P1410207.jpg

広島の呉まで走った後、本州を離れることになった。
どこへ向かうかって?
四国です。

実は、呉からは瀬戸内海の島々を橋渡ししている道がありまして。
その道を走っていくと、愛媛の今治まで
チャリで行けちゃうのですよ。

P1410095.jpg

この道は、
その名も<とびしま海道>そして<しまなみ海道>という。

呉から岡村島というところまで走っているのが<とびしま海道>。
広島の尾道から愛媛の今治まで走っているのが<しまなみ海道>。

P1410120.jpg

呉から岡村島までとびしま海道を走った後、
岡村島からフェリーで大三島というところへ行くと、
そこからしまなみ海道に合流できて、
そのまま今治まで行くことができるのだ。

本日、見事な快晴。
テンションあげあげで、
青空の中、とびしま海道を走り始めた。

GOPR6219.jpg

橋を走って海を感じ、
坂を登って山を感じ、
そしてそこに暮らす人々の生活を垣間見る。

P1410085.jpg

P1410083.jpg

P1410122.jpg

P1410134.jpg

P1410139.jpg

P1410140.jpg

P1410143.jpg

P1410148.jpg

P1410154.jpg

P1410165.jpg

P1410183.jpg

P1410185.jpg

P1410188.jpg

P1410214.jpg

P1410235.jpg

P1410239.jpg

P1410247.jpg

P1410258.jpg

P1410261.jpg

P1410278.jpg

P1410321.jpg

P1410327.jpg

P1410335.jpg
走っている途中で、大学生サイクリストあがりおくんに声をかけられた。徳島から走ってきているという。彼も速い。あっという間に置いていかれた。

P1410338.jpg

P1410340.jpg

GOPR6245.jpg

P1410357.jpg

P1410360.jpg

ここには<島国日本>がギュッと詰まっていた。

なんて素晴らしい道なんだろう!

風景もさることながら、
特筆すべきは、この道の走りやすさ。
正直、日本の道は、自転車では、めっちゃ走りづらいのが現状。
九州から広島まで、イライラしながら走ってきたのだが・・・
とびしま&しまなみ海道は、そのイライラ感が全くない。
あるのは、ただ、爽快感のみ。

さてさて、
そんな爽快さが噂を呼び、
今や、日本における自転車走りの聖地とも言われるようになった、
この海道だが・・・

オイラが日本を出発した8年前にはこんなのなかった。

実は地方活性策の一環として、
自転車を使ってこの地を盛り上げようというムーブメントが起こったのは
つい最近とのこと。
そんなしまなみムーブメントを牽引してきた宇都宮さんは、
世界一周チャリダーの大先輩。
1997年から2007年まで
10年かけて、しかも、奥さんとタンデムチャリで世界を周ったツワモノなのだ。

海道を走り終え、四国上陸。
到着した今治は、
日が暮れてすっかり真っ暗になってしまっていたが、
宇都宮さんに会うべく、
宇都宮さんが運営する宿<シクロの家>へ。

と、シクロの家に入ってビックリ。
しまなみ海道を走っている途中で出会った
大学生サイクリストあがりおくんがココに。
道の途中で別れたあがりおくんと、まさかの再会。

そんなあがりおくんとともに、宇都宮さんに
<しまなみ海道>をここまでにした苦労話をいろいろ伺いまして。

P1410362.jpg

「日本の道に世界に誇れるサイクリングロードを」という夢物語を実現したのは、
強い想いとタイミングと志を共にする仲間だ、
という宇都宮さんの言葉に胸熱。

宇都宮さんやあがりおくん、
そして、宿に泊まっている若者たちと話していたら、
時間があっという間に過ぎてしまい、
気付いたら22時をまわっていた。

実は、本日、シクロの家は満室でして。
予約していないオイラは泊まれないのですよ。
まぁ、それはネットで確認していたから
最初から分かっていたこと。
宇都宮さんに会いたかったから、遊びにきただけなのだ。

P1410365.jpg
泊まりもしない、ただの訪問客だったのに、皆さんにお見送りしてもらっちゃって・・・恐縮です

さてと、じゃぁ、これから宿さがししますんで、
と、立ち去ろうとしたら、
宇都宮さんからこんな言葉が。

「いいところがある。今治港の駐車場。
あそこは、テントはって寝ても大丈夫だから」

さすが、元チャリダー。
適切なアドバイス(笑)、ありがとうございます。

P1410379.jpg
日本に戻っての初野宿は今治港にて。こういうところにテントを張っても、意外と誰も咎めてこないもんなんだな。

2016.08.18 Thu l 日本 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