01-P1390731.jpg

釜山到着を祝いにわざわざ駆けつけてくれた!?
・・・って、いや、わざわざではなく(笑)
ちょうどいいタイミングで、韓国の済州島を走っていたチャリダー伊藤くん。
そんな伊藤くんが、オイラの泊まっている宿にやってきてくれまして。
(というか、釜山で泊まっている宿は、伊藤くんが勧めてくれたからココにしたのだ)

02-P1390747.jpg

トルコのイスタンブール、そしてカザフスタンのアルマティ以来、
2年ぶり3度目の再会だ。

世界旅は一旦終え、
旅はもう卒業するのかと思いきや、
<Bike Friday>という折りたたみチャリを購入し、
再び走り始めた、伊藤くん。

08-P1390755.jpg

「これ、スーツケースに完全収納できるので、
飛行機やバスとかに乗せる時、楽なんですよ」

09-P1390760.jpg

と、今や、華麗にスーツケースチャリダーへと変身。

ということで、
小径車での旅における気苦労や楽しさを共有できるようになった伊藤くんとは、
前回以上に分かりあえるようになっていて、
まず、釜山駅裏にある無国籍タウン草梁洞のウズベク料理屋で、
お互いに思い入れの深い中央アジア飯を食べながら、乾杯した後、

P1390728.jpg
韓国でサマルカンド!?店員であるウズベキスタン人のお兄ちゃんの実家がサマルカンドのレギスタン広場の裏にあるから、この名がついたっぽい。ちなみに余談だが、ウズベキスタンのサマルカンドはオイラがパソコンを買い替えた町であり、伊藤くんと同じく<バイクフライデー>に乗るNGさんと出会った町でもある。

05-P1390734.jpg
マンティ、ラグマン、ポロフ、シャクリキ。懐かしい料理だ。味も、あの時食べていた味。二人とも一気に、ウズベキスタンへ気持ちがワープ。ああ、いろいろ味わっていたことが、旅の財産になっているのを実感する。現地料理の味が、簡単にあの時の気持ちに連れて行ってくれるのだ。

06-P1390738.jpg
伊藤くんの中央アジアへの想いはオイラ以上に強い。文化の交わり、そして、交わった文化のルーツといった話が好きな伊藤くんは、文明の交差点であるシルクロードの中継地、中央アジアは興味の宝庫らしいのだ。

宿のキッチンで作った中国流水餃子(初披露)をつまみながら、

07-P1390717.jpg
オイラの中での中国餃子ナンバーワン、香港の<北方餃子源>の水餃子を、カタチはともかく、味jは、ほぼほぼ再現できた!・・・かも。

海鮮で有名なチャガルチ市場で生タコを踊り食いしながら、

10-P1390774.jpg

03-P1390782.jpg

04-P1390785.jpg
韓国映画<オールドボーイ>で見た、タコを生きたまま食べるシーン。「韓国ではこんな食べ方をするの!?」と衝撃だったあのシーンを自分でも体感したくて。しかし、あまりにもグロそうで、自分一人では挑戦しづらかったので、伊藤くんを道ずれに(笑)

そして、炭火で焼く激ウマ韓国焼肉テジカルビを食べながら、
ひたすら旅トーク。

12-P1390792.jpg

ホント、話が止まらなかった。
話せば話すほど、話したいことが思い出され、話が延々と続く。
まぁ、基本的に話のエンジンはおしゃべり好きな伊藤くんなのだが(笑)。
とにかく、伊藤くんと過ごした二日間は、
休む間もなく、一日中話に花が咲きまくり。

楽しかったなぁ。
それにしても、海外ロードを走り終えた時よりも、
伊藤くんの出発を見送った時の方が、
寂寥の感が大きいのは・・・なぜなんだ(笑)

13-P1390800.jpg

2016.08.04 Thu l 韓国 l コメント (4) l top

コメント

あともうすこしになってしまいましたね。もし、広島を通過されるようなら、是非お出迎えに行きたいです。日時と時間を教えてくださいませ。
2016.08.05 Fri l たっちゃん. URL l 編集
スーツケースに自転車が入るんですか!!それは目からウロコです。知りませんでした。いろんな商品があるものですね。
2016.08.06 Sat l ウガなか. URL l 編集
たっちゃんさん、広島、通りますよ~!ブログを通して知り合った人に会うのは、なんだかドキドキしますが(笑)ぜひぜひ。このブログでも、ほぼリアルタイムに日本走りの様子を伝えていくことになると思うので、現在位置は確認できると思いますが、ダイレクトに連絡をとった方がすれ違いの可能性が減ると思いますんで、連絡先をmessage@on-the-pla.netまで送ってください~。
2016.08.06 Sat l チャリヨシ. URL l 編集
ウガなかさん、そうなんですよ。しかも、そのスーツケースは、タイヤをつけることができ、リアキャリアに変身。チャリの後部で引きずりながらカーゴバイクとして走れるっていう、機能性抜群の優れモノなんです。チャリ旅の形態、いろいろ新しいスタイルが生まれ、どんどん進化してますよ~。
2016.08.06 Sat l チャリヨシ. URL l 編集

コメントの投稿