FC2ブログ
GOPR5583.jpg

シーズン中の中央アジアはチャリダー率がめっちゃ高い。
そんなチャリダーが集まるこの宿。
今日も、朝起きたら、中庭に、
ちっちゃな自転車をいじっている一人のチャリダーがいた。

ん・・・ちっちゃな自転車?

そう、折りたたみチャリだった。

オイラの相棒とは違った型の小径車、
20インチタイヤの折りたたみチャリ、
<アメリカ製のバイクフライデー>。

細見夫婦のブログに南米で出会ったとか書かれてたのを読んだりしていて、
そのチャリに乗って旅をしている日本人チャリダーがいるという噂は以前から聞いていた。

で、中庭でちっちゃな自転車をいじっていた人は、
その噂の日本人折りたたみチャリダー、NGさんだったのだ。

IMG_1926.jpg

偶然にも、こんなところで遭遇。

NGさんは、冬の間半年日本で働いて、
その稼いだお金で夏の間世界を走るという旅スタイル。
そんなスタイルをずっと前から続けている。
で、この夏はまだ走っていない中央アジアを激走。
オイラと逆ルート、東から走ってきたところを
ちょうど、ココで鉢合ったってワケなのだ。

いやぁ、なんかね、
他のチャリダーと出会うのとは、
テンションの上がりかたが違った。

折りたたみチャリならではの苦労を
実感として共有しているからさ。
話をしてても、通じることばかり。
そりゃ、盛り上がるわけでして。

さらに、NGさんとはなんと、同い年だったし。

IMG_2026_20140918184436a68.jpg

ちなみに、NGさんのチャリは、
スーツケースを貨物車のように後ろにつけて
ひっぱっていくスタイルなのだが・・・
輪行する際、なんと、チャリをたたむと、
チャリがこのスーツケースに入っちゃうとのこと。
おかげで、飛行機で預け荷物をしても、
チャリを壊される心配を全くしなくてすむんだと。

走る時にはアディショナルな荷物入れ、
輪行時には自転車入れとなる
スーツケース付。

これ、バイクフライデーの仕様。
うむむ、よく考えられているなぁ、さすがアメリカ製。
相棒チャリへ余分な負担をかけないようにできている。

それに比べて、オイラは・・・
相棒に負担かけすぎてるんだよねぇ。

そんな負担のせいで、またもやトラブル。

なんと、
最近また増えつつある後ろ荷物の重さに耐え兼ね
折りたたみ機構部の留め具であるネジが折れてしまいまして(涙)

IMG_2091.jpg

このネジ折れがどれだけ深刻なものなのかは、
BD-1ユーザーにしかわからないでしょうけど、
これ、かなり涙モノのトラブル(涙)

とりあえず、ブルガリアで責自さんに会ったときにもらった
荷物止めロープで応急処置しましたケド・・・

ああ、中央アジアでは、どれだけトラブルが続出するんだよぉ(涙)

2014.09.15 Mon l ウズベキスタン l コメント (2) l top
きむらゆうじ
お、NGさんとお会いになったんですね!
やっぱり会える運命ですね笑
最近、つくづく思うんですよ。チャリダー同士の遭遇率って本当に高いなって。


チャリヨシ
ゆうじくん、ええ、NGさんと会いましたよ~。
今回のは、ホント偶然だったんで、まさに会える運命だったのではないかと。
まぁ、でも、お互い旅長いっすからね。
いつかどこかで会ってもおかしくなかったってことで、ようやく、ハイ。
で、そうそう、チャリダー同士の遭遇率が高いのは、
きっと、旅が長いからなんすよ、きっと。



GOPR5641.jpg

地図上では、サマルカンドからタジキスタンの最寄りの国境まで30km。
チャリでも3時間あれば行ける距離だ。
なので、オイラがゲットしたタジキスタンのビザが始まるの15日にサマルカンドを出発し、その日のうちにタジキスタンへ突入するつもりだったのだが・・・

宿で出会った他のチャリダーや
すでにタジキスタンを走ってきたというNGさんからの情報で、
その国境は閉まっていて、
そこからタジキスタンへは入れないということが判明。

なんてこったい。

タジキスタンに入るには、
もっと南の方にあるデナウっていう町近くの国境へいかねばならないとのことなのだ
サマルカンドからデナウまでは山を回避するためグルッと遠回りしていかねばならず、道のりにして300km以上ある。

・・・3日もかかるじゃん。

もう気分的に、タジキスタンって気分になっていたオイラ。
あと3日もウズベキスタンを走る気分にはなれなかった。

しかもさらに困ったことに、
しばらくパソコンいじりのために
宿にこもっていたため、
すっかり腰が重くなり、
走りどころか、宿をでる気すら失せてしまっている。
この先どうしようか、考えるのにかこつけて、
2~3日延泊でもするかなどと考えていたら・・・

ちょうど、その宿にやってきたマレーシア人チャリダー、ホワンくんから、今日の夜行の電車でワープしてその南の国境へ向かうという話を聞きまして。

おお、そうか、電車って手があったのか。

それに、このタイミングでホワンくんが現れたってのは、
やっぱり、ノンビリなんてしている暇はないわよ、先を急ぎなさい、
という旅の女神の差し金かも・・・

こういうのは流れに乗ったほうがいい。

ということで、
急遽予定変更。
ホワンくんと共に、ウズベキスタンを列車旅することに。

夜、NGさんに見送られ、
ホワンくんとサマルカンドの鉄道駅へと向かう。

IMG_2028.jpg

で、夜中の2:40発の列車に乗り込んだオイラたち。

IMG_2052.jpg

どうせ座り座席だろうから眠れないんだろうなぁと思っていたのだが・・・
なんと、この列車、寝台車だった。

GOPR5618.jpg

大人一人がゆったり横になれるスペースはあるし、
ふかふかのマットや枕、さらにシーツまで用意してある。
おかげで、意外とちゃんと眠ることができ、
昼の14時に到着した駅の町でダウンすることなく
そのまま国境へと走り始めたオイラたち。

