P1380442.jpg

今日も宿のキッチンでキムチマンドゥを作っていたら、
宿のオーナーのジーナさんが
「マンドゥ好きなら、絶対マポマンドゥに行ってカルビマンドゥを食べなきゃ、ダメよ」
と、ソウルの一押し餃子屋を教えてくれまして。

ということでやってきた<マポマンドゥ>。

P1380452.jpg
合井駅近くにあるマポマンドゥ麻浦本店

何気に、場所は宿から5分ほどのところにあった。
めっちゃ近いじゃないか。
なんで今まで見つけられなかったんだろ?

さて、店に入って、
ジーナさんおススメのカルビマンドゥを頼む。

出てきたのは、そっけない包み方の蒸し餃子だった。

P1380441.jpg
ちなみに、この店の醤油瓶に入っているのは、店オリジナルの味付けされた、甘じょっぱい特製タレ。このタレがまた、美味い

見た目だけでは、正直、美味しそうに見えない。
が、中国東北エリアの水餃子屋、喜家徳の激ウマ水餃子がそうであったように、
味に自信がある餃子屋の餃子のカタチは、素朴で無骨なものなのかもしれない。

なんて思いながら一口食べてみると、
期待の味を遥かに上回る美味さが口に広がった。

ふおお、確かに、美味い!!
皮も肉も柔らかくて、ほわほわ食感。
しかも・・・これ、名前そのままじゃないか!
カルビ焼肉が餃子の中に入っているよ!?

ん?カルビ焼肉が餃子に?
焼肉の味を、火を直接あてない蒸し餃子で実現しているとは、これいかに?

後でネットで調べてみて判明したのだが、
ここのカルビマンドゥの肉は、
一旦炭火で焼いた後、挽肉にして餡にしているようだ。
(真偽不明)

P1380446.jpg
この店のマンドゥメニューは、カルビマンドゥ、コギマンドゥ(肉マンドゥ)、キムチマンドゥ、ケソンマンドゥ(北朝鮮の開城(ケソン)式のマンドゥ/オイラがキムチマンドゥで作っていた丸い形はケソンマンドゥ流のカタチだったらしい)、そして、それらの盛り合わせの5種類のみ。やはり味に自信がある店のメニューは少数精鋭だなぁ・・・

そうか、餡は焼いたものを使ってもアリなのか!

美味しさもさることながら、
餡は生肉を使うもの、という概念をひっくり返してくれる
見事な味だった。

マポマンドゥのカルビマンドゥ、
これは、ソウルに来たら絶対食べたほうがいい一品。
おそらくソウル一美味い餃子はこれです、ハイ。


それにしても、韓国マンドゥは思っていた以上に深いぞ。
こういうのは、訪れたからこそ見えてくるんだよなぁ・・・

旅してよかったなぁ、って思う瞬間ってやつは、
そんなことを思えた時だったりするんです、ハイ。

2016.07.16 Sat l 韓国 l コメント (6) l top

コメント

おひさしぶりです。あっというまに韓国編の記事がたくさん載っていましたね。まとめ読みしました。韓国の餃子も様々なスタイルでおいしそうです。

韓国のあとは日本帰国?Facebookメッセージ送りましたが、私は7月にすでに一時帰国してしまい。次は来年になりそうですので、またいつかタイミングの会うときにお会いしましょう!!!
2016.07.19 Tue l ウガなか. URL l 編集
ウガなかさん、韓国スタイルの餃子、予想外の美味しさでした。めっちゃハマってますよ~。さて、Facebookの方のメッセージも読みました。一時帰国が早まっちゃってたんですねぇ・・・今回は会えずに残念ですが、まぁウガなかさんなら、またいつでも会える気がします。その時を楽しみにしてま~す。
2016.07.21 Thu l チャリヨシ. URL l 編集
しもそです。
ご無沙汰~!
ずいぶん近くまで来てるんだね。
一時帰国もしするのなら、連絡ちょーだい!

「具は生じゃなくても…」ってところで、春巻き的な餃子かなと思いました。
違うか。(^^)
でも、春巻きの具は一度火を通すよね!

元気に旅してくださいませ!!
2016.07.23 Sat l しもそ. URL l 編集
しもそ、久しぶり~。
うん、日本はもうすぐそこだよ。
来月には日本(たぶん)。
で、一時帰国じゃなくて、もうすぐするのは、本帰国だから(笑)

まぁ、でも、この旅は終えることになっても
日本にずっと居るとは限らないからなぁ・・・
ひょっとして、そこまで読んでの一時帰国発言?(笑)

生春巻きは、確かに具に火を通しておくよね。
でも、カルビマンドゥは、あんな感じじゃないんだよねぇ。
ちゃんと蒸し餃子なのよ。
日本に戻って、いろいろ試してみて、
味が再現出来たら、振る舞うんで、お楽しみに~。
2016.07.23 Sat l チャリヨシ. URL l 編集
そこまで深読みはしてないけど、もはや日本人ではなくて世界人だねぇと思うよ!
日本も通過点でしかないというか、どこにいてもそこが居場所になってるというか、常に流れる川は同じように見えて同じではないというか。
何書いてるのかわからなくなったので、寝ます。
会える日を楽しみにしているよ!!
2016.07.27 Wed l しもそ. URL l 編集
ああ、確かに、同じ肉体をカタチどっているけど、中身はダイブ変わったかもね。
旅なんてやっても人間、変わったりすることはないよ、
なんて、最初は思ってたんだけど、
8年も旅したら、やっぱりだいぶ変わるもんだね。
特にインド後は、自分でも自分の中に別人を見ることがたまにあるんだよねぇ。
なんて、僕もなんだか怪しいことを書き出してしまったので(笑)
そろそろ寝ます。
ぜひ秋には会いましょ~
2016.07.27 Wed l チャリヨシ. URL l 編集

コメントの投稿