上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
P1390407.jpg

大邱を出発して走り始めた。
目指すは韓国旅のゴール、
そして世界旅外国走りのゴールでもある釜山だ。

大邱から釜山までは、
がんばって走れば2日で到着できないこともないのだが・・・
最後だし焦ることはない。
超ノンビリペースで走っているため、
3日経ったが、まだ到着せず。

P1390319.jpg

P1390322.jpg

P1390361.jpg

P1390368.jpg

P1390378.jpg

P1390416.jpg

韓国の中央部は基本的にド田舎。
自然の中に作られた自転車道をメインに走っているから
余計にそう感じる部分もあるが、
自転車道を逸れても、畑がずっと広がっているだけ。

P1390285.jpg

P1390287.jpg

P1390294.jpg

P1390295.jpg

P1390300.jpg

P1390303.jpg

P1390304.jpg

P1390308.jpg

P1390309.jpg

P1390311.jpg

P1390333.jpg

P1390381.jpg

ココを走っていると、余計な欲望に囚われないですむ。
なにもないから、だ。
と言っても、
あまりに何もなさ過ぎてアップアップだった中央アジアのような大変さはない。
ココには余計なものは、なにもないのだが、
走りに必要なものは全てあるのだ。
休憩場所とか水補給とか食べ物とか宿とかトイレとか、
いつも心配していることを全然心配しなくていい。

P1390355.jpg

おかげで、途中で太鼓を叩いたり、カレーを作ったりするココロの余裕ができた。
チャリのリアに積みっぱなしだったジャンベを取り出して、
セミの鳴き声に合わせて叩いてみる。

P1390409.jpg

めっちゃ楽しいぞ。

で、今更ながら、ふと思い出した。
ああ、そうだ、こういう旅がしたかったんだっけか。

P1390392.jpg

チャリで走りながら、
音楽を奏でたり、
自炊料理をしたり、
絵を描いたり・・・

P1390388.jpg

そんな旅をしようと思っていたはずだったのに、
いざチャリ旅を始めたら、
チャリで走る以外のことをする余裕なんて全くなかった、ってのが現実だった。

すれ違う車に気を使わねばならなかったり、
宿は見つかるだろうか?と心配したり、
チャリから聞こえる異音に悩まされたり、
日暮れまでに次の町に辿り着けるよう、走り続けねばならなかったり、
何を食べようか、と、常に考えなきゃいけなくて。

P1390353_20160731004020420.jpg

余計な何もないが必要なものは全部ある、韓国自動車道。
この道のおかげで、
やっと、思い描いた旅ができるようになってきたよ、
と思ったのに、もう最後。

ゴールの釜山まであと20km。
<街>が見えてきてしまった。
また余計なものばかりがある<街>に戻ってきてしまった。

P1390424.jpg

P1390411.jpg

2016.07.30 Sat l 韓国 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。