IMG_2084.jpg

今度こそ、国境はもう目の前。
さぁ、次はタジキスタンだ。

IMG_2233.jpg

2014.09.16 Tue l ウズベキスタン l コメント (0) l top
GOPR5834.jpg

国境近くの町まで列車ワープしてきたオイラたち。
さぁ、いよいよタジキスタン・・・
と思っていたのに、
いろいろあってその日のうちに国境は越えられず。

が、結果的にこの日は急いで国境を越えなくてよかった。

なぜなら、ウズベキスタンの優しさを再確認する
素晴らしい出会いが、まだまだ待っていたからだ。

旅とは人との出会い。

出会いを放ってまで先を急がなきゃいけない理由なんて
あるワケがない。

さてさて、ウズベキスタン最終章の出会いは、
まず、列車を降りてすぐ、
腹ごしらえにと、寄った食堂から始まった。

IMG_2092.jpg

オイラたちの自転車に興味シンシンの小学生二人が案内してくれた食堂。

IMG_2095.jpg

ここでラグメンを食べていたら、
ビールを持ってきたおじさんが割り込んできて
「これは俺のおごりだ、乾杯!」
とビールを奢ってくれた。
オイラたちは走るから、アルコールは飲まないって言っているのに
おかまいなし。
(もちろん、嬉しいのは嬉しいのだ)
大人はこんな感じで、ズカズカくるのだが・・・

IMG_2101.jpg

意外と子供たちの方が、紳士的。
オイラたちが食べ終わったタイミングを見計らって、
控えめな様子で「サインをちょうだい」とノートを持ち出してきた少年たち。

IMG_2107.jpg

ふふふ、かわいいやつらだ。

ということで、喜んでサインをしてあげた。

IMG_2114.jpg

しかし、サインを欲しがるなんて・・・
こういう子にとっては
オイラたちおじさん(ちなみにホワンくんも40才オーバー)も
ヒーローに見えたりするのかいな?

IMG_2117.jpg

そして、そんな彼らと別れ、走り出したのだが、
GPSを盗られた&GPSの電池がなくなって使えないコンビのオイラたち。
二人して道に迷ってしまいまして。

IMG_2126.jpg

日が暮れてきてしまったので、
どこかテントが張れる場所がないかと、
探し回ったところ・・・

道端に立っていた一人のおじさんが、
「この先にある建物ならたぶん泊まれるぞ」
と教えてくれた。

その建物に行ってみたところ、どうやら学校らしい。
で、夕刻のこの時間だというのに、まだ人がいっぱいいた。
しかも、女の人ばかり。
ストレンジャーな自転車乗りのオイラたち二人を
怪しみながらも、興味シンシンに近づいてきた皆さんに、
「すいません、今日ココにテントを張ってもいいですか?」
とお願いしたのだが、
皆さんウズベキ語、ロシア語しか話せないので、
話が通じない。

と、困っていたら、
一人だけ英語が喋れる女の子が登場。

GOPR5685.jpg

ムカダスちゃんという可愛い彼女のおかげで、
なんとか話が通り、
責任者らしき男性が現れ、
「敷地内はNGだけど、門の外の空き地ならいいぞ」
と許可していただくことができた。

IMG_2129.jpg

ということで、
建物の手前にテントを張らせてもらったオイラたち。

IMG_2161.jpg

しかし、まぁ、物珍しいオイラたちを
好奇心旺盛な子供たちが放っておいてくれるはずがなく、
テントを張り終わったオイラたちは、
あっという間に子供たちに囲まれた。
そして、ムカダスちゃんを通訳にして、質問攻め。

IMG_2139.jpg

疲れているから早く休みたいのだが・・・
と、本音としては思うのだが、
ご厚意をいただいた人たちに
邪険な態度をするのは申し訳ないので、
半分困った顔をしながらも、
聞かれた質問には丁寧に答えるオイラたち。

さて、暗くなって子供たちが去ってくれたので、
一息ついてお茶を沸かしていたら・・・

再びムカダスちゃんを先頭に、子供たちがやってきた。

ふおお、まだ質問は続くのかい。
さすがに勘弁してくれぇ・・・
と思ったら、
パンやチャイやプロフなど、
夕食セットをオイラたちに持ってきてくれたのだった。

IMG_2147.jpg

いやはやありがたい。

そして、なんとデザートのスイカまで。

IMG_2155.jpg

おかげで、空腹に腹を鳴らしながら寝る状況は
避けることができたよ。

さて、次の日、
なんだか視線を感じて朝起きたら・・・
建物の窓から多くの女の子たちに見られてた。

IMG_2163.jpg

そんな建物から出てきた女の子たちは・・・
白衣を着ていた。
どうやらココはメディカル学校で、
彼女たちはその学校付属の寮に住んで生活をしているようだ。

IMG_2183.jpg

朝やってきた先生たちにお礼の挨拶をして
出発。

IMG_2188.jpg

今度こそ国境へ・・・
と走り出した道の途中でも、
カメラを向けたら踊りだすおばちゃんや、

IMG_2207_20140919195354aa1.jpg

笑顔が可愛い少年たちなど、

IMG_2218.jpg

最後まで、ウズベキスタンは優しい表情を見せ続けてくれたのだった。

あ~、列車になんか乗らずに
やっぱり最後までチャリで走ればよかったよ、ウズベキスタンは。
もっともっと、この優しい表情を見たかったなぁ。

2014.09.17 Wed l ウズベキスタン l コメント (0) l top