上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
P1370333.jpg

やっぱり、うめぇ!!!
一週間ぶりの中国の水餃子に感動。

・・・って、あれ?
なんでまた、中国の水餃子を食べてるんですか?
韓国に入ったんじゃなかったんですか?

あ、そうか、仁川には中華街があるから、
そこで、美味い餃子屋を見つけたんすね!

という声が聞こえてきそうですが・・・

違うんです。

中国で、中国の水餃子を食べてるんです。
大連で、東北餃子を食べまくっているんです、ハイ。

P1370263.jpg
大連で泊まっている宿のオネエサンおススメの水餃子屋。海鮮餃子が驚きの味。

え?どういうこと?

実は、中国の華北エリアの餃子を食べまくった後、
東北エリアに行く予定だったんですが、
青島に到着したところで、ビザが切れてしまいまして。

中国国内で、もう一回延長手続きをするという手もあったのですが、
地図を見たら、韓国が目の前。
メンドクサイ延長手続きをするよりも、
一旦、韓国に抜けて、
ノービザで中国に入り直した方が楽ジャナイカ。

ということで、
韓国の仁川は、経由地として訪れただけ。
すぐに、再び中国に戻ってきたんですわ。

P1370295.jpg

ただ・・・

ホントのこと言うと、一回韓国に入っちゃった後、
もう一度中国に戻るのはめんどくさくなっちゃったんですよ。

どうせ、中国へ戻っても、興味があるのは、餃子だけ。
で、東北エリアも水餃子がメインらしい。
水餃子は、山西&山東で食べつくしたから、もういいじゃんと。

なので、中国には戻らず、韓国南下を開始するか、
なんて思ったりもしたのですが・・・

仁川で、キムチマンドゥを食べて、
それじゃいかんと思い直しまして。

キムチマンドゥのように、
こうだろうと思っていても、
実際に食べたら全然違って驚かされる味は、まだまだあるはず。
食べてもいないのに
たぶんこんな感じだろうと思い込んで、スルーするなんてことは、
餃子研究家としてありえない、と猛反省。

人から聞いた話で分かったような気になるなんて、愚の骨頂。
そう、やっぱり自分の口で味わないと。
そのための旅じゃないか。

ということで、
仁川からまたフェリーに乗って、東北エリアの大連へやってきた、
というワケなんですわ。

P1370246.jpg

P1370226.jpg

P1370247.jpg

P1370302.jpg
漢字の世界へ戻ってきた。

ちなみに、只今、
相棒チャリとタブラたちは、韓国の仁川の宿の物置部屋でお留守番。

P1370157.jpg

青島―仁川のフェリーで、チャリ持ち込みがめっちゃ面倒だったので、
今回は、バック2つとジャンベだけという軽装備。
どうせ、ノービザで2週間しかいられないんで、ね。

P1370170.jpg

さぁて、ということで、いよいよ中国旅終盤戦。
残り2週間、ひたすら東北餃子を巡る旅編が始まります。

P1370269.jpg
やっぱり、戻ってきて大正解。中国で餃子屋に入るとテンション上がるぜ~。餃子目的だけで、十分楽しめる。

2016.06.26 Sun l 中国 l コメント (2) l top

コメント

3記事まとめて読みました。いやーほんと面白いです。チャリヨシさんの旅行記。食べたくて食べたくてしょうがないです。笑
2016.06.27 Mon l ウガなか. URL l 編集
ウガなかさん、そうなんですよ、この3つの記事は続けて読んでもらうと、より面白く感じてもらえるのではないか、と思いながら書いてみたんですよ。分かってもらえて、めっちゃ嬉しいです!。そして、ふふふ、ここ最近の記事は、完全に餃子洗脳記事。日本に戻って餃子旋風を巻き起こすための、下準備です(笑)
2016.06.27 Mon l チャリヨシ. URL l 編集

コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。