくり。だから、なにげにスープが美味い。

そういえば、広東省では、
ワンタンもよく食べられている。

P1300488.jpg

ワンタンにはちゃんと具が挟まれており、
ほぼ水餃子と変わらない。
が、一応、雲呑(ユンドン)という別の名前でメニューに載っている。

P1300489.jpg

で、そうそう、
雲呑が食べれる店では、腸粉というのも食べれることが多い。

P1310640.jpg

腸粉というのは、ベトナムでハマったバイン・クオンと同じ。
米粉を蒸して食べる激ウマ料理だ。
米粉のクレープと呼ばれているそうなのだが、
オイラの中では、これはクレープではなく、餃子扱い。
なので、ここで紹介しておきましょう。

中国では、
四角いトレイみたいなのに、
水に溶かした米粉を流し、それを専用の蒸し機に入れる。

P1310694.jpg

数分後に取り出し、ヘラですくって皿に盛りつけるだけ。
トレイに米粉を流しいれる時に、
具を一緒に混ぜておくのがポイントだ。

P1310684.jpg
卵と青菜入りの腸粉

ちなみに、中国での腸粉のタレは、醤油ベース。
オイラ的には、ベトナムのニョクマムのタレが大好きだったので、
最初は醤油ベースの腸粉に違和感を感じまくりだったのだが・・・
すぐに慣れた。
今ではその醤油ベースのタレも含めて大好物。

ちなみに、腸粉を食べる時は、一緒に小籠包を頼むといい。
小籠包を腸粉の残りダレに絡めて食べると、激ウマだからだ。
(腸粉と小籠包を合わせて頼んでも、7元(約120円)。ウマ安すぎて涙がでる)

P1310647.jpg
挽肉包みという意味で、包子や小籠包も、もちろん調査対象デス。

あ、そうそう、小籠包の本場は上海とのことなのですが、
広東省でも小籠包が食べれます。
が、広東省では小籠包を頼むと、包子が出てくる確率が非常に高い。

P1310643.jpg

日本人が想像している
プルプルで中がめっちゃジューシーな奴は、ほぼ出てきません。
名前が一緒なので、紛らわしいのだが、
おそらく、広東省では包子のことを小籠包と呼んでいると思われます、ハイ。

さてさて、広東省では、水餃子も食べれるのだが、
水餃子を出す店は、ほとんど、北方系。
東北や山東の人たちが、こっちで開いている店ばかり。
なので、広東省でも食べれるけど・・・
水餃子は広東省の餃子ってワケではないのだ。

P1310741.jpg
ちなみに、焼売はこっち発祥らしい。皮を食べるのが餃子、具を食べるのが焼売。少々違いはあれども、どちらも、オイラの研究対象だ。

P1310721.jpg
あ、そうそう、広東省は点心の中心地なので、町の餃子屋を探しまくらなくても・・・

P1310739.jpg
飲茶をしにいけば、いくらでも美味しい餃子や焼売に出会えます。

広東省の餃子は、浮粉を使った半透明の餃子がメイン。
そのバリエーションとして、雲呑や腸粉や焼売がある、って感じ。

浮粉の餃子も、腸粉も大好き。
餃子は北が本場って聞いていたから、
正直、南は期待していなかったのだが・・・
いやいや、なにげに、かなり美味いし、興味深いぞ、広東の餃子文化。

2016.04.25 Mon l 中国 l コメント (2) l top

コメント

すっごいおいしそうですね!!!俺もウマ安すぎて涙を流したいです。。。。が、中国に行くチャンスがなかなかないんだなあ。
ちなみに日本着は何月頃ですか?俺9月におそらく1週間くらい日本行きます。ではまた。
2016.04.25 Mon l ウガなか. URL l 編集
ウガなかさん、中国は、ホント、ウマ安すぎて涙を流すスポットだらけです。香港から戻ってきたので、特にそれを感じます。ぜひチャンスを作って、訪問してくださいな~。で、9月なら日本に戻っている予定ですよ!おそらくもう実家の横浜に辿り着いている頃ではないか、と。ぜひ会いたいです~!
2016.04.25 Mon l チャリヨシ. URL l 編集

コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。