上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
01-P1370530.jpg

日本の新幹線インフラ輸出の競合として、
日本のニュースでなにかと話題に上る中国の高速鉄道。

アメリカやベネズエラで工事が頓挫していることや、
インドネシアでは、新幹線を差し置いて受注したものの、
なかなか工事が進まない状況があり、
「中国の高速鉄道は安かろう悪かろうだからだ」
という論調で、伝えられる中国の高速鉄道外交政策。

さて、東北エリアでは、
大連と瀋陽に行きたいと思っていたオイラ。
今回はチャリ旅じゃないので、
大連から瀋陽へは、電車で行くことにしまして。
で、せっかくだから、噂の中国の高速鉄道に乗ってみることにしたんですわ。

P1370521.jpg

大連から瀋陽までは距離にして390km。
東京―名古屋間よりちょい長い距離を、2時間で運んでくれるという。
ほぼほぼ、新幹線<のぞみ>並だ。
で、値段は、2等の指定席で181.5元。日本円で3000円くらい。
新幹線の値段と比べたら、めちゃめちゃ安い。
確かに、安かろう、ではある。

P1370489.jpg

では悪かろうなのか、というと・・・
これがそうでもなかったのだ。
車内は綺麗。
席は3列+2列の5列シートで狭くはない。

P1370533.jpg

座席は少々固いものの、リクライニングがあるし、座り心地は悪くない。
そして、走り出したら・・・ほとんど揺れないし、めっちゃ静かなのだ。
座席前方の案内板に、時々300km/h越えの表示がされる。
しかし、300km/hを越えているとは思えないほど、安定感がある。

P1370534.jpg

中国の高速鉄道、結構いいんじゃないすか。

視察団のおじさんたちも、これに乗ったら、
オイラのように「いいんじゃないか」って思ったはず。
なるほど、とりあえず受注はできるワケだ。

しかし・・・海外では、結局完成にこぎ着けないのは、
その後のやり方が微妙なんだろう。
中国流海外事業展開、アフリカでいろいろ文句を聞かされてきたんだけど、
きっと、それと同じ問題を抱えているのだろうなぁ。

2016.06.30 Thu l 中国 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。